312件中 61 - 70件表示
  • アサヒセキュリティ

    アサヒセキュリティから見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    2002年2月 - カーライル・グループ等がダイエーグループからのMBOを実施。アサヒセキュリティ フレッシュアイペディアより)

  • ホーンビィ

    ホーンビィから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    1981年、マネジメント・バイアウトによりDCM社から独立し、社名は「ホーンビィ・ホビース」 (Hornby Hobbies Ltd. ) となった。ブランド名は引き続き「ホーンビィ・レールウェイズ」が使用された。1985年頃に、かつてエアフィックスが製造し、エアフィックス倒産後はダポール (Dapol ) で製造されていたいくつかの製品をホーンビィが買い取り、自社製品として販売した。同時期にきかんしゃトーマスに登場する列車の製品化を開始した。1986年、株式を公開した。ホーンビィ フレッシュアイペディアより)

  • ASOジャパン

    ASOジャパンから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2007年9月19日 ‐ 弘乳舎の取締役であった光永久仁子が、弘乳舎の子会社であった株式会社福岡弘乳舎、株式会社北九州弘乳舎、弘乳舎熊本販売株式会社の3社の株式を弘乳舎から買取り、MBOにて独立。ASOジャパン フレッシュアイペディアより)

  • LEOC

    LEOCから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2009年3月、マネジメント・バイアウト(MBO)により、LEOC(初代)が上場廃止。さらに同年9月、LEOC(初代)は新設された「株式会社小野寺事務所」と合併し消滅した。なおグループ組織の形態は、持株会社が小野寺事務所となった以外は従前同様。LEOC フレッシュアイペディアより)

  • MGローバー

    MGローバーから見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    その後ローバー・グループの経営に失敗したBMWは、2000年、グループのうちミニ部門、および商標権としてのトライアンフとライレーを手元に残し、ランドローバー部門をアメリカのフォードに売却した。残りの全ては、元ローバー会長のジョン・タワーズ(John Towers)が中心となって設立したイギリスの投資グループ・フェニックス・コンソーシアム(Phoenix Consortium )に対してマネジメント・バイ・アウト(MBO)により、僅か10ポンド(当時の日本円で約1660円)で売却された。こうして、ブリティッシュ・レイランド時代からの、ローバー、ランドローバー、ミニ、トライアンフなどのブランドは、それぞれ別個の会社の元に分散することとなった。MGローバー フレッシュアイペディアより)

  • インクグロウ

    インクグロウから見たMEBOマネジメント・バイアウト

    2011年 - MEBOによりグループから独立 。インクグロウ株式会社に商号変更。インクグロウ フレッシュアイペディアより)

  • インボイス

    インボイスから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2010年12月2日 - マネジメント・バイアウトおよび東証1部からの上場廃止を発表。インボイス フレッシュアイペディアより)

  • 東山フイルム

    東山フイルムから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    2011年(平成23年)12月21日 - MBOにより上場廃止。東山フイルム フレッシュアイペディアより)

  • 穀物メジャー

    穀物メジャーから見たマネジメント・バイアウトマネジメント・バイアウト

    なお2013年7月には丸紅が米国3位のガビロン(コナグラからMBOにより独立)を買収し傘下に収め、全世界での穀物取扱高ではグループ全体で約5880万トンと、首位のカーギル(約6500万トン)に次ぐ2位に躍り出たため、日本のメディアの中には前述の五大穀物メジャーに丸紅-ガビロン連合を入れるところも出てきている。穀物メジャー フレッシュアイペディアより)

  • 目標による管理

    目標による管理から見たマネジメント・バイ・アウトマネジメント・バイアウト

    略語にすればマネジメント・バイ・アウトと同じだが、これは全く別の言葉。(「バイ」そのものが異なる)目標による管理 フレッシュアイペディアより)

312件中 61 - 70件表示

「マネジメント・バイアウト」のニューストピックワード