54件中 21 - 30件表示
  • 2006年のMLBオールスターゲーム

    2006年のMLBオールスターゲームから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ファンの投票によって各ポジション上位1選手(外野手のみ上位3選手)が選出された。最多得票は、ナショナルリーグがアルバート・プホルス(カージナルス)、アメリカンリーグがマニー・ラミレス(レッドソックス)。地元パイレーツからは、ジェイソン・ベイが選ばれた。2006年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ピエール

    フアン・ピエールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は、リーグ2位の64盗塁を記録し史上2人目となる異なる4チームで通算50盗塁以上を達成。シーズン終了後アンドリュー・ジョーンズが加入したため、は左翼手へコンバートされると見られたが、開幕当初はアンドレ・イーシアーと併用され、ベンチスタートも少なくなかった。ジョーンズが故障者リスト入りした5月以降は、ライトのマット・ケンプがセンターのポジションに入り、イーシアーはライトに回ったことで、レフトのレギュラーに定着。ジョーンズと同じく故障者リストに入ったラファエル・ファーカルに代わる切り込み隊長して活躍していたが、7月に左膝を痛めて戦列を離れ、8月に復帰した後は新加入のマニー・ラミレスがレフトのレギュラーとなったため、センターの座をケンプと争い、再びベンチスタートが多くなった。最終的に40盗塁を記録したものの、既定打席には到達せず、レギュラーに定着した2年目以降では最低の成績に終わった。フアン・ピエール フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ファレル (投手)

    ジョン・ファレル (投手)から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    選手との対話を重視し、無理をさせない起用法で、4年間の在任中にジョン・レスター、クレイ・バックホルツをリーグを代表する投手に育て上げた。特にカッターの指導には定評があった。松坂大輔とは調整法を巡って衝突することもあったが、次第に信頼関係を構築し、最終的には良き理解者となっていた。投手コーチでありながら、マニー・ラミレスから非常に厚い信頼を寄せられていた。ジョン・ファレル (投手) フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ユーキリス

    ケビン・ユーキリスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    当初は主に6番で活躍を見せ、オールスターに初めて選出された。4番打者であったマニー・ラミレスが7月31日に退団した後は、ラミレスに代わり4番を打つことになった。最終的にはリーグ6位の打率.312、チームトップの29本塁打・115打点を記録し、ファン投票での最優秀打者賞であるハンク・アーロン賞に選出された。2009年1月に新たに4年の契約延長に合意、年俸総額は4,125万ドルで5年目にオプションが付いている。ケビン・ユーキリス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レスター (左投手)

    ジョン・レスター (左投手)から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    にドラフト2巡目(全米57番目)でボストン・レッドソックスから指名を受け、プロ入り。シーズン終了後にアレックス・ロドリゲスとのトレードでマニー・ラミレスとともにテキサス・レンジャーズへ放出されそうになるも、トレードは破談に終わる。6月10日に本拠地フェンウェイ・パークでのレンジャーズ戦で先発してメジャーデビュー。その試合では勝敗はつかなかったものの、4.1回を投げて5安打を浴び、自責点3。その後は先発ローテーションに入って2か月の間に7勝を記録。ジョン・レスター (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • ダスティン・ペドロイア

    ダスティン・ペドロイアから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は6月に打率が2割6分台まで下がったが、後半戦は好調で打率.345を記録した。トータルでは.326でジョー・マウアーと2厘差で首位打者のタイトルを逃したが、得点(118)・安打(213)・二塁打(54)の3部門でリーグ1位。200安打・50二塁打は球団史上3人目の快挙となった。テリー・フランコーナ監督が「どんな展開でも、人生最後のゲームのように懸命にプレーする」と評し、チームに好影響を与えた。マニー・ラミレスが移籍し、デビッド・オルティーズ、マイク・ローウェル、J.D.ドリューらなど故障者が続出したチームの穴を埋め、ポストシーズン進出のキーマンとなった。ダスティン・ペドロイア フレッシュアイペディアより)

  • オーブリー・ハフ

    オーブリー・ハフから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は4月18日に通算100本塁打を達成し、フレッド・マグリフの球団最多記録を更新。しかし、6月末の時点で打率.252、5本塁打、38打点と不振に陥ってしまった。7月に入ると第4週には週間MVPに選ばれるなど、月間で打率.320、8本塁打、25打点と復調。だが、8月以降は打率.244と再び不振に陥ってしまい、、ルー・ピネラ監督(当時)が「ウチの打線はオーブリー次第。彼が乗ってこないとチームも勢いが出ない」と語ったように、チームも2年ぶりの最下位に終わってしまう。また、トレード期限間際には、当時レッドソックスの主砲だったマニー・ラミレスが絡んだ三角トレードでレッドソックスへ移籍するという噂も浮上するなど、低調なシーズンとなった。オーブリー・ハフ フレッシュアイペディアより)

  • プレイヤーズ・チョイス・アワード

    プレイヤーズ・チョイス・アワードから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    最優秀選手, AL: マニー・ラミレスプレイヤーズ・チョイス・アワード フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ドジャースからFAになっていたマニー・ラミレスが2年契約で同球団に残留。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ラローシュ

    アダム・ラローシュから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ロサンゼルス・ドジャースに所属していた弟のアンディが7月31日にマニー・ラミレス、ジェイソン・ベイらとの三角トレードでパイレーツへ移籍。兄のアダムは故障者リスト入りしていたため、初兄弟出場は8月14日。アダムとアンディは今まで同一チームでプレイしたことがないため、ラローシュ兄弟が生まれて初めて同一チームでプレイすることになった。アダム・ラローシュ フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード