前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
226件中 1 - 10件表示
  • 鳴海製陶

    鳴海製陶から見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    名古屋製陶所の鳴海工場をもとに、住友金属工業の鳴海製陶所として1946年に発足した。1950年に独立して子会社となり、食器を手掛けるとともに1958年からは工業用セラミックスも製造している。1991年に電子セラミックス部門を分社し、2006年には経営陣によるマネジメント・バイ・アウトを行って住友グループから離脱した。鳴海製陶 フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    ポッカコーポレーションは1980年代から東証第1部と名証第1部に上場していた(名証は1985年6月17日に、東証は1988年4月にそれぞれ上場、証券コード:2592)が、2005年(平成17年)12月5日にマネジメント・バイアウト(MBO)の一環としてアドバンテッジパートナーズの関連会社であるアドバンテッジホールディングスの完全子会社となり、株式を非公開化(上場廃止)した。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • サイバーグラフィックス

    サイバーグラフィックスから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2003年(平成15年)にMBOにより再独立、「オリエンタル」は現在も同社のブランド名であり登録商標である。イルフォード・フォト製品、ケントメア製品等の日本での総代理店である。サイバーグラフィックス フレッシュアイペディアより)

  • スタイリングライフグループ

    スタイリングライフグループから見たMEBOマネジメント・バイアウト

    独立の方法は、日興コーディアルグループの日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社主導で、リテール事業会社の経営者と従業員による買収(MEBO、management employee buy-out)という形で行われる。具体的には、リテール事業を統括する持株会社を設立し、その株式の51%を日興プリンシパル・インベストメンツに売却。売却額は約550億円になる見込み。ソニーは、当初は49%の株式を保有するものの、順次出資比率を下げる。日興プリンシパル・インベストメンツは、取得した株式の一部をリテール事業群の経営陣、従業員及び従業員持株会に譲渡するとともに、株式上場後に残りの株式を売却することで利益を得る。スタイリングライフグループ フレッシュアイペディアより)

  • スタイリングライフグループ

    スタイリングライフグループから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    ソニーグループにおいて、1966年から1979年に創業者の故・盛田昭夫のもとで事業多角化の一環で立ち上げたリテール事業5社(後の会社分割により6社)が、2006年にMEBOによりソニーグループから独立する形で、現在のグループになった(2008年7月現在のソニーの持分比率は23%)。スタイリングライフグループ フレッシュアイペディアより)

  • クラフト (ドラッグストア)

    クラフト (ドラッグストア)から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    1982年に、東京都板橋区で創業。1995年から株式を店頭公開しており、2004年からはジャスダック市場に上場していた。1999年にイオンと提携したことから、主要な株主は森社長(23.9%)、梶会長(当時)(20.9%)、イオン(20.9%)であった。しかし、マネジメント・バイアウト(MBO)のため、クラフトフィナンシャルホールディングス株式会社が株式公開買い付けを行い、今後同社とその親会社であるクラフトホールディングス株式会社両社の完全子会社となる。同社には、イオン株式会社が20.0%、株式会社ツルハホールディングスが2.7%出資し、引き続きハピコムに属する。クラフト (ドラッグストア) フレッシュアイペディアより)

  • レイランド (自動車)

    レイランド (自動車)から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    バス事業はマネジメント・バイアウトによりレイランド・バスとなり、1988年ボルボ・バスに買収された。多くのレイランド・バス製品群はその時点で生産中止となり、ボルボ・バスがレイランド・バス市場を会社ごと購入した形となった。ボルボ・バスレイランド (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • 石割由紀人

    石割由紀人から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    中小企業のM&A戦略 MBOを利用した事業承継手法(税理士新聞2003年7月15日発行:NP通信社)石割由紀人 フレッシュアイペディアより)

  • フェランティ

    フェランティから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトで存続し、アビオニクス、軍事用電子機器、電力システムなどを専門としていた。2007年、Elbit Systems が買収した。フェランティ フレッシュアイペディアより)

  • レックス・ホールディングス

    レックス・ホールディングスから見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    外食産業の競争激化と会社急成長に伴う不振から事業再構築を図るべく、2006年11月10日に代表取締役社長西山知義がアドバンテッジ パートナーズLLPをパートナーとするマネジメント・バイ・アウト(MBO)を実施し、非上場化することを発表。アドバンテッジパートナーズが設立して運営主体となる、投資事業有限責任組合アドバンテッジパートナーズ エム・ビー・アイ ファンド三号が、新たに株式会社AP8を設立。このAP8を公開買付者とする株式公開買い付け(TOB)を、2006年11月11日から12月12日まで実施して、決済開始日の12月19日に当時の筆頭株主だった有限会社エタニティーインターナショナル(当時の代表者・西山知義夫人・西山和枝、当時の所在地は西山知義の住所と同一)保有の株式16.74%のうち0.29%、当時の第2位の株主だった西山知義保有の株式12.97%すべてを含む、同社株式75.43%をAP8が取得して、筆頭株主となった。さらに、AP8が有限会社エタニティーインターナショナルの全株式を取得してエタニティーインターナショナルの完全親会社となったため、AP8は間接保有を含めてレックス・ホールディングスの株式91.78%を保有するに至る。レックス・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
226件中 1 - 10件表示

「マネジメント・バイアウト」のニューストピックワード