226件中 51 - 60件表示
  • エノテカ

    エノテカから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2011年2月2日 投資会社 ユニゾン・キャピタルと共同でマネジメント・バイアウトを実施。同年8月1日上場廃止。エノテカ フレッシュアイペディアより)

  • 信和

    信和から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2006年 - 関東支店を東京都台東区に移転。ファンドと経営陣によるマネジメント・バイアウト実施。信和 フレッシュアイペディアより)

  • タリーズコーヒージャパン

    タリーズコーヒージャパンから見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    2003年(平成15年)9月に「経営戦略上」の理由からMBOを行って上場廃止をする。これは米TULLY'S COFFEE CORPORATIONが債務超過の状態に陥っていること、また株主等の様々なしがらみから解かれることで、より積極的な経営展開を行いたいという考え方の下で実施された。また、同年から、若年層の認知度を高めるためもあって、コンビニエンスストア向けチルドコーヒーを販売している。タリーズコーヒージャパン フレッシュアイペディアより)

  • ネットマイル

    ネットマイルから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2010年 2月1日 - 創業者の畑野仁一がMBOにより代表取締役に復帰。三井物産は全株式を売却し、連結子会社から外れる。ネットマイル フレッシュアイペディアより)

  • ヘンシェル

    ヘンシェルから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    現在でもヘンシェルの名前を冠する企業が存在する。2003年にKEROがティッセンクルップからミシュテヒニク(Mischtechnik 、混合技術)・ハントハーブンクステヒニク(Handhabungstechnik 、取扱技術?)・アントリープステヒニク(Antriebstechnik 、動力技術)の3部門を買収して独立した企業にした時に、ヘンシェルの名前と星のマークが使われた。ハントハーブンクステヒニク・アントリープステヒニクの部門は2006年に売却されて資本的・法的にも独立した企業となった。ハントハーブンクステヒニクはVFキャピタルにより、アントリープステヒニクはマネジメント・バイアウトにより独立している。ヘンシェル フレッシュアイペディアより)

  • 大東建託

    大東建託から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2007年(平成19年)末より、個人資産管理会社を含めて発行済み株式の約3割を保有する創業者の多田勝美会長が株式を売却し、経営から身を引くことを表明し、全株式を取得して非公開化(マネジメント・バイアウト)も含めた複数の投資ファンドへの売却交渉を行っているとの報道がなされていたが、2008年(平成20年)10月3日、株式相場の大幅下落等のため投資ファンドが資金調達ができなくなり売却中止を発表した。大東建託 フレッシュアイペディアより)

  • キョウデン

    キョウデンから見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    2003年4月 - マネジメント・バイ・アウト(MBO)によりチコマートがグループから離脱(後に破産)。キョウデン フレッシュアイペディアより)

  • リオチェーンホールディングス

    リオチェーンホールディングスから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2009年(平成21年)9月 - 横山卓幸が代表を務める株式会社幸進がMBOの為実施したTOBが成立。リオチェーンホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサルホーム

    ユニバーサルホームから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2009年(平成21年)3月 - マネジメント・バイアウト(MBO)により、上場廃止。ユニバーサルホーム フレッシュアイペディアより)

  • 米久

    米久から見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    一方で傘下の居酒屋チェーンだったチムニーについては、2009年11月に経営陣とカーライル・グループによるマネジメント・バイアウト(MBO)が発表され、これに伴う株式公開買付け(TOB)に応じ保有株を全てカーライル傘下の投資会社に売却したため、現在は資本関係がなくなっている。米久 フレッシュアイペディアより)

226件中 51 - 60件表示

「マネジメント・バイアウト」のニューストピックワード