89件中 31 - 40件表示
  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たピート・ローズ

    プレーオフではワールドシリーズ優勝までの全14試合に出場して46打数16安打、打率.348、16打点、4本塁打を記録。最終戦を除く全試合に出塁し、出塁率は.508であった。地区シリーズ第2戦で劇的なサヨナラ3ラン。古巣インディアンスを相手にしたリーグ優勝決定戦では、初戦でオルティーズとあわせて全10打席で出塁。ワールドシリーズ終盤はやや失速したが、3年ぶりの世界制覇に大きく貢献した。このシリーズでバーニー・ウィリアムスの持つ22本を超えて単独トップとなる24本塁打、リーグ優勝決定戦第5戦までに記録した15試合連続安打(ピート・ローズと並ぶ歴代最多タイ)、1ポストシーズン最多の3押し出し四球など、多くのポストシーズン記録に名を連ねた。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たスコット・ボラス

    シーズン終了後FAになったラミレスは代理人のスコット・ボラスと共に6年契約を要求したが、36歳の高齢や、金融危機が影響でラミレスとの高額契約に手を上げる球団は少なく、所属していたドジャースとの交渉が主だった。契約交渉は難航し、キャンプイン後も所属球団が決まらなかったが、ドジャースに2年4500万ドルで残留が決まった(2年目の契約にはラミレス側に選択権がある)。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たフェルナンド・バレンズエラ

    それまでつけていた背番号24はドジャースではウォルター・オルストンの永久欠番となっており、フェルナンド・バレンズエラ以降着用者がいなかった34で一度合意したが、最終的には99となった。またレッドソックス時代のトレードマークだったドレッドロックスは監督のジョー・トーリとの会談で切ることになった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    4月9日デビルレイズ戦で通算200号本塁打を放つも5月にメジャー昇格後、初めて故障者リストに入る。39試合ぶりの復帰からシーズン終了までに71試合で打率.371、25本塁打、75打点と活躍するが、彼の長期離脱はチームに大きく影響しインディアンスはポストシーズン進出を逃してしまう。自身は6月18日アストロズ戦で通算1,000本安打、8月15日から9月5日まで自己最高となる20試合連続安打を記録。4度目となるオールスターにファン投票により選出されている。また、この年のオフにFAとなるラミレスの動向はシーズン前から注目されており、彼のシーズン最後の打席では地元ファンによる残留を求める熱烈な声援が送られた。彼はこの打席で特大の本塁打を放つが、結局これがインディアンスでの最後の打席となる。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たオークランド・アスレチックス

    2012年2月20日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約で合意したと発表した。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たアトランタ・ブレーブス

    にインディアンスの外野の定位置を確保(右翼)し137試合に出場。5月には打率.394、11本塁打、27打点、8二塁打の成績で初の月間MVPを獲得。8月4日のホワイトソックス戦では自身初の満塁本塁打を記録。また、監督推薦による初のオールスター出場を果たし、チームのワールドシリーズ進出にも貢献した(自身初のワールドシリーズでは本塁打も記録したが、ブレーブスに2勝4敗で敗退)。レギュラー・シーズンの成績は打率.308、31HR、107打点でシルバースラッガー賞を初受賞。因みに、23歳以下で30本塁打・100打点を記録した選手は大リーグ史上25人目(チーム史上2人目)、アルバート・ベルと共に放った本塁打の合計81本はコンビ合計本塁打のチーム歴代新記録である。また、チームと2000年シーズンまで4年の延長契約を結んでいる。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たクリーブランド・インディアンス

    6月のドラフトでクリーブランド・インディアンスに1位(全米13位)指名を受け契約金25万ドルで入団。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たボストン・レッドソックス

    FAの超目玉であるラミレスが示した希望額は8年1億6000万ドルという破格の金額であった。また、長くプレーしたいと思っていたラミレスは、将来的にDHになることを考えていたためア・リーグのチームを希望していた。これに対しヤンキースを始め複数の球団が獲得の意思を示したが、最終的には、ラミレス自身がプレーしたいインディアンスと、ラミレスの希望額の満額を唯一提示したレッドソックスに絞られた。インディアンスは球団の方針として、一人の選手に対してチームの合計サラリーの29%を超える年俸は支払わないことを決めていた為その範囲で支払える満額をオファーしていたが、ラミレスの希望額には及んでいなかった。結局、悩みぬいた末にラミレスはレッドソックスを選択、会見でレッドソックスのユニフォームに袖を通すと「ヤンキースが勝つのはもう見飽きた」とコメントし、打倒ヤンキースを誓う。これ程のラミレスの契約はアレックス・ロドリゲスの10年2億5200万ドルに次ぐ大型契約であった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た安打

    翌日のツインズ戦でメジャー初出場を果たす。デビュー戦の成績は4打数無安打に終わるが、翌日のヤンキース戦ではメジャー初安打に加えメジャー初本塁打も記録する。この日は4打数3安打、二塁打1・本塁打2・打点3・得点3であった。この年のメジャーでの出場は22試合、打率.170、2HR、5打点を記録。この年のマイナーリーグ・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たインターネットオークション

    2008年には小児病院の運営資金を集めるチャリティに協力するため、所有していた1967年製のリンカーン (自動車)をインターネットオークションで売却した。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

89件中 31 - 40件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード