前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • ガザ紛争 (2008年-2009年)

    ガザ紛争 (2008年-2009年)から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ブッシュ大統領の任期切れ間近を背景に本格的な行動をとらないアメリカとは対照的に、積極的に停戦交渉に乗り出したのがフランスのニコラ・サルコジ大統領であった。サルコジ大統領は2009年1月5日から中東入りし、エジプトのホスニー・ムバーラク大統領、パレスチナ自治政府のマフムード・アッバース議長、イスラエルのエフード・オルメルト首相と会談。1月6日には、シリアのバッシャール・アル=アサド大統領、レバノンのフアード・シニオラ首相とも会談している。ガザ紛争 (2008年-2009年) フレッシュアイペディアより)

  • ボイコット、投資撤収、制裁

    ボイコット、投資撤収、制裁から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2013年に実施された南アフリカ共和国への訪問において、マフムード・アッバース大統領は「パレスチナ人はイスラエルの(全ての側面に対する)ボイコットについては、支援しない」と発言し、記者やパレスチナ人活動家らを驚かせた。しかしながら、イスラエル入植地の製品に対するボイコットについては支持している。ボイコット、投資撤収、制裁 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト否認

    ホロコースト否認から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ファタハの協同設立者の1人でパレスチナ解放機構の指導者の一人であるマフムード・アッバースはモスクワ東洋大学で1982年に歴史学の博士号を取得したが、学位論文は『ナチスとシオニスト運動の指導者との秘密の関係』と題するものであった。なお、ソ連は1960年代からナチスとシオニスト指導部との秘密の結び付き (:en:Zionology) を主張し、それを押し進めてきていた。彼がその博士論文を基に1983年に書いた『もう一つの顔: ナチスとシオニスト運動との秘密の関係』 では次のように述べられている。ホロコースト否認 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    アラファートの死後、アッバースが後継者となった。2005年2月8日、2000年10月以来4年4ヶ月ぶりにシャロン首相は首脳会談に応じた。両者の暴力停止(停戦)が合意されたが、交渉再開は停戦継続を条件としている。現在でも双方の攻撃が完全に収まったわけではなく、困難が予想される。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • マフムド・アッバス

    マフムド・アッバスから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    マフムド・アッバス フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバス

    マフムード・アッバスから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    マフムード・アッバス フレッシュアイペディアより)

  • アブ・ニダル

    アブ・ニダルから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    1974年10月、ユダヤ人のパレスチナ居住権を認めたアラファトの側近、アブー・マーゼンに対して暗殺が試みられた。その後、サイード・ハマミ、イサム・サルタヴィが暗殺された。これらの行動に対して、アブ・ニダルはPLOの欠席裁判で死刑を言い渡された。アブ・ニダル フレッシュアイペディアより)

  • サラーム・ファイヤード

    サラーム・ファイヤードから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2002年、首相に就任したマフムード・アッバースにその財政手腕を買われ、パレスチナ自治政府の財務長官に就任。アッバースは1年で首相を退任するも、後任のアフマド・クレイ内閣でも財務長官に再任された。サラーム・ファイヤード フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ

    アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2002年にはいわゆるアラブ和平イニシアティブを提唱した。これは当時サウジアラビアがイスラエルに対する、和平の最初の試みであると受け止められた。この計画はイスラエルに対し、パレスチナ自治政府に占領地区のほとんど全部を返還し、パレスチナ自治政府を承認するよう呼びかけたものであった。それと引き換えに、アブドゥッラーは前例の無い譲歩を申し出た。これには、アラブとイスラエルの衝突を終わらせイスラエルと和平条約を結ぶことや、イスラエル国を承認すること(1947年に国連による分割案が国連総会で承認されているにもかかわらず)、およびアラブとイスラエル間の国交正常化の成立といったものが掲げられた。これは先代のファハド国王が提案し、イスラエルの生存権を事実上黙認したフェズ憲章を踏襲したものとされる。この計画は、フェズ憲章と同じようにアラブ連盟の首脳会議が全会一致で可決し、イスラム諸国会議機構全加盟国の支持も受け、当時のイスラエル国防大臣だったベンヤミン・ベン・エリエゼルも「シオニズム運動史上最大の成果」と歓迎したものの、具体的な交渉で頓挫した。2007年のリヤドで開かれたアラブ連盟首脳会議でもイニシアチブが再確認され、ヤセル・アラファトの後を継いだマフムード・アッバースも「ヌアクショットからインドネシアまで全アラブ・イスラム諸国がイスラエルと平和を築く」としてイニシアチブの受け入れの要求をイスラエルの各主要新聞で大々的に宣伝した。一方、ガザ政府のハマースはイスラエルの承認になることからイニシアチブに否定的であり、拒否する姿勢を示した。アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ フレッシュアイペディアより)

  • イスマーイール・ハニーヤ

    イスマーイール・ハニーヤから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2006年1月25日のパレスチナ立法評議会選挙でハマースが大勝を収めたことにともない、3月29日に首相に就任した。2007年2月15日にハマースとファタハの連立を実現するために辞任し、3月18日に連立内閣の首相に就任した。6月11日、ハマースはガザ地区を占拠して、ハマースとファタハの内部抗争は内戦化した。6月14日、アッバース大統領はハニーヤ首相を解任し、ハマースを排除したファタハ主導の政権を樹立したが、ハニーヤは解任を拒否。ハニーヤ内閣こそ、パレスチナの正当政府であるとして、2014年6月2日に統一政権が発足するまでガザ地区において首相として独自の行政を行った。日本の報道では彼の名はハニヤと表記されることも多い(NHKのみハニーヤと表記)。イスマーイール・ハニーヤ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード