54件中 31 - 40件表示
  • アンディ・ラローシュ

    アンディ・ラローシュから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    7月31日にマニー・ラミレスやジェイソン・ベイが動いたボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・ドジャース、ピッツバーグ・パイレーツの三角トレードで、兄のアダム・ラローシュが所属するパイレーツへ移籍。アダムは故障者リスト入りしていたため兄弟そろっての初出場は8月14日となったが、アダムとアンディはプロ入り以前から同一チームでプレイしたことがなかったため、生まれて初めて同一チームでプレイすることになった。オフには打撃コーチのドン・ロングと共に打撃改造に取り組んだ。アンディ・ラローシュ フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・モンテロ

    ヘスス・モンテロから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    9月1日にメジャー昇格を果たし、同日のボストン・レッドソックス戦で指名打者としてデビュー。4打数無安打ながらも7回に死球で出塁し、ラッセル・マーティンの適時打で勝ち越しのホームを踏んだ。9月3日にヤンキー・スタジアムで行われたトロント・ブルージェイズ戦で初のスタメン出場を果たし、6回2死からレフトへメジャー初安打を放った。9月5日のオリオールズ戦では21歳の選手としては1993年のマニー・ラミレス以来となる1試合2本塁打を記録。シーズン終了まで18試合に出場して、打率.328、4本塁打、12打点、OPS.996だった。ヘスス・モンテロ フレッシュアイペディアより)

  • メルキー・カブレラ

    メルキー・カブレラから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    、AAA級コロンバスで開幕を迎えたカブレラは31試合で打率.385・OPS.996を記録。同年5月9日に、正右翼手ゲイリー・シェフィールドの穴埋めとしてメジャー再昇格を果たす。同月11日に松井秀喜が左手首を骨折し長期離脱すると、翌12日から松井の代わりに左翼に定着し、バーニー・ウィリアムスと共に故障者続きだったチームの救世主的存在となった。結局、この年は130試合に出場し、打率.280、守備でも12補殺(リーグ2位タイ)と強肩を発揮。6月6日のレッドソックス戦でマニー・ラミレスが放った本塁打性の打球をグラブを伸ばして捕球したプレイは、ファン投票で決定される「2006年のベストプレイ」に選ばれている。ジョー・トーリ監督は、これらの活躍を見せたカブレラがヤンキースの地区優勝に不可欠だったという旨のコメントを残している。メルキー・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    10月27日 - ワールドシリーズの第4戦がブッシュ・スタジアム で行われ、?アメリカンリーグのボストン・レッドソックスがナショナルリーグのセントルイス・カージナルスに3対0で勝利し、1918年以来86年ぶりとなる、6度目の優勝達成。MVPはマニー・ラミレス2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 360°モンキーズ

    360°モンキーズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ロサンゼルス・ドジャース時代のマニー・ラミレスと対戦するサンフランシスコ・ジャイアンツのリンスカム(リンスカム役;増谷キートン)とキャッチャーのポージー360°モンキーズ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ドジャース時代のマニー・ラミレス(杉浦)と対決するSFジャイアンツの投手リンスカム(増谷)と捕手ポージー(山内)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年

    1972年から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    5月30日 - マニー・ラミレス、メジャーリーガー1972年 フレッシュアイペディアより)

  • ペンブロークパインズ

    ペンブロークパインズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    マニー・ラミレス - MLBメジャーリーグベースボール選手、ロサンゼルス・ドジャース、1972年5月30日生まれ、現在の住人ペンブロークパインズ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・レイエス

    ホセ・レイエスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    6月28日にメジャー通算1,000試合出場を達成。この試合で通算360個目の盗塁を記録したが、これはこの時点でメジャー歴代100位に入った盗塁であった。この年もオールスターにファン投票で選出されたが、再び故障のため出場できなかった。このシーズン、打率.337を記録し、ブルワーズのライアン・ブラウンを抑えてナ・リーグ首位打者となった。これはメッツ創設以来50シーズン目にして球団史上初の首位打者であった。また、このシーズンにおいてレイエスは126試合にしか出場しておらず、2002年のマニー・ラミレス(当時レッドソックス)が120試合出場で首位打者となって以後、最少出場試合数の首位打者であった。ホセ・レイエス フレッシュアイペディアより)

  • ドミニカ共和国

    ドミニカ共和国から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも数多くの選手を輩出している。1956年以降、2008年までに472人の選手がメジャーリーグでプレイした。特に、通算609本塁打のサミー・ソーサはドミニカ共和国内では英雄的存在である。また、90年代後半から00年代にかけても、「地上最高の投手」と称されたペドロ・マルティネスや、現在メジャーリーグ最高峰のスラッガーであるアルバート・プホルス(ロサンゼルス・エンゼルス)を筆頭に、マニー・ラミレス(ロサンゼルス・ドジャース)、デビッド・オルティーズ(ボストン・レッドソックス)、ブラディミール・ゲレーロ(テキサス・レンジャーズ)、ホセ・レイエス(ニューヨーク・メッツ)、ハンリー・ラミレス(マイアミ・マーリンズ)などの超一流選手を続々と輩出しており、ドミニカ共和国はメジャーリーグにとってなくてはならない存在になっている。ドミニカ共和国 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード