187件中 31 - 40件表示
  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た日産自動車

    バンテック - 2000年に日産系列より経営陣により独立、英スリーアイ・グループ傘下へ。その後、セカンドMBOによりみずほキャピタルパートナーズの支援を受ける。東急エアカーゴ株式会社と経営統合、バンテック・グループ・ホールディングスを設立したのち、2007年9月に東京証券取引所上場を果たす。現在は元・事業子会社(バンテック及びバンテックWT)を吸収合併し社名を元に戻す(株式会社バンテック)。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た大京

    ゼネラル - 元大京の傘下にあった会社。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たゼンショー

    あきんどスシロー - 2007年3月にゼンショー傘下に入る。翌年9月24日、ユニゾン系の投資会社2社によって設立したエーエス・ホールディングス(ASHD)によるMBO目的のTOBを開始。2009年度の時点で発行済み株式の約6割半保有していることから、同5月末日をもってASHDに吸収合併される見通し。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た日本コロムビア

    ディーアンドエムホールディングス - 当時の日本コロムビアから音響機器部門が分離独立したデノン社が元フィリップス傘下にあった日本マランツと経営統合して誕生。2008年にベインキャピタルの設立した買収目的会社によるMBOにより非上場化。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たGMOインターネット

    NCローンクレジットホールディングス/ネットカード(旧GMOローンクレジットホールディングス/オリエント信販)- 元GMOグループの一員であり、かつてはユニマットグループの一員でもあった。2000年代初頭のオリエント信販買収(のちGMOネットカードへ社名変更)でクレジットローン事業参入も親会社(当時)であったGMOインターネットが頓挫しローン事業から撤退、経営陣による買収目的の持株会社(SPC)NK3ホールディングスを設立、中間持株会社として設立していたGMOローンクレジットホールディングス(現NCローンクレジットホールディングス)を通じ買収、その子会社となっていた旧GMOネットカードも社名に冠していた"GMO"の名を外し、"ネットカード"として再出発。のち実質買収された両社は簡易合併を経て現在のネットカード(2代目)となる。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た穴吹工務店

    北陸ミサワホーム - 当時、経営再建途上の国内住宅大手・ミサワホームの北陸三県のフランチャイジー。ミサワグループとの関係が薄く(穴吹工務店系の旧穴吹ミサワホームと同様)、さらに設立母体がオーナー一族及びその企業集団(itecグループ)である。2009年5月13日にMBOを発表、主要株主の創業オーナー一族の管理会社とミサワホームは株主にとどまる。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たオオゼキ

    オオゼキ - 代表取締役社長兼会長でもある石原坂氏の資産運用会社「ひまわり」が、全株式取得。上場廃止。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たトヨタ自動車

    テクノエイト - オンキヨーと同じオーナーが経営していた企業でもあった電子部品関係の生産請負会社。後にオンキヨーの完全子会社となったが、オンキヨーの経営方針の見直しや事業集約に伴い、2009年にトヨタ系自動車用鉄鋼製品メーカー・豊田鉄工に全株式を譲渡。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たライブドア

    弥生 - 2003年に米インテュイットより独立。翌年にライブドアが買収。2007年、ライブドアが株式を売却。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たホリプロ

    ホリプロ - 大手芸能事務所。2011年12月16日発表。企業の広告宣伝費の削減などで経営を取り巻く環境が悪化する中、新規事業の立ち上げが必要と判断したことや、上場維持のためのコストが負担になる可能性があることから、非上場とする方針を決めた。創業者で最高顧問である堀威夫氏が経営する会社が公開買い付けで株式を買い取る。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

187件中 31 - 40件表示

「マネジメント・バイアウト」のニューストピックワード