マニー・ラミレス ニュース&Wiki etc.

マニー・ラミレス(Manuel Arístides "Manny" Ramírez , 1972年5月30日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手(外野手、指名打者)。現在は台湾の中華職業棒球大聯盟・義大ライノズに所属している。 (出典:Wikipedia)

「マニー・ラミレス」Q&A

  • Q&A

    【ダルビッシュはどのステロイド筋肉増強剤を使っていますか? 】. 私はステロイドボ…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年10月5日 06:59

  • Q&A

    オースティンはライトへばかりホームランを打っている印象があります。 ところで、逆方向…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月28日 10:38

  • Q&A

    中学生のときの野球部顧問によると長髪の人は野球をやる資格がないらしいのですが、マニー…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年8月20日 11:03

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マニー・ラミレス」のつながり調べ

  • オーブリー・ハフ

    オーブリー・ハフから見たマニー・ラミレス

    は4月18日に通算100本塁打を達成し、フレッド・マグリフの球団最多記録を更新。しかし、6月末の時点で打率.252、5本塁打、38打点と不振に陥ってしまった。7月に入ると第4週には週間MVPに選ばれるなど、月間で打率.320、8本塁打、25打点と復調。だが、8月以降は打率.244と再び不振に陥ってしまい、、ルー・ピネラ監督(当時)が「ウチの打線はオーブリー次第。彼が乗ってこないとチームも勢いが出ない」と語ったように、チームも2年ぶりの最下位に終わってしまう。また、トレード期限間際には、当時レッドソックスの主砲だったマニー・ラミレスが絡んだ三角トレードでレッドソックスへ移籍するという噂も浮上するなど、低調なシーズンとなった。(オーブリー・ハフ フレッシュアイペディアより)

  • トム・マストニー

    トム・マストニーから見たマニー・ラミレス

    のボストン・レッドソックスとのリーグ優勝決定戦では第2戦の10回裏に登板。同点という場面でデビッド・オルティーズ、マニー・ラミレス、マイク・ローウェルの中軸を3者凡退に打ち取り、11回表にインディアンスが勝ち越したことにより、マストニーにポストシーズン初勝利が記録された。(トム・マストニー フレッシュアイペディアより)

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード