187件中 61 - 70件表示
  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た幻冬舎

    幻冬舎 - 2010年10月29日、出版業界をめぐる環境が厳しさを増し、電子書籍が普及しつつある中、抜本的な構造改革に向けた意思決定を迅速に行うとして、MBOを発表。なお、このMBOにはケイマン諸島の著名な投資会社が深く関与している。同問題に関しては同項を参照。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たオリックス (企業)

    キュービーネット - 2006年に創業者である代表取締役会長の辞任に伴い、オリックスと経営陣が創業者より株式を買収。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た東芝

    東芝タンガロイ(現タンガロイ) - 元東芝系列。2004年に野村プリンシパル・ファイナンスの支援の元、経営陣による株式買収・非公開化計画を発表。2006年に同業大手のOSGが資本参加(2008年に解消)。2008年、米投資会社バークシャー・ハサウェイ傘下のIMC社によって買収された。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たオリエントコーポレーション

    オークネット - 日本ではUSSと並ぶカーオークションネットワークの大手。後に以前、自動車ローンにも参入していたオリコと資本・業務提携。2008年に経営陣によるMBOで非上場化。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た立飛企業

    新立川航空機/立飛企業 - 旧立川飛行機を前身として設立した元航空・防衛関連メーカー。ちなみに事実上の源流は後者(立飛企業)に該当。現在のIHI(旧石川島造船所→石川島重工業→石川島播磨重工業)とは同根にあたるが、戦後以降は祖業だったはずの航空・防衛関連は大幅縮小、のちに不動産賃貸を主力としてきた。新立川はこれに加え航空部品のほか製造ラインナップを徐々に広げ現在に至る。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たディーアンドエムホールディングス

    ディーアンドエムホールディングス - 当時の日本コロムビアから音響機器部門が分離独立したデノン社が元フィリップス傘下にあった日本マランツと経営統合して誕生。2008年にベインキャピタルの設立した買収目的会社によるMBOにより非上場化。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たかわでん

    川崎電気(現かわでん)- すでに倒産していた同社を2004年夏頃にSBIホールディングスの支援を受けて経営陣による株式買収を行う。同11月26日に早期再上場を果たしている。(ジャスダック証券市場上場)マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たピーシーデポコーポレーション

    インタードットネット(日本法人) - 国内インターネットプロバイダの老舗企業・旧リムネット社を買収した元米大手・PSINetグループ(同年に倒産)が米大手・Inter.netに買収されたことによる措置。現在はピーシーデポ社の連結会社・イージェーワークスに事業譲渡している。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見たワークスアプリケーションズ

    ワークスアプリケーションズ - ソフトウエア開発。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

  • マネジメント・バイアウト

    マネジメント・バイアウトから見た楽天

    国内信販(現KCカード) - 2003年に日本信販(現三菱UFJニコス)グループより独立(その後日本産業パートナーズ(みずほキャピタル系)の支援を受ける)。2005年に楽天グループ入りし楽天KCとなるが、2011年に楽天カードとKCカードの2社に分離され、旧国内信販の業務を受け継いだKCカードが事実上の後継会社になる。現在はJトラスト傘下。マネジメント・バイアウト フレッシュアイペディアより)

187件中 61 - 70件表示

「マネジメント・バイアウト」のニューストピックワード