前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示
  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たアレックス・ロドリゲス

    FAの超目玉であるラミレスが示した希望額は8年1億6000万ドルという破格の金額であった。また、長くプレーしたいと思っていたラミレスは、将来的にDHになることを考えていたためア・リーグのチームを希望していた。これに対しヤンキースを始め複数の球団が獲得の意思を示したが、最終的には、ラミレス自身がプレーしたいインディアンスと、ラミレスの希望額の満額を唯一提示したレッドソックスに絞られた。インディアンスは球団の方針として、一人の選手に対してチームの合計サラリーの29%を超える年俸は支払わないことを決めていた為その範囲で支払える満額をオファーしていたが、ラミレスの希望額には及んでいなかった。結局、悩みぬいた末にラミレスはレッドソックスを選択、会見でレッドソックスのユニフォームに袖を通すと「ヤンキースが勝つのはもう見飽きた」とコメントし、打倒ヤンキースを誓う。これ程のラミレスの契約はアレックス・ロドリゲスの10年2億5200万ドルに次ぐ大型契約であった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たバーニー・ウィリアムス

    プレーオフではワールドシリーズ優勝までの全14試合に出場して46打数16安打、打率.348、16打点、4本塁打を記録。最終戦を除く全試合に出塁し、出塁率は.508であった。地区シリーズ第2戦で劇的なサヨナラ3ラン。古巣インディアンスを相手にしたリーグ優勝決定戦では、初戦でオルティーズとあわせて全10打席で出塁。ワールドシリーズ終盤はやや失速したが、3年ぶりの世界制覇に大きく貢献した。このシリーズでバーニー・ウィリアムスの持つ22本を超えて単独トップとなる24本塁打、リーグ優勝決定戦第5戦までに記録した15試合連続安打(ピート・ローズと並ぶ歴代最多タイ)、1ポストシーズン最多の3押し出し四球など、多くのポストシーズン記録に名を連ねた。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たジェイソン・ベイ

    前半はまずまずの成績を残し、5月31日のオリオールズ戦では史上24人目となる500HRを放ったほか、オールスターにもファン投票で選出された。しかし6月5日のレイズ戦にはベンチでユーキリスと小競り合いを起こし、同月末にはチケットの手配を巡って球団職員に暴行したと報じられるなど(後に謝罪)トラブルが続いた。7月に入ると表立って球団批判を繰り返し、自らの放出を容認するなどヒートアップ、トレードは必至と見られ、マーリンズが有力な移籍先として報じられた。ところがトレード期限間際の7月31日になって、パイレーツを加えた三角トレードでドジャースへの電撃移籍が発表された。このトレードではレッドソックスはパイレーツからジェイソン・ベイを、パイレーツはレッドソックス、ドジャースから若手選手4人を獲得した。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たマリアノ・リベラ

    レッドソックスへと移籍したラミレスのオープン戦での成績は打率.138、本塁打は1本と不振だったが、レギュラーシーズンに入ると、開幕戦からヒットを放った。また、本拠地フェンウェイ・パーク初打席では、初球を打ち、3ランホームランとした。移籍後初のヤンキース戦では延長10回にマリアノ・リベラから2点タイムリーを放つなど、4月は打率.408、9HR、31打点の活躍で月間MVPを獲得する。優勝、個人タイトルは逃したものの、ノマー・ガルシアパーラら主力のケガ人が相次いだレッドソックス打線を引っ張り、MVP投票では9位にランクされた。また、シーズン前、伝統のレフトかDHかと話題になったポジションは、55試合でレフト、それ以外は主にDHであった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たノマー・ガルシアパーラ

    レッドソックスへと移籍したラミレスのオープン戦での成績は打率.138、本塁打は1本と不振だったが、レギュラーシーズンに入ると、開幕戦からヒットを放った。また、本拠地フェンウェイ・パーク初打席では、初球を打ち、3ランホームランとした。移籍後初のヤンキース戦では延長10回にマリアノ・リベラから2点タイムリーを放つなど、4月は打率.408、9HR、31打点の活躍で月間MVPを獲得する。優勝、個人タイトルは逃したものの、ノマー・ガルシアパーラら主力のケガ人が相次いだレッドソックス打線を引っ張り、MVP投票では9位にランクされた。また、シーズン前、伝統のレフトかDHかと話題になったポジションは、55試合でレフト、それ以外は主にDHであった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た松坂大輔

    前年に引き続き主に4番打者として出場したが、3番オルティーズが54本塁打、長打率.636という成績だったこと、また5番にそれほどの打者がいなかったことで、彼の打席はオルティーズの一発で走者がいないか、走者がいても一塁が空いていれば四球で歩かされることが多く、彼にしては打点数が伸びず、一方で出塁率はトラビス・ハフナーと並ぶメジャートップの.439、四死球も少ない出場試合数で自己最多の100に上った。オフにはやはりトレード騒動が持ち上がった。チームが松坂大輔取得にあたって要する多額の資金を、ラミレス放出で埋め合わせするのではないかとの憶測のもと、ドジャースやジャイアンツなど具体的な球団名とともに盛んに報道されたが、12月に入り、結局残留の方向で落ち着いた。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たロジャー・クレメンス

    は43本塁打で初のア・リーグ本塁打王となり、打率・打点・本塁打の打撃主要3部門全てを獲得した打者となる。30本塁打・100打点以上は7年連続(この7年では他にアレックス・ロドリゲスだけ)。満塁弾も2本放っており通算17本は歴代5位、当時の現役ではロビン・ベンチュラに次ぐ2位。7度目のシルバースラッガー賞受賞、MVP投票では3位、8度目のオールスターではロジャー・クレメンスから2ランアーチを放っている。また、同僚のオルティーズとは、ア・リーグでは1931年のベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグのペア以来となる、共に3割・40本塁打・100打点を記録したペアとなり、大リーグ史上初の、共に40本塁打・40二塁打を記録したペアとなった。この年、米国籍も取得している。プレーオフでは全14試合に出場し60打数21安打、打率.350、2本塁打、11打点を記録。自身3度目となるワールドシリーズでは17打数7安打、打率.412、1本塁打、4打点と活躍。第3戦ではジム・エドモンズの飛球を捕るとすかさず本塁へダイレクト送球、見事にラリー・ウォーカーをしとめるファインプレーなどでチーム86年ぶりの世界制覇に大きく貢献し、ワールドシリーズMVPに選出されている。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たルー・ゲーリッグ

    は43本塁打で初のア・リーグ本塁打王となり、打率・打点・本塁打の打撃主要3部門全てを獲得した打者となる。30本塁打・100打点以上は7年連続(この7年では他にアレックス・ロドリゲスだけ)。満塁弾も2本放っており通算17本は歴代5位、当時の現役ではロビン・ベンチュラに次ぐ2位。7度目のシルバースラッガー賞受賞、MVP投票では3位、8度目のオールスターではロジャー・クレメンスから2ランアーチを放っている。また、同僚のオルティーズとは、ア・リーグでは1931年のベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグのペア以来となる、共に3割・40本塁打・100打点を記録したペアとなり、大リーグ史上初の、共に40本塁打・40二塁打を記録したペアとなった。この年、米国籍も取得している。プレーオフでは全14試合に出場し60打数21安打、打率.350、2本塁打、11打点を記録。自身3度目となるワールドシリーズでは17打数7安打、打率.412、1本塁打、4打点と活躍。第3戦ではジム・エドモンズの飛球を捕るとすかさず本塁へダイレクト送球、見事にラリー・ウォーカーをしとめるファインプレーなどでチーム86年ぶりの世界制覇に大きく貢献し、ワールドシリーズMVPに選出されている。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たシルバースラッガー賞

    にインディアンスの外野の定位置を確保(右翼)し137試合に出場。5月には打率.394、11本塁打、27打点、8二塁打の成績で初の月間MVPを獲得。8月4日のホワイトソックス戦では自身初の満塁本塁打を記録。また、監督推薦による初のオールスター出場を果たし、チームのワールドシリーズ進出にも貢献した(自身初のワールドシリーズでは本塁打も記録したが、ブレーブスに2勝4敗で敗退)。レギュラー・シーズンの成績は打率.308、31HR、107打点でシルバースラッガー賞を初受賞。因みに、23歳以下で30本塁打・100打点を記録した選手は大リーグ史上25人目(チーム史上2人目)、アルバート・ベルと共に放った本塁打の合計81本はコンビ合計本塁打のチーム歴代新記録である。また、チームと2000年シーズンまで4年の延長契約を結んでいる。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たロサンゼルス・ドジャース

    前年に引き続き主に4番打者として出場したが、3番オルティーズが54本塁打、長打率.636という成績だったこと、また5番にそれほどの打者がいなかったことで、彼の打席はオルティーズの一発で走者がいないか、走者がいても一塁が空いていれば四球で歩かされることが多く、彼にしては打点数が伸びず、一方で出塁率はトラビス・ハフナーと並ぶメジャートップの.439、四死球も少ない出場試合数で自己最多の100に上った。オフにはやはりトレード騒動が持ち上がった。チームが松坂大輔取得にあたって要する多額の資金を、ラミレス放出で埋め合わせするのではないかとの憶測のもと、ドジャースやジャイアンツなど具体的な球団名とともに盛んに報道されたが、12月に入り、結局残留の方向で落ち着いた。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード