前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • ガザ紛争 (2008年-2009年)

    ガザ紛争 (2008年-2009年)から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ブッシュ大統領の任期切れ間際を背景に本格的な行動をとらないアメリカに比べ、今回の事件で積極的に停戦交渉に動き回っているのがフランスのサルコジ大統領である。サルコジ大統領は2009年1月5日から中東入りし、エジプトのムバラク大統領、パレスチナ自治政府のアッバス議長、イスラエルのオルメルト首相と会談。1月6日には、シリアのアサド大統領、レバノンのシニョーラ首相とも会談している。ガザ紛争 (2008年-2009年) フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    アラファートの死後、アッバースが後継者となった。2005年2月8日、2000年10月以来4年4ヶ月ぶりにシャロン首相は首脳会談に応じた。両者の暴力停止(停戦)が合意されたが、交渉再開は停戦継続を条件としている。現在でも双方の攻撃が完全に収まったわけではなく、困難が予想される。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • マフムド・アッバス

    マフムド・アッバスから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    マフムド・アッバス フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバス

    マフムード・アッバスから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    マフムード・アッバス フレッシュアイペディアより)

  • アブ・ニダル

    アブ・ニダルから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    1974年10月、ユダヤ人のパレスチナ居住権を認めたアラファトの側近、アブー・マーゼンに対して暗殺が試みられた。その後、サイード・ハマミ、イサム・サルタヴィが暗殺された。これらの行動に対して、アブ・ニダルはPLOの欠席裁判で死刑を言い渡された。アブ・ニダル フレッシュアイペディアより)

  • 欧州・地中海パートナーシップ

    欧州・地中海パートナーシップから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ただこの会議に出席した地中海諸国の政府首脳はパレスチナ自治政府大統領マフムード・アッバースとトルコ首相レジェップ・タイイップ・エルドアンだけで、イスラエル、ヨルダン、シリア、レバノン、アルジェリア、モロッコ、チュニジア、エジプトの首脳は出席していなかった欧州・地中海パートナーシップ フレッシュアイペディアより)

  • イスラエルの歴史

    イスラエルの歴史から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    PLO議長ヤーセル・アラファート、フランスで死去。後任にマフムード・アッバース就任イスラエルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナの首相

    パレスチナの首相から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2003年、パレスチナ自治政府の行政改革を巡りアメリカ型の大統領制を思考するヤーセル・アラファートと首相職の導入を主張するマフムード・アッバースが対立。最終的に立法評議会で首相職を設置する基本法(憲法)改正案が成立し、首相職を置くこととなった。パレスチナの首相 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ政府

    ガザ政府から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2007年のガザの戦闘で、ファタハを駆逐してガザ地区の統治権を確立したハマースが、パレスチナ自治政府のマフムード・アッバース大統領による内閣解散の命令を拒否してガザ地区で引き続き内閣を組織した。ガザ政府 フレッシュアイペディアより)

  • アルモーメン・アブドーラ

    アルモーメン・アブドーラから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    アルモーメン・アブドーラ()は、エジプト、カイロ出身のアラビア語通訳、言語研究家。NHK教育テレビのアラビア語会話講師やアルジャジーラテレビの翻訳者を務め、また大東文化大学講師をしている。天皇・皇后の他、アラブ諸国の政治家や大物(パレスチナ解放機構(PLO)のアッバス議長や、イラクのフセイン元大統領の長男など)の通訳を務めた経験がある。アルモーメン・アブドーラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード