102件中 71 - 80件表示
  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たアメリカンリーグ

    にメジャーに定着し、安打数、二塁打、本塁打、打点など、ほとんどの打撃カテゴリーでア・リーグの新人中2位の成績をあげ、ア・リーグ新人王投票でも2位となる。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たポストシーズン

    4月9日のデビルレイズ戦で通算200号本塁打を放つも5月にメジャー昇格後、初めて故障者リストに入る。39試合ぶりの復帰からシーズン終了までに71試合で打率.371、25本塁打、75打点と活躍するが、彼の長期離脱はチームに大きく影響しインディアンスはポストシーズン進出を逃してしまう。自身は6月18日のアストロズ戦で通算1,000本安打、8月15日から9月5日まで自己最高となる20試合連続安打を記録。4度目となるオールスターにファン投票により選出されている。また、この年のオフにFAとなるラミレスの動向はシーズン前から注目されており、彼のシーズン最後の打席では地元ファンによる残留を求める熱烈な声援が送られた。彼はこの打席で特大の本塁打を放つが、結局これがインディアンスでの最後の打席となる。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たヒト絨毛性ゴナドトロピン

    5月7日にはドーピング検査でアナボリックステロイドの副作用を消す禁止薬物のヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の陽性反応を示したとして50試合の出場停止処分を科された。同年7月30日にはニューヨーク・タイムズ紙によって、2003年のドーピング検査でもデビッド・オルティーズと共にステロイドに陽性反応を示していたと報じられた 。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たニューヨーク・タイムズ

    5月7日にはドーピング検査でアナボリックステロイドの副作用を消す禁止薬物のヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の陽性反応を示したとして50試合の出場停止処分を科された。同年7月30日にはニューヨーク・タイムズ紙によって、2003年のドーピング検査でもデビッド・オルティーズと共にステロイドに陽性反応を示していたと報じられた 。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た補殺

    はア・リーグトップタイとなる年間3本の満塁本塁打を記録。また、ア・リーグ最多となる19の外野補殺を記録。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)

    3月7日に成田空港経由で高知入りし、成田空港では周囲に人が集まって警備員が注意する一幕もあった。3月9日に高知市内で記者会見を開き、情熱がある限り野球を続けたい、NPB入りも視野に入れていると述べた。球団関係者から、登録名が「マニー」になること、4番・指名打者で起用する方針であることも明らかにされた。契約内容については球団側は当初非公表としていたが、4月20日になって契約期間が(NPBへの今季の移籍期限となる)7月31日までであること、リーグの公式戦に出場するのは前期日程が終了する5月までであることを明らかにした。球団では8月以降の契約については引き続き交渉中としていた。前期は18試合に出場、打率.460、3本塁打、20打点の成績を残した。前期最終戦後の会見では、高知と契約を更新するかどうかはアメリカへの帰国後に家族と相談して決めると述べた。7月7日、後期も高知でプレーすることが発表された。契約は9月末までで、チームがリーグ優勝してグランドチャンピオンシップに出場する場合は別途契約交渉をおこなうとされていた。しかし、後期途中の8月17日に「右膝の治療」を理由として帰国したマニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たサントドミンゴ

    マヌエル・アリスティデス・ラミレス・オネルシーダ(Manuel Arístides "Manny" Ramírez Onelcida, 1972年5月30日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手(外野手、指名打者)、野球指導者。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た四国アイランドリーグplus

    2016年12月、日本の独立リーグである四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスへの入団を検討していると日本のスポーツ紙で報じられた。この報道に対して高知球団側はその時点ではラミレス側と直接の接触を取っている状態ではなく、具体的な話には至っていないとしていた。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た左翼手

    にレッドソックスへと移籍したラミレスのオープン戦での成績は打率.138、本塁打は1本と不振だったが、レギュラーシーズンに入ると、開幕戦からヒットを放った。また、本拠地フェンウェイ・パーク初打席では、初球を打ち、3ランホームランとした。移籍後初のヤンキース戦では延長10回にマリアノ・リベラから2点タイムリーを放つなど、4月は打率.408、9HR、31打点の活躍で月間MVPを獲得する。優勝、個人タイトルは逃したものの、ノマー・ガルシアパーラら主力のケガ人が相次いだレッドソックス打線を引っ張り、MVP投票では9位にランクされた。また、シーズン前、伝統のレフトかDHかと話題になったポジションは、55試合でレフト、それ以外は主にDHであった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見た最高出塁率

    最高出塁率 3回:2002年、2003年、2006年マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード