75件中 11 - 20件表示
  • キンストン (ノースカロライナ州)

    キンストン (ノースカロライナ州)から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    グレンジャー・スタジアムは、マイナーリーグ野球チームのキンストン・インディアンスが本拠地にしていた。また青年やカレッジレベルの野球大会が開催されている。キンストンは1908年以来プロ野球チームの本拠地となっており、アメリカ野球殿堂入りしたリック・フェレルや、ワールドシリーズ最優秀選手にもなったマニー・ラミレスが出身者である。キンストン (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ハンセン

    クレイグ・ハンセンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は2年ぶりにメジャー昇格を果たし、中継ぎ投手の一人として活躍していたがトレード期限となった7月31日にマニー・ラミレス、ジェイソン・ベイを軸としたロサンゼルス・ドジャース、ピッツバーグ・パイレーツそしてレッドソックスの3球団による三角トレードが成立し、ブランドン・モスと共にパイレーツへ移籍した。クレイグ・ハンセン フレッシュアイペディアより)

  • ミッチェル報告書

    ミッチェル報告書から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ミッチェルが以前、ボストン・レッドソックスのフロントを勤めていた事からか、同報告書内に7月にニューヨーク・タイムズ紙によって2003年のドーピング検査で陽性反応を示したと報じられたマニー・ラミレスとデビッド・オルティスを含め、レッドソックスの現役選手の名前が一人も掲載されていなかったため(直前にレッドソックスからフリーエージェント(FA)となったガニエ、ブレンダン・ドネリー両選手の名前はあった)、手心を加えたのではないかとの疑惑が持たれ(ミッチェルはこれを否定)、同報告書の信憑性には疑問が残されている。ミッチェル報告書 フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・ライト

    チェイス・ライトから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    4月17日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューし、5回3失点で初先発にして勝利投手となった。しかし、2度目の先発の4月22日のボストン・レッドソックス戦では、マニー・ラミレス、J・D・ドリュー、マイク・ローウェル、ジェイソン・バリテックに4打者連続で本塁打を許した。なお、4打者連続で本塁打を被弾した投手としては、メジャーリーグの歴史上2人目(1人目は、にロサンゼルス・エンゼルスに在籍していたポール・ホイタック)。チェイス・ライト フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ドーバック

    ブライアン・ドーバックから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2002年はポジションが固定されず、ユーティリティ・プレイヤーとして起用されたが、計137試合に出場して2年ぶりに規定打席に到達。打率.266・20本塁打・78打点・2盗塁という成績を残し、4年連続で20本塁打以上を放ったほか、打点で自己ベストの数字を叩き出した。マニー・ラミレス (33本) 、ノマー・ガルシアパーラ、トロット・ニクソン (以上24本) の3選手と共に20本塁打カルテットを構成した。守備面では、ファーストで60試合 (守備率.990) 、レフトで35試合、ライトで13試合 (以上守備率1.000) の守りに就き、指名打者としても28試合で起用された。シーズンオフの12月21日にFAとなった。ブライアン・ドーバック フレッシュアイペディアより)

  • ペンブロークパインズ

    ペンブロークパインズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    マニー・ラミレス - MLB選手、クリーブランド・インディアンス他、1972年5月30日生まれ、現在の住人ペンブロークパインズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・ペイトン

    ジェイ・ペイトンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は初のア・リーグ在籍となったが、左翼手は主砲マニー・ラミレス、中堅手はメジャー屈指のリードオフマンであるジョニー・デイモン、右翼手は生え抜きのトロット・ニクソンと固定されていたため、外野の控えとしてのプレーを余儀なくされた。あまりに出番が少ないために自ら移籍志願し、7月にチャド・ブラッドフォードとのトレードで、オークランド・アスレチックスへ移籍。アスレチックス移籍後、すぐに2試合連続本塁打を放ち、正左翼手に定着。シーズン終盤に失速したものの、移籍後は打率こそ.269であったが、69試合で13本塁打・42打点をマーク(レッドソックスでは、55試合で打率.263、5本塁打、21打点)。ジェイ・ペイトン フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ジャイルズ

    ブライアン・ジャイルズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1989年にグラナイト・ヒルズ高校から17巡目でクリーブランド・インディアンスにドラフト指名され、7月18日に契約をする。プロ最初の5年間は平凡な成績であったが、1994年にAAAで128試合に出場し打率.313、16本塁打。58打点の成績を残し注目を集める。翌は開幕からの昇格も期待されたが、マニー・ラミレス、アルバート・ベル、ケニー・ロフトンといった錚々たるメンバーが外野手のレギュラーであったため、AAAからのスタートとなった。このシーズンも123試合出場で打率.310、15本塁打、67打点と結果を残し、セプテンバー・コールアップで昇格し9月16日にメジャーデビューを果たす。も3人の壁は厚く、51試合に出場はしたが主にAAAですごした。ベル、ロフトンが去ったはベテランのケビン・ミッチェルらを押しのけ、130試合に出場したが先発は97試合、ロフトンがFAで再加入したは112試合出場で先発90試合とレギュラーの座をつかみ取るまでには至らなかった。11月18日にリリーフ左腕リカルド・リンコンとのトレードでピッツバーグ・パイレーツへ移籍する。ブライアン・ジャイルズ フレッシュアイペディアより)

  • ドワイト・エバンス

    ドワイト・エバンスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    「The Man of Thousand Stances」と言われたぐらい打撃スタンスをよく変えた打者であった。現役時代の背番号は「24」。レッドソックスでは他にトム・ブラナンスキー、ケビン・ミッチェル、マイク・スタンリー、マニー・ラミレス、斎藤隆らが着けていた。にレッドソックスでコーチを務めた際には前出ラミレスが「24」をつけていたため、「25」をつけた。また、息子ティモシーが難病にかかったため、1980年代よりスーザン夫人とともに、その病気を研究するニューイングランドの財団に多額の寄付を行っている。ドワイト・エバンス フレッシュアイペディアより)

  • シャーロット・ナイツ

    シャーロット・ナイツから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    クリーブランド・インディアンス傘下時代の1993年にはチャーリー・マニエルが監督を務め、のちにメジャーで活躍するジム・トーミやマニー・ラミレスを擁してリーグ優勝を果たした。シャーロット・ナイツ フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード