312件中 51 - 60件表示
  • エイブル&パートナーズ

    エイブル&パートナーズから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2012年6月6日 - 代表取締役会長が全株式を保有する株式会社ACコーポレーションが、株式公開買付けを実施した結果、代表取締役会長保有株式を合算した議決権比率で約95%の株式を取得(マネジメント・バイアウト)。エイブル&パートナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 木村育生

    木村育生から見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    2010年、インボイスのMBOを機に全役職を退任し、自らの資産を運用する目的でイコールパートナーズ株式会社を設立した。木村育生 フレッシュアイペディアより)

  • プリマジェスト

    プリマジェストから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2002年11月 - マネジメント・バイアウト(MBO)により、米国バンクテック社から独立。プリマジェスト フレッシュアイペディアより)

  • マネーの拳

    マネーの拳から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    元々はケンが最初に雇ったホームレス10人の中の一人で、T-BOXの立ち上げまでの過程ではケンの片腕として活躍し、専務取締役となるが会社が大きくなるにつれ自分の居場所がなくなってきたことを感じ、一時自社の一部門をマネジメント・バイアウト(MBO)の形で買い取り独立しようとする。しかし行動を共にしてくれると当てにしていた八重子が態度を翻し残留を決めたため計画は頓挫する。マネーの拳 フレッシュアイペディアより)

  • アテナ工業

    アテナ工業から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2012年12月 - マネジメント・バイアウトによりジャスダック上場廃止アテナ工業 フレッシュアイペディアより)

  • CCRE

    CCREから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2005年8月にTSUTAYAの運営で知られるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のコンテンツ企画グループの従業員が独立する形で、CCCから友好的MBOと事業譲渡を行い、CCRエンタテインメント株式会社として創業。同部門が行ってきたDVDビデオソフトの企画・発売や映画制作への出資・ライツ事業などを継承するとともに、出版業への参入など事業拡大を図ってきた。CCRE フレッシュアイペディアより)

  • 野田スクリーン

    野田スクリーンから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2013年(平成25年)には、野田スクリーンの創業者が代表を務める株式会社TNCが行ったTOB (MBO) が成立したため、上場廃止した。野田スクリーン フレッシュアイペディアより)

  • コーコス信岡

    コーコス信岡から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2015年 - マネジメント・バイアウトにより上場廃止。コーコス信岡 フレッシュアイペディアより)

  • スターホールディングス

    スターホールディングスから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2015年(平成27年) 2月 - マネジメント・バイアウトの実施を発表。スターホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • アムダール

    アムダールから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    歴史的に、富士通/アムダールの決断が正しかったかどうかは不明瞭である。他のサーバプラットフォームとの激しい競争にも拘らず、IBMの zSeries はLinuxの利用やインターネットの成長に伴うトランザクションの増加に対応するシステム(CICS、IMS、DB2などのサブシステム)として、2009年現在でも採用され続けている。zSeries は価格が低下しているにも関わらず販売金額が増え続けているのである。2005年終盤、富士通はEDS社との提携を発表し、PRIMEQUEST を日本以外で販売すると発表した。これはIBMのメインフレームとは全く互換性はない。同じころアムダールは ObjectStar というソフトウェアを開発したが、マネジメント・バイアウトで独立され、最終的にソフトウェア企業であるがObjectStarを取得した。アムダール フレッシュアイペディアより)

312件中 51 - 60件表示

「マネジメント・バイアウト」のニューストピックワード