75件中 41 - 50件表示
  • マグリオ・オルドニェス

    マグリオ・オルドニェスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    シーズンでは、オールスター出場を果たしたが、これはボストン・レッドソックスのマニー・ラミレスの故障による代替出場であった。オールスターの時点でオルドニェスは打率.312、16本塁打、62打点と、59勝29敗で地区首位をゆくタイガースを牽引していた。過去2年間のように大きな怪我もなく、健康にすごしたこの年は155試合に出場。3年ぶりの20本塁打以上となる24本塁打、自身4年ぶりであり、チーム最多となる104打点をたたき出した。マグリオ・オルドニェス フレッシュアイペディアより)

  • ルーベン・アマロ・ジュニア

    ルーベン・アマロ・ジュニアから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    にクリーブランド・インディアンスに移籍して控えの外野手として重宝されたが、この年の後半にマニー・ラミレスが好調だったためマイナー落ちした。ルーベン・アマロ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・モンテロ

    ヘスス・モンテロから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    この年はロースター拡大後の9月1日にメジャー初昇格を果たし、同日のボストン・レッドソックス戦で指名打者としてメジャーデビュー。4打数無安打ながらも7回に死球で出塁し、ラッセル・マーティンの適時打で勝ち越しのホームを踏んだ。9月3日にヤンキー・スタジアムで行われたトロント・ブルージェイズ戦で初のスタメン出場を果たし、6回二死から左翼にメジャー初安打を放った。9月5日のボルチモア・オリオールズ戦では21歳の選手としてはのマニー・ラミレス以来となる1試合2本塁打を記録。シーズン終了まで18試合に出場して、打率.328・4本塁打・12打点・OPS.996だった。ヘスス・モンテロ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レスター (左投手)

    ジョン・レスター (左投手)から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    シーズン終了後にアレックス・ロドリゲスとのトレードでマニー・ラミレスとともにテキサス・レンジャーズへ放出されそうになるも、トレードは破談に終わる。ジョン・レスター (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ベイ

    ジェイソン・ベイから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    7月31日、ボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・ドジャースそしてパイレーツの3球団による三角トレードが成立。これによりベイはレッドソックスへ移籍。このトレードでドジャースへ移籍したマニー・ラミレスに代わる正左翼手を務めることになった。移籍後49試合で打率.293・9本塁打・37打点を記録し、パイレーツの成績を含めると2年ぶりにシーズン30本塁打・100打点を達成。打撃ではラミレスに比べて見劣りするが、守備力の違いやトラブルによる悪影響もなく、9月上旬にはベイの活躍を「ジェイソン・ベイは考えられないことをやってのけた。我々にマニーのことを忘れさせたのだ」と新聞で表現された。ジェイソン・ベイ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の野球

    2017年の野球から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    【独立・四国アイランドリーグplus】 高知ファイティングドッグスは、元MLB選手であるマニー・ラミレスと入団契約の合意に至ったと発表した。2017年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・ドジャース

    ロサンゼルス・ドジャースから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2007年11月1日にジョー・トーリが3年契約で監督に就任。は前半戦はノマー・ガルシアパーラ、ラファエル・ファーカルの故障やアンドリュー・ジョーンズの不振などでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに次ぐ地区2位だったが、7月31日にトレードでマニー・ラミレスを獲得。ラミレスは移籍後53試合で打率.396、17本塁打、53打点を記録。打線の中心的役割を担い、若手に好影響を与え、補強は大成功。4年ぶりに地区優勝を果たしたが、リーグチャンピオンシップシリーズでフィラデルフィア・フィリーズに敗れ、ワールドシリーズ進出はならなかった。ロサンゼルス・ドジャース フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のMLBオールスターゲーム

    2006年のMLBオールスターゲームから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ファンの投票によって各ポジション上位1選手(外野手のみ上位3選手)が選出された。最多得票は、ナショナルリーグがアルバート・プホルス(カージナルス)、アメリカンリーグがマニー・ラミレス(レッドソックス)。地元パイレーツからは、ジェイソン・ベイが選ばれた。2006年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • オーブリー・ハフ

    オーブリー・ハフから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は4月18日に通算100本塁打を達成し、フレッド・マグリフの球団最多記録を更新。しかし、6月末の時点で打率.252、5本塁打、38打点と不振に陥ってしまった。7月に入ると第4週には週間MVPに選ばれるなど、月間で打率.320、8本塁打、25打点と復調。だが、8月以降は打率.244と再び不振に陥ってしまい、、ルー・ピネラ監督(当時)が「ウチの打線はオーブリー次第。彼が乗ってこないとチームも勢いが出ない」と語ったように、チームも2年ぶりの最下位に終わってしまう。また、トレード期限間際には、当時レッドソックスの主砲だったマニー・ラミレスが絡んだ三角トレードでレッドソックスへ移籍するという噂も浮上するなど、低調なシーズンとなった。オーブリー・ハフ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ファレル (投手)

    ジョン・ファレル (投手)から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    選手との対話を重視し、無理をさせない起用法で、4年間の在任中にジョン・レスター、クレイ・バックホルツをリーグを代表する投手に育て上げた。特にカッターの指導には定評があった。松坂大輔とは調整法を巡って衝突することもあったが、次第に信頼関係を構築し、最終的には良き理解者となっていた。投手コーチでありながら、マニー・ラミレスから非常に厚い信頼を寄せられていた。ジョン・ファレル (投手) フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード