102件中 31 - 40件表示
  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たトロット・ニクソン

    、打率は1厘差でア・リーグ2位、本塁打は7位で185安打も自己ベスト。5年連続6度目のシルバースラッガー賞を受賞、MVP投票でも6位につける。オールスターにも先発出場を果たした。この年、チームメイトのデビッド・オルティーズ、トロット・ニクソンとはそれぞれ9回ずつアベックアーチを記録しており、年間の回数ではチーム歴代5位タイである。シーズンオフ、球団にアレックス・ロドリゲスとのトレードの動きがあったが成立寸前に破談となった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たデビッド・オルティーズ

    、打率は1厘差でア・リーグ2位、本塁打は7位で185安打も自己ベスト。5年連続6度目のシルバースラッガー賞を受賞、MVP投票でも6位につける。オールスターにも先発出場を果たした。この年、チームメイトのデビッド・オルティーズ、トロット・ニクソンとはそれぞれ9回ずつアベックアーチを記録しており、年間の回数ではチーム歴代5位タイである。シーズンオフ、球団にアレックス・ロドリゲスとのトレードの動きがあったが成立寸前に破談となった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たウォルター・オルストン

    2008年7月31日にパイレーツを加えた三角トレードでドジャースへの電撃移籍が発表された。このトレードではレッドソックスはパイレーツからジェイソン・ベイを、パイレーツはレッドソックス、ドジャースから若手選手4人を獲得した。それまでつけていた背番号24はドジャースではウォルター・オルストンの永久欠番となっており、フェルナンド・バレンズエラ以降着用者がいなかった34で一度合意したが、最終的には99となった。またレッドソックス時代のトレードマークだったドレッドロックスは監督のジョー・トーリとの会談で切ることになった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たピート・ローズ

    プレーオフではワールドシリーズ優勝までの全14試合に出場して46打数16安打、打率.348、16打点、4本塁打を記録。最終戦を除く全試合に出塁し、出塁率は.508であった。地区シリーズ第2戦で劇的なサヨナラ3ラン。古巣インディアンスを相手にしたリーグ優勝決定戦では、初戦でオルティーズとあわせて全10打席で出塁。ワールドシリーズ終盤はやや失速したが、3年ぶりの世界制覇に大きく貢献した。このシリーズでバーニー・ウィリアムスの持つ22本を超えて単独トップとなる24本塁打(最終的に29本まで伸ばし、ギネス世界記録に認定)、リーグ優勝決定戦第5戦までに記録した15試合連続安打(ピート・ローズと並ぶ歴代最多タイ)、1ポストシーズン最多の3押し出し四球など、多くのポストシーズン記録に名を連ねた。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たスコット・ボラス

    シーズン終了後FAになったラミレスは代理人のスコット・ボラスと共に6年契約を要求したが、36歳の高齢や、金融危機が影響でラミレスとの高額契約に手を上げる球団は少なく、所属していたドジャースとの交渉が主だった。契約交渉は難航し、キャンプイン後も所属球団が決まらなかったが、ドジャースに2年4500万ドルで残留が決まった(2年目の契約にはラミレス側に選択権がある)。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たフェルナンド・バレンズエラ

    2008年7月31日にパイレーツを加えた三角トレードでドジャースへの電撃移籍が発表された。このトレードではレッドソックスはパイレーツからジェイソン・ベイを、パイレーツはレッドソックス、ドジャースから若手選手4人を獲得した。それまでつけていた背番号24はドジャースではウォルター・オルストンの永久欠番となっており、フェルナンド・バレンズエラ以降着用者がいなかった34で一度合意したが、最終的には99となった。またレッドソックス時代のトレードマークだったドレッドロックスは監督のジョー・トーリとの会談で切ることになった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た駒田徳広

    シーズン終了後の10月の時点で高知球団社長の梶田宙は「今のところ交渉はしていない」とし、監督の駒田徳広も「まずは本人が現役を続けるかが先」と述べていた。リーグや球団から正式な退団告知はなされていないが、2018年3月29日に発表された同年シーズンの選手登録には含まれておらず、事実上高知を退団した形となっている。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    4月9日のデビルレイズ戦で通算200号本塁打を放つも5月にメジャー昇格後、初めて故障者リストに入る。39試合ぶりの復帰からシーズン終了までに71試合で打率.371、25本塁打、75打点と活躍するが、彼の長期離脱はチームに大きく影響しインディアンスはポストシーズン進出を逃してしまう。自身は6月18日のアストロズ戦で通算1,000本安打、8月15日から9月5日まで自己最高となる20試合連続安打を記録。4度目となるオールスターにファン投票により選出されている。また、この年のオフにFAとなるラミレスの動向はシーズン前から注目されており、彼のシーズン最後の打席では地元ファンによる残留を求める熱烈な声援が送られた。彼はこの打席で特大の本塁打を放つが、結局これがインディアンスでの最後の打席となる。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たオークランド・アスレチックス

    2月20日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約で合意した事が発表された。6月15日に契約を破棄するよう球団に申し出て退団した。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た成田空港

    3月7日に成田空港経由で高知入りし、成田空港では周囲に人が集まって警備員が注意する一幕もあった。3月9日に高知市内で記者会見を開き、情熱がある限り野球を続けたい、NPB入りも視野に入れていると述べた。球団関係者から、登録名が「マニー」になること、4番・指名打者で起用する方針であることも明らかにされた。契約内容については球団側は当初非公表としていたが、4月20日になって契約期間が(NPBへの今季の移籍期限となる)7月31日までであること、リーグの公式戦に出場するのは前期日程が終了する5月までであることを明らかにした。球団では8月以降の契約については引き続き交渉中としていた。前期は18試合に出場、打率.460、3本塁打、20打点の成績を残した。前期最終戦後の会見では、高知と契約を更新するかどうかはアメリカへの帰国後に家族と相談して決めると述べた。7月7日、後期も高知でプレーすることが発表された。契約は9月末までで、チームがリーグ優勝してグランドチャンピオンシップに出場する場合は別途契約交渉をおこなうとされていた。しかし、後期途中の8月17日に「右膝の治療」を理由として帰国したマニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード