75件中 31 - 40件表示
  • ゼイビア・ポール

    ゼイビア・ポールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は、開幕をAAA級アルバカーキ・アイソトープスで迎えた。5月7日に禁止薬物使用で出場停止処分を受けたマニー・ラミレスに替わってメジャーに昇格した。同日の、ワシントン・ナショナルズ戦で代打で出場しメジャーデビューを果たした。10日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャー初安打を記録した。15日のフロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)戦でメジャー初本塁打を記録した。ゼイビア・ポール フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ラローシュ

    アンディ・ラローシュから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    7月31日にマニー・ラミレスやジェイソン・ベイが動いたボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・ドジャース、ピッツバーグ・パイレーツの三角トレードで、兄のアダム・ラローシュが所属するパイレーツへ移籍。アダムは故障者リスト入りしていたため兄弟そろっての初出場は8月14日となったが、アダムとアンディはプロ入り以前から同一チームでプレイしたことがなかったため、生まれて初めて同一チームでプレイすることになった。オフには打撃コーチのドン・ロングと共に打撃改造に取り組んだ。アンディ・ラローシュ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ラローシュ

    アダム・ラローシュから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1月15日にパイレーツと500万ドルの1年契約に合意。7月31日にはロサンゼルス・ドジャースに所属していた弟のアンディがマニー・ラミレス、ジェイソン・ベイらとの三角トレードで、パイレーツへ移籍。兄のアダムは故障者リスト入りしていたため、8月14日に初兄弟出場を果たした。アダムとアンディは今まで同一チームでプレーしたことがないため、ラローシュ兄弟が生まれて初めて同一チームでプレーすることになった。この年は136試合に出場し、打率.270・25本塁打・85打点・1盗塁だった。アダム・ラローシュ フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・エクスタイン

    デビッド・エクスタインから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2008年8月31日にチャド・ベックとのトレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍。ロサンゼルス・ドジャースとポストシーズン進出争いをしていたダイヤモンドバックスは、正二塁手のオーランド・ハドソンを故障で欠いたため代わりの選手を探していた。だが、移籍後は18試合で打率.219、出塁率.301とブルージェイズ在籍時よりさらに成績が悪化。マニー・ラミレスを獲得したドジャースが9月を17勝8敗と大きく勝ち越したのに対し、ダイヤモンドバックスは救援陣の不振などで13勝13敗に終わり、ポストシーズン進出を逃した。デビッド・エクスタイン フレッシュアイペディアより)

  • エディ・マレー

    エディ・マレーから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    通算犠飛128はメジャー記録。メジャーデビューした1977年から20年連続で75打点以上を記録しており、これはメジャー唯一の記録である。通算504本塁打は、スイッチヒッターとしてはミッキー・マントル(536本塁打)に次ぐ歴代2位の記録だが、通算安打、通算打点はいずれもマントルを上回っており、しばしば史上最高のスイッチヒッターとも言われる。満塁本塁打(グランドスラム)を通算19本打っており、アレックス・ロドリゲス、ルー・ゲーリッグ、マニー・ラミレスに次ぐ歴代4位の記録である。エディ・マレー フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    マニー・ラミレス外野手(ボストン・レッドソックス)-- 当初は出場に意欲的だったが、突然辞退を表明。理由は不明。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • ダスティン・ペドロイア

    ダスティン・ペドロイアから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は6月に打率が2割6分台まで下がったが、後半戦は好調で打率.345を記録した。トータルでは.326でジョー・マウアーと2厘差で首位打者のタイトルを逃したが、得点(118)・安打(213)・二塁打(54)の3部門でリーグ1位となった(200安打・50二塁打は球団史上3人目)。テリー・フランコーナ監督が「どんな展開でも、人生最後のゲームのように懸命にプレーする」と評し、チームに好影響を与えた。マニー・ラミレスが移籍し、デビッド・オルティーズ、マイク・ローウェル、J・D・ドリューらなど故障者が続出したチームの穴を埋め、ポストシーズン進出のキーマンとなった。シーズン終了後にはゴールドグラブ賞とシルバースラッガー賞を受賞。そしてカル・リプケン、ライアン・ハワードに次いで史上3人目となる新人王の翌年にMVPを受賞した。12月3日にはレッドソックスと総額4,050万ドルの6年契約(2015年・1100万ドルの球団オプション付き)に合意した。ダスティン・ペドロイア フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    6月20日 - 【台湾】義大ライノズのマニー・ラミレスが「家族が恋しくなった」として退団2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・カブレラ

    ミゲル・カブレラから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    3月22日に、タイガースと8年総額1億5230万ドルで契約を延長。契約総額ではアレックス・ロドリゲス、デレク・ジーター、マニー・ラミレスに次ぐ高給選手となった。平均年俸ではロドリゲス、ヨハン・サンタナ、ラミレスに次ぐ4位である。シーズン序盤は三塁手として出場を続けていたが、あまりにもエラーが多く、開幕1か月もたたないうちに一塁手のカルロス・ギーエンとコンバートされた。打撃では、4月から6月まで3か月連続で長打率が4割台だったが、7月にプレイヤー・オブ・ザ・マンスに選出されて以降、3ヶ月連続で6割台の長打率を記録。4年ぶりに打率が.300を下回ったものの、自己最多となる37本塁打・127打点を記録。本塁打王争いのライバルであったアレックス・ロドリゲスやカルロス・クエンティンらが故障したこともあって、自身初の打撃タイトルである本塁打王を獲得した。30本台でのアメリカンリーグ最多本塁打は、1989年のフレッド・マグリフ以来19年ぶり。ミゲル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • ノマー・ガルシアパーラ

    ノマー・ガルシアパーラから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    、レッドソックスはガルシアパーラの後釜としてロドリゲスの獲得を狙った。ロドリゲスをマニー・ラミレスとのトレードで獲得し、ガルシアパーラはマグリオ・オルドニェスとのトレードでシカゴ・ホワイトソックスへ放出する計画が水面下で進められた。ロドリゲスとラミレスのトレードが選手会の反対で頓挫し、この計画は実現しなかったが、シーズン前に右アキレス腱を痛めて開幕を故障者リストで迎えたガルシアパーラは心身ともに傷ついた。ノマー・ガルシアパーラ フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード