75件中 61 - 70件表示
  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2017年夏:「チーム帝京」として、石橋対松井のシリーズ第3戦を戦う。前年夏はそれぞれの都合で参加できなかったゴルゴと吉岡が「チーム帝京」に復帰。更にかつての藤増に次ぐ石橋の後輩で、帝京高校では吉岡の1コ下の後輩であり、中学も吉岡と同じ足立区立第十四中学校出身という設定の真膝(マニー・ラミレス、元ボストン・レッドソックスで2004年のワールドシリーズMVP、放送当時は高知ファイティングドッグス所属)が参加した。また、妻であるジュリアナ・ラミレスとその子供たちも応援で来ていたが、妻のジュリアナにも足立区立第十五中学校(放送当時は統合により、足立区立千寿青葉中学校)出身という設定がつけられた。結果は松井(チームゴジラ)が初勝利を挙げ、通算成績を松井の1勝2敗とした。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 園部聡

    園部聡から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    好きな選手はマニー・ラミレスで、打撃フォームを参考にしている。園部聡 フレッシュアイペディアより)

  • 高知ファイティングドッグス

    高知ファイティングドッグスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1月9日、MLBの元選手であるマニー・ラミレスと入団契約について合意したと発表した。この件については前年12月に、一部スポーツ紙で「高知入団に興味を示している」と報じられ、その時点で高知球団側は、ラミレス側と直接の接触を取っている状態ではなく、具体的な話には至っていないとしていた。北五味オーナーによると、前年秋にアメリカで実施したトライアウトを契機に接触があり、その後の交渉では所属選手のザック・コルビーの援助があったという。高知ファイティングドッグス フレッシュアイペディアより)

  • メルキー・カブレラ

    メルキー・カブレラから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    はAAA級コロンバス・クリッパーズで開幕を迎え、31試合で打率.385・OPS.996を記録。5月9日に正右翼手ゲイリー・シェフィールドの穴埋めとしてメジャー再昇格を果たす。5月11日に松井秀喜が左手首を骨折し長期離脱すると、翌12日から松井の代わりに左翼に定着し、バーニー・ウィリアムスと共に故障者続きだったチームの救世主的存在となった。結局、この年は130試合に出場し、打率.280、守備でも12補殺(リーグ2位タイ)と強肩を発揮。6月6日のレッドソックス戦でマニー・ラミレスが放った本塁打性の打球をグラブを伸ばして捕球したプレーは、ファン投票で決定される「2006年のベストプレー」に選ばれている。ジョー・トーリ監督は、これらの活躍を見せたカブレラがヤンキースの地区優勝に不可欠だったという旨のコメントを残している。メルキー・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・スタントン

    ジャンカルロ・スタントンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は、A級グリーンズボロ・グラスホッパーズで125試合に出場し、打率.293・39本塁打・97打点・OPS.993を記録。ただ「この成績は球場の狭さに助けられてのもの、翌年以降は続かない」という声があり、それがスタントンの耳にも入っていた。その一方でシーズン途中には、7月終了時点で58勝51敗のナ・リーグ東地区3位につけていたマーリンズが、ポストシーズン進出のためにボストン・レッドソックスからトレードでマニー・ラミレスを獲得しようとしたが、交換要員にスタントンを要求され拒否、結局トレードが実現しなかったということも起こっている。ジャンカルロ・スタントン フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    規律が厳しい事でも知られている。長髪、無精ひげは厳禁である(整えられた口ひげは認められている。例:ランディ・ジョンソン、デビッド・ウェルズなど)。そのため、マニー・ラミレス(ロサンゼルス・ドジャース)がシーズン中にトレードを志願した際にもヤンキースはその自由奔放で規律とは無縁のキャラクターを考慮し獲得に動かなかった。ジェイソン・ジアンビ、ジョニー・デイモン、ブライアン・マッキャンらも、ヤンキース入りに際しては、トレードマークだった長髪を短く整え、髭を剃った。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ有

    ダルビッシュ有から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック (WBC) の日本代表に選出された。同大会では松坂大輔、岩隈とともに先発3本柱として代表監督の原辰徳から指名される。3月5日、日本代表の初戦である中国戦に先発投手として出場し、4回を無安打無失点に抑え勝利投手となる。また、3月18日の対韓国戦でも先発投手として出場するも、この試合では初回に失策も絡み3失点を喫し、5回7奪三振3失点(自責点2)で敗戦投手となる。3月23日の準決勝、3月24日の決勝では先発を松坂、岩隈に譲り、いずれの試合も抑え投手として出場し、決勝では勝利投手となった。この試合では球速100mph(約161km/h)を計時し、現地の放送では108mph(約174km/h)も計時されたが、こちらは球場内の電光掲示板では表示されず誤計測と見られた。大会通算で13回を投げ、2勝1敗、防御率2.08、大会最多の20奪三振、WHIP1.00の記録を残し、マニー・ラミレスやケン・グリフィー・ジュニアらといったMLBの強打者からの賞賛も浴びた。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • ドーピング

    ドーピングから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    MLBのタンパベイ・レイズに所属するマニー・ラミレスは2009年5月7日にドーピング検査でステロイドの副作用を消す禁止薬物のヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の陽性反応を示したとして50試合の出場停止処分を科された。4月8日に2度目のドーピング違反が発覚し、100試合出場停止処分を受け入れる事を拒否して現役引退を表明した。ドーピング フレッシュアイペディアより)

  • 駒田徳広

    駒田徳広から見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2016年、総監督の江本孟紀からの要請で、独立リーグ・四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス監督に就任。前期は最下位だったが、後期は13期ぶりに勝率5割を越え、3位(2位の香川オリーブガイナーズと同勝率、直接対決の成績により順位決定)に浮上させ、4期ぶりに最下位を脱した。初年度終了後、チームを率いた感想を「選手を指導してみて歯がゆい部分もあり、正直『このまま指導しても無理かな』という気持ちもあった。でも、後期は一歩引いて見ていると、楽しくなった」と述べている。2017年、前期は超大物の元メジャー・リーガー、マニー・ラミレスの加入などもあり、序盤から首位を快走するも、後半に失速。2位に終わる。駒田徳広 フレッシュアイペディアより)

  • 富邦ガーディアンズ

    富邦ガーディアンズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2013年前期シーズン、マニー・ラミレスの加入で、台湾プロ野球の観客動員数が大幅に増加し(前期シーズン終了前の6月後半にラミレスは退団)、優勝した。しかし2013年台湾シリーズでは後期シーズン優勝の統一セブンイレブン・ライオンズに4連敗で敗退、前期優勝ということで出場した台湾での2013年のアジアシリーズでも東北楽天ゴールデンイーグルス、キャンベラ・キャバルリーに連敗し予選リーグで敗退した。富邦ガーディアンズ フレッシュアイペディアより)

75件中 61 - 70件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード