前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • ブランドン・モス

    ブランドン・モスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は3Aでプレーしていたが、忌引休暇でチームを離れたエリック・ヒンスキーに代わって8月6日にメジャー初昇格。同日のエンゼルス戦で、4回裏からマニー・ラミレスに代わってレフトの守備に入りメジャーデビュー。8月10日にヒンスキーの復帰により3Aに降格するが、ロースターが40人に拡大された9月1日に再びメジャー昇格。レッドソックスの外野陣はマニー・ラミレス、J.D.ドリュー、ココ・クリスプ、ジャコビー・エルズベリーらがいたため層が厚く、出場のチャンスに恵まれない中で15試合に出場し打率.280を記録した。同年オフのウィンターリーグでは、一塁手に挑戦している。ブランドン・モス フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・インディアンス

    クリーブランド・インディアンスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。2000年以降、緊縮財政のため上記の主力選手が流失してしまい、厳しい戦いを強いられた。しかし、その主力選手と引き換えに得たグレイディ・サイズモア、トラビス・ハフナーといった有望新人を育て、2004年に地区3位、2005年に地区2位、2007年には地区1位と着実に力をつけている。クリーブランド・インディアンス フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・デイモン

    ジョニー・デイモンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1月31日にタンパベイ・レイズと525万ドルの1年契約を結び、2月3日にはレッドソックス時代の同僚であり、同じくレイズと1年契約を結んだマニー・ラミレスと共に入団会見を行った。4月にマニー・ラミレスが引退したために、5番指名打者での起用が主になった。史上2人目の200本塁打、100三塁打、400盗塁を達成。シーズン終了後、FAになった。ジョニー・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・オルティーズ

    デビッド・オルティーズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    移籍1年目の2003年から5番・指名打者に定着すると打率.288・31本塁打・101打点の成績を残し、同年のMVP投票で5位につけた。翌2004年には主に4番を打ち、139打点(リーグ2位)・打率3割1厘・41本塁打(リーグ2位)の活躍を見せた。3部門以外でも47二塁打・75四球・出塁率.380・長打率.603・150試合出場と抜群の強打を発揮している。5月には2年総額1,250万ドルで契約延長した。マニー・ラミレスと「打率.300・40本塁打・100打点」コンビを形成したが、これは1931年のベーブ・ルースとルー・ゲーリッグのコンビ(ヤンキース)以来だった。デビッド・オルティーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日米野球

    日米野球から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    訪日メンバー:サミー・ソーサ、マニー・ラミレス、カート・シリング、ジェイソン・ジアンビ 他日米野球 フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ハンセン

    クレイグ・ハンセンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は2年ぶりにメジャー昇格を果たし、中継ぎ投手の一人として活躍していたがトレード期限となった7月31日にマニー・ラミレス、ジェイソン・ベイを軸としたロサンゼルス・ドジャース、ピッツバーグ・パイレーツそしてレッドソックスの3球団による三角トレードが成立し、ブランドン・モスと共にパイレーツへ移籍した。クレイグ・ハンセン フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・ペイトン

    ジェイ・ペイトンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は初のア・リーグ在籍となったが、左翼手は主砲マニー・ラミレス、中堅手はメジャー屈指のリードオフマンであるジョニー・デイモン、右翼手は生え抜きのトロット・ニクソンと固定されていたため、外野の控えとしてのプレーを余儀なくされた。あまりに出番が少ないために自ら移籍志願し、7月にチャド・ブラッドフォードとのトレードでオークランド・アスレチックスに移籍。アスレチックス移籍後、すぐに2試合連続本塁打を放ち、正左翼手に定着。シーズン終盤に失速したものの、移籍後は打率こそ.269であったが、69試合で13本塁打・42打点をマーク(レッドソックスでは、55試合で打率.263、5本塁打、21打点)。ジェイ・ペイトン フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・ライト

    チェイス・ライトから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2007年4月17日メジャーデビューし、5回3失点で初先発にして勝利投手となった。しかし、2度目の先発の4月22日のボストン・レッドソックス戦では、マニー・ラミレス、J.D.ドリュー、マイク・ローウェル、ジェイソン・バリテックに4打者連続で本塁打を許した。なお、4打者連続で本塁打を被弾した投手としては、メジャーリーグの歴史上2人目(1人目は、1963年ロサンゼルス・エンゼルスに在籍していたポール・ホイタック)。チェイス・ライト フレッシュアイペディアより)

  • マイク・スウィーニー

    マイク・スウィーニーから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は自己最高となる打率.340(リーグ2位)を記録。シーズン終了間際まで首位打者を争っていたが、最後の4試合で16打数2安打に終わり、マニー・ラミレス(.349)にタイトルを奪われた。マイク・スウィーニー フレッシュアイペディアより)

  • エディ・マレー

    エディ・マレーから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    通算犠飛128はメジャー記録。メジャーデビューした1977年から20年連続で75打点以上を記録しており、これはメジャー唯一の記録である。通算504本塁打は、スイッチヒッターとしてはミッキー・マントル(536本塁打)に次ぐ歴代2位の記録だが、通算安打、通算打点はいずれもマントルを上回っており、しばしば史上最高のスイッチヒッターとも言われる。満塁本塁打(グランドスラム)を通算19本打っており、ルー・ゲーリッグ、マニー・ラミレスに次ぐ歴代3位の記録である。エディ・マレー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード