54件中 11 - 20件表示
  • 2008年のメジャーリーグベースボール

    2008年のメジャーリーグベースボールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    5月31日 - レッドソックスのマニー・ラミレスがオリオールズ戦で通算500本塁打を達成。2008年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ハロルド・ベインズ

    ハロルド・ベインズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    指名打者としての出場試合1,652はメジャーリーグ記録である。メジャー歴代50位(終了時点)の通算384本塁打を打っているが、シーズン30本塁打を打ったことのない選手の中では歴代2位である。通算1,628打点はメジャー歴代26位だが、22シーズンずっとア・リーグのチーム所属だったため、ア・リーグ歴代に限定すると第11位である(順位はいずれも2006年終了時点)。ただし、7月末時点ですでにフランク・トーマスに抜かれており、順調なら1 - 2年内にマニー・ラミレス、アレックス・ロドリゲスも追い抜く。ハロルド・ベインズ フレッシュアイペディアより)

  • シャーロット・ナイツ

    シャーロット・ナイツから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    クリーブランド・インディアンス傘下時代の1993年にはチャーリー・マニエルが監督を務め、のちにメジャーで活躍するジム・トーミやマニー・ラミレスを擁してリーグ優勝を果たした。シャーロット・ナイツ フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・エクスタイン

    デビッド・エクスタインから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    8月31日、エクスタインはトレードでダイヤモンドバックスへ移籍することになった。ドジャースとポストシーズン進出争いをしていたダイヤモンドバックスは、正二塁手のオーランド・ハドソンを故障で欠いたため代わりの選手を探していた。だが、移籍後のエクスタインは18試合で打率.219・出塁率.301とブルージェイズ在籍時よりさらに成績が悪化。マニー・ラミレスを獲得したドジャースが9月を17勝8敗と大きく勝ち越したのに対し、ダイヤモンドバックスは救援陣の不振などで13勝13敗に終わり、ポストシーズン進出を逃した。デビッド・エクスタイン フレッシュアイペディアより)

  • マグリオ・オルドニェス

    マグリオ・オルドニェスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    はワールド・ベースボール・クラシックのベネズエラ代表に選出される。また、オールスター出場を果たしたが、これはボストン・レッドソックスのマニー・ラミレスの故障による代替出場であった。オールスターの時点でオルドニェスは打率.312、16本塁打、62打点と、59勝29敗で地区首位をゆくタイガースを牽引していた。過去2年間のように大きな怪我もなく、健康にすごしたこの年は155試合に出場。3年ぶりの20本塁打以上となる24本塁打、自身4年ぶりであり、チーム最多となる104打点をたたき出した。マグリオ・オルドニェス フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ベンチュラ

    ロビン・ベンチュラから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    通算満塁本塁打18本は、ルー・ゲーリッグ(23本)、マニー・ラミレス(2006年までに20本)、エディ・マレー(19本)に次いで史上4位。先述の1999年のNLCSでの「Grand Slam Single」の他にも、下記のようなエピソードがある。ロビン・ベンチュラ フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    5月30日 - マニー・ラミレス(ドミニカ共和国、野球)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ジャイルズ

    ブライアン・ジャイルズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1989年にグラナイト・ヒルズ高校から17巡目でクリーブランド・インディアンスにドラフト指名され、7月18日に契約をする。プロ最初の5年間は平凡な成績であったが、1994年にAAAで128試合に出場し打率.313、16本塁打。58打点の成績を残し注目を集める。翌は開幕からの昇格も期待されたが、マニー・ラミレス、アルバート・ベル、ケニー・ロフトンといった錚々たるメンバーが外野手のレギュラーであったため、AAAからのスタートとなった。このシーズンも123試合出場で打率.310、15本塁打、67打点と結果を残し、セプテンバー・コールアップで昇格し9月16日にメジャーデビューを果たす。も3人の壁は厚く、51試合に出場はしたが主にAAAですごした。ベル、ロフトンが去ったはベテランのケビン・ミッチェルらを押しのけ、130試合に出場したが先発は97試合、ロフトンがFAで再加入したは112試合出場で先発90試合とレギュラーの座をつかみ取るまでには至らなかった。11月18日にリリーフ左腕リカルド・リンコンとのトレードでピッツバーグ・パイレーツへ移籍する。ブライアン・ジャイルズ フレッシュアイペディアより)

  • ドワイト・エバンス

    ドワイト・エバンスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    「The Man of Thousand Stances」と言われたぐらい打撃スタンスをよく変えた打者であった。現役時代の背番号は「24」。レッドソックスでは他にトム・ブラナンスキー、ケビン・ミッチェル、マイク・スタンリー、マニー・ラミレス、斎藤隆らが着けていた。にレッドソックスでコーチを務めた際には前出ラミレスが「24」をつけていたため、「25」をつけた。また、息子ティモシーが難病にかかったため、1980年代よりスーザン夫人とともに、その病気を研究するニューイングランドの財団に多額の寄付を行っている。ドワイト・エバンス フレッシュアイペディアより)

  • トム・マストニー

    トム・マストニーから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    のボストン・レッドソックスとのリーグ優勝決定戦では第2戦の10回裏に登板。同点という場面でデビッド・オルティーズ、マニー・ラミレス、マイク・ローウェルの中軸を3者凡退に打ち取り、11回表にインディアンスが勝ち越したことにより、マストニーにポストシーズン初勝利が記録された。トム・マストニー フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード