マハムード・アッバス ニュース&Wiki etc.

マフムード・アッバース(、Mahmoud Abbas、通称:アブー・マーゼン、、Abu Mazen、1935年3月26日 - )は、パレスチナの政治家。パレスチナ自治政府大統領(第2代)、パレスチナ解放機構(PLO)執行委員会議長。日本語では、「マフムード」はマハムード、「アッバース」はアッバスとも表記される。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マフムード・アッバース」のつながり調べ

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たマフムード・アッバース

    2009年1月21日、オバマは大統領として迎えたの初めての日でパレスチナ自治政府のマフムード・アッバース、イスラエルのエフード・オルメルト首相、ヨルダンのアブドゥッラー2世国王、とエジプトのホスニー・ムバーラク大統領と話し、 イスラエルに対して彼の政権のパレスチナ問題に対する平和プランについて詳しく説明し、ガザの国境を開放するよう呼びかけた。オバマとクリントン国務長官はコンドリーザ・ライスが過去2年にわたって努力してきた彼女の交渉の後任としてジョージ・ミッチェルを中東問題の特使として、リチャード・ホルブルックをパキスタンへの特別代表として任命した。(バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • マフムド・アッバス

    マフムド・アッバスから見たマフムード・アッバース

    マフムド・アッバス フレッシュアイペディアより)

「マフムード・アッバース」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード