54件中 41 - 50件表示
  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    規律が厳しい事でも知られており、長髪、無精ひげは厳禁である(整えられた口ひげは認められている。例:ランディ・ジョンソン、デービッド・ウェルズなど)。そのため、大変な高給で知られるマニー・ラミレス(ロサンゼルス・ドジャース)がシーズン中にトレードを志願した際にもヤンキースは獲得に動かなかった。ジェイソン・ジアンビもにレッドソックスから移籍したジョニー・デイモンもトレードマークだった長髪と髭を剃った。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・ドジャース

    ロサンゼルス・ドジャースから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2007年11月1日にジョー・トーリが3年契約で監督に就任。は前半戦はノマー・ガルシアパーラ、ラファエル・ファーカルの故障やアンドリュー・ジョーンズの不振などでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに次ぐ地区2位だったが、7月31日にトレードでマニー・ラミレスを獲得。ラミレスは移籍後53試合で打率.396、17本塁打、53打点を記録。打線の中心的役割を担い、若手に好影響を与え、補強は大成功。4年ぶりに地区優勝を果たしたが、リーグチャンピオンシップシリーズでフィラデルフィア・フィリーズに敗れ、ワールドシリーズ進出はならなかった。ロサンゼルス・ドジャース フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・スタントン

    ジャンカルロ・スタントンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    契約後、スタントンはマイナーリーグでプロデビュー。最下層のルーキー級ガルフ・コーストリーグで8試合、SS-A級ジェームズタウンで9試合の計17試合に出場して2007年を終える。シーズン終了後には『ベースボール・アメリカ』の若手有望株ランキングで、マーリンズ傘下では最高のパワーヒッターという評価を受けた。は、A級グリーンズボロで125試合に出場し、打率.293・39本塁打・97打点・OPS.993を記録。ただ「この成績は球場の狭さに助けられてのもの、翌年以降は続かない」という声があり、それがスタントンの耳にも入っていた。その一方でシーズン途中には、7月終了時点で58勝51敗のナ・リーグ東地区3位につけていたマーリンズが、ポストシーズン進出のためにボストン・レッドソックスからトレードでマニー・ラミレスを獲得しようとしたが、交換要員にスタントンを要求され拒否、結局トレードが実現しなかったということも起こっている。ジャンカルロ・スタントン フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    第2回ワールド・ベースボール・クラシック (WBC) の日本代表として出場し、松坂大輔、岩隈とともに先発3本柱として監督の原辰徳から指名される。3月5日、日本代表の初戦である対中国戦に先発投手として出場し、4回を無安打無失点に抑え勝利投手となる。また、3月18日の対韓国戦でも先発投手として出場するも、この試合では初回に失策も絡み3失点を喫し、5回7奪三振3失点(自責点2)で敗戦投手となる。3月23日の準決勝、3月24日の決勝では先発を松坂、岩隈に譲り、いずれの試合も抑え投手として出場し、決勝では勝利投手となった。この試合では球速100mph(約161km/h)を計時し、現地の放送では108mph(約174km/h)も計時されたが、こちらは球場内の電光掲示板では表示されず誤計測と見られた。大会通算で13回を投げ、2勝1敗、防御率2.08、大会最多の20奪三振、WHIP1.00の記録を残し、マニー・ラミレスやケン・グリフィー・ジュニアらといったメジャーの強打者からの賞賛も浴びた。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    にセオ・エプスタインが史上最年少となる28歳でGMに就任し、のアメリカンリーグチャンピオンシップ敗退後、積極的な戦力補強を進めた。ヤンキースとのチャンピオンシップ第7戦における継投ミスを問われ、グレイディ・リトル監督が解雇され、元フィラデルフィア・フィリーズ監督のテリー・フランコーナ監督が就任する。アリゾナ・ダイヤモンドバックスからトレードでカート・シリング投手を獲得し、フリーエージェントでオークランド・アスレチックスのクローザーだったキース・フォーク投手を獲得する。また、マニー・ラミレス外野手を放出し、テキサス・レンジャーズのアレックス・ロドリゲス遊撃手を獲得する計画も進んでいたが、このトレードは選手会の反発を受け、不成立に終わる。(その後ヤンキースがロドリゲスをアルフォンソ・ソリアーノ二塁手らとの交換で獲得した。)ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・プホルス

    アルバート・プホルスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    また、デビュー当初からのハイレベルな成績や筋骨隆々の体格、さらにドミニカ共和国出身の選手に薬物使用が多いことなどから、プホルスについてもしばしば薬物使用が噂になる。2009年になってアレックス・ロドリゲスやマニー・ラミレスといった強打者の薬物使用が発覚したこともあり、プホルスを疑う者も少なからず存在する。しかし、プホルス本人はステロイド使用の疑いに対して不快感を露にしており、「昨年は6回検査を受けた。それで不十分だと言うならば毎日だって検査を受ける。もし検査で陽性反応が出た場合、これまで稼いだ年俸の全てを球団に返上する」とまで発言して、ステロイドに対して極めて厳格な姿勢をとっている。アルバート・プホルス フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ジアンビ

    ジェイソン・ジアンビから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は四球(リーグ2位)・打点(リーグ6位タイ)・出塁率(リーグ7位タイ)・得点(リーグ9位)・長打(リーグ10位タイ)とリーグ10位以内に入った。これを達成したのは他にマニー・ラミレス1人しかいない。MVPの投票では8位に入った。ジェイソン・ジアンビ フレッシュアイペディアより)

  • ノマー・ガルシアパーラ

    ノマー・ガルシアパーラから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    、レッドソックスはガルシアパーラの後釜としてロドリゲスの獲得を狙った。ロドリゲスをマニー・ラミレスとのトレードで獲得し、ガルシアパーラはマグリオ・オルドニェスとのトレードでシカゴ・ホワイトソックスへ放出する計画が水面下で進められた。ロドリゲスとラミレスのトレードが選手会の反対で頓挫し、この計画は実現しなかったが、シーズン前に右アキレス腱を痛めて開幕を故障者リストで迎えたガルシアパーラは心身ともに傷ついた。ノマー・ガルシアパーラ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のワールドシリーズ

    2004年のワールドシリーズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    マルティネスはその後立ち直り7回を投げ3安打無失点の好投、レッドソックス打線も初回のマニー・ラミレスの本塁打などで4点を挙げ3連勝を飾り、1918年以来のワールドシリーズ制覇に王手をかけた。2004年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・カブレラ

    ミゲル・カブレラから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2003年のワールドシリーズ優勝以降、主力選手を多く放出して年俸総額の削減を図っていたマーリンズは2007年12月4日、主砲のカブレラとエースのドントレル・ウィリスを若手6選手とのトレードでタイガースへ放出した。3月22日に、タイガースと8年総額1億5,230万ドルで契約を延長。契約総額ではアレックス・ロドリゲス、デレク・ジーター、マニー・ラミレスに次ぐ高給選手となった。平均年俸ではロドリゲス、ヨハン・サンタナ、ラミレスに次ぐ4位である。ミゲル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード