75件中 51 - 60件表示
  • ホセ・レイエス

    ホセ・レイエスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    6月28日にメジャー通算1,000試合出場を達成。この試合で通算360個目の盗塁を記録したが、これはこの時点でメジャー歴代100位に入った盗塁であった。この年もオールスターにファン投票で選出されたが、再び故障のため出場できなかった。このシーズン、打率.337を記録し、ミルウォーキー・ブルワーズのライアン・ブラウンを抑えてナ・リーグ首位打者となった。これはメッツ創設以来50シーズン目にして球団史上初の首位打者であった。また、このシーズンにおいてレイエスは126試合にしか出場しておらず、2002年のマニー・ラミレス(当時ボストン・レッドソックス)が120試合出場で首位打者となって以後、最少出場試合数の首位打者であった。オフの10月30日にFAとなった。ホセ・レイエス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ピエール

    フアン・ピエールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    はアンドリュー・ジョーンズ加入のため左翼手へコンバートされると見られたが、開幕当初はアンドレ・イーシアーと併用され、ベンチスタートも少なくなかった。ジョーンズが故障者リスト入りした5月以降は、ライトのマット・ケンプがセンターのポジションに入り、イーシアーはライトに回ったことで、レフトのレギュラーに定着。ジョーンズと同じく故障者リストに入ったラファエル・ファーカルに代わる切り込み隊長して活躍していたが、7月に左膝を痛めて戦列を離れ、8月に復帰した後は新加入のマニー・ラミレスがレフトのレギュラーとなったため、センターの座をケンプと争い、再びベンチスタートが多くなった。最終的に40盗塁を記録したものの、既定打席には到達せず、レギュラーに定着した2年目以降では最低の成績に終わった。フアン・ピエール フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ヒンスキー

    エリック・ヒンスキーから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は一塁にケビン・ユーキリス、三塁にはマイク・ローウェル、外野陣は左翼にマニー・ラミレス、中堅にココ・クリスプ、右翼にはJ.D.ドリューとスター選手が揃っていたため、ポジションを奪取することができず、控え野手としてシーズンを過ごした。ポストシーズンはディビジョンシリーズからロースター入りし、ワールドシリーズでは第1戦目に代打として出場し、三振に終わったが、チームは4連勝し、チャンピオンリングを勝ち取った。この年は84試合に出場して打率.204・6本塁打・21打点・3盗塁だった。オフの10月30日にFAとなった。エリック・ヒンスキー フレッシュアイペディアより)

  • バンビーノの呪い

    バンビーノの呪いから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2004年8月31日、マニー・ラミレスが打ったフォアボールが観客席セクション9のボックス95のRow AAに飛び、少年の顔に当たって歯が何本か折れたことで呪いが解けたとする説もある。レッドソックスのラミレスのファンで16歳のリー・ゲイヴィンはルースの農場のあるサドバリーに住んでいた。同日、ヤンキースはインディアンズとのホームゲームで22対0というチーム史上最悪の負けに苦しんでいた。バンビーノの呪い フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ユーキリス

    ケビン・ユーキリスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    当初は主に6番で活躍を見せ、オールスターに初めて選出された。4番打者であったマニー・ラミレスが7月31日に退団した後は、ラミレスに代わり4番を打つことになった。最終的にはリーグ6位の打率.312、チームトップの29本塁打・115打点を記録し、ファン投票での最優秀打者賞であるハンク・アーロン賞に選出された。2009年1月に新たに4年の契約延長に合意、年俸総額は4,125万ドルで5年目にオプションが付いている。ケビン・ユーキリス フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    ロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルスがトロント・ブルージェイズ戦で通算1832打点を記録し、ドミニカ共和国出身選手としての最多記録を更新(従来の最多はマニー・ラミレス)。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 流し打ち

    流し打ちから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    流し打ちの割合が高い打者は、メジャーでは、ジョー・マウアー、デレク・ジーター、イチロー、トッド・ヘルトン、ジョーイ・ボット、マニー・ラミレス、マイク・トラウト、ミゲル・カブレラなどが挙げられる。流し打ち フレッシュアイペディアより)

  • ドミニカ共和国

    ドミニカ共和国から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも数多くの選手を輩出している。1956年以降、2008年までに472人の選手がメジャーリーグでプレイした。特に、通算609本塁打のサミー・ソーサはドミニカ共和国内では英雄的存在である。また、90年代後半から00年代にかけても、「地上最高の投手」と称されたペドロ・マルティネスや、現在メジャーリーグ最高峰のスラッガーであるアルバート・プホルスを筆頭に、マニー・ラミレス、デビッド・オルティーズ、ブラディミール・ゲレーロ、エイドリアン・ベルトレ、ホセ・レイエス、ハンリー・ラミレスなどの超一流選手を続々と輩出しており、ドミニカ共和国はメジャーリーグにとってなくてはならない存在になっている。ドミニカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ロドリゲス

    フランシスコ・ロドリゲスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    はシーズン開幕直後、不正投球疑惑が取り沙汰されるトラブルに巻き込まれる。"The Cheater's Guide to Baseball" というブログが「帽子のひさしの裏に白い異物を塗布し、それを指につけて投球している」と報じたもので、ロドリゲスは「隠し事なんてしていないから、いつでもチェックしたいときにすればいい」と疑惑を否定した。結局この件はお咎めなしとなり、前半戦37試合で24セーブ・防御率2.33という成績を残す。オールスターには3年ぶりに選出され、試合ではアメリカンリーグのクローザーとして初セーブ。シーズン全体では、45セーブのジョー・ボロウスキーには及ばなかったものの、リーグ2位タイの40セーブを挙げ、3年連続40セーブを達成した。ただポストシーズンでは、レッドソックスとの地区シリーズ第2戦で、同点の9回裏一死一塁の場面で登場するもマニー・ラミレスにサヨナラ3点本塁打を喫し、チームが3戦3敗で敗退する一因となった。この時点でロドリゲスのFA権取得まであと1年となり、球団は契約延長交渉に臨むが、これが難航。11月にはエンゼルス側が3年3400万ドルという条件を提示したが、ロドリゲス側はこれを拒否した。結局、複数年契約を締結することはできず。2008年の契約も両者合意とならぬまま年俸調停へと進み、球団側が1000万ドルを提示したのに対してロドリゲス側は1250万ドルを要求。裁定は、球団側の主張を認めロドリゲスの年俸を1000万ドルとした。フランシスコ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    のマーク・マグワイアとサミー・ソーサによるシーズン最多本塁打記録争いなどで盛り上がり、観客数もスト前の水準に回復した。1990年代後半から2000年代前半に本塁打量産ブームが起き、にはバリー・ボンズが73本塁打を放ち、現在のシーズン本塁打記録を樹立した。しかし12月13日に発表されたミッチェル報告書と呼ばれる報告書では89人の実名が挙げられ、その中にはバリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、マニー・ラミレス、マーク・マグワイア、ラファエル・パルメイロ、ジェイソン・ジアンビ、ホセ・カンセコら多くのMLBを代表する強打者がアナボリックステロイドを使用していたことが後に判明した。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード