36件中 11 - 20件表示
  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2009年1月21日、オバマは大統領として迎えたの初めての日でパレスチナ自治政府のマフムード・アッバース、イスラエルのエフード・オルメルト首相、ヨルダンのアブドゥッラー2世国王、とエジプトのホスニー・ムバーラク大統領と話し、 イスラエルに対して彼の政権のパレスチナ問題に対する平和プランについて詳しく説明し、ガザの国境を開放するよう呼びかけた。オバマとクリントン国務長官はコンドリーザ・ライスが過去2年にわたって努力してきた彼女の交渉の後任としてジョージ・ミッチェルを中東問題の特使として、リチャード・ホルブルックをパキスタンへの特別代表として任命した。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • 停戦

    停戦から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    近年でもっとも顕著な停戦の例は、2005年2月8日にイスラエルのアリエル・シャロン首相とパレスチナのマフムード・アッバース大統領が会談し、数年来続いた戦争に対する停戦合意が発表されたことである。合意発表時、パレスチナ側の交渉責任者(サエブ・エラカト)は次のようにこの停戦を定義した。停戦 フレッシュアイペディアより)

  • 東エルサレム

    東エルサレムから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    1994年に締結したイスラエル・ヨルダン平和条約でヨルダンは東エルサレムの領有を放棄した。しかしパレスチナは東エルサレムを独立後の首都とみなしている。中東の衛星放送・アルジャジーラの報道によれば、2008年のエフード・オルメルト首相とパレスチナ自治政府のマフムード・アッバース議長の秘密交渉の中でパレスチナ側が、同地域のハル・ホマ地区を除く全入植地をイスラエル側に譲渡する大幅な譲歩案を示していた経緯が明らかにされている。東エルサレム フレッシュアイペディアより)

  • ガザの戦闘 (2007年)

    ガザの戦闘 (2007年)から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    自治政府大統領のマフムード・アッバースは内閣を解散し非常事態を宣言するが、首相のイスマーイール・ハニーヤは拒否し内閣の存続を表明した。ファタハの武装組織はガザから撤退したことでファタハの影響力はガザ地区に及ばなくなったことから、ハニーヤ内閣はガザ地区でそのまま統治することとなった。ガザの戦闘 (2007年) フレッシュアイペディアより)

  • サラーム・ファイヤード

    サラーム・ファイヤードから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2002年、首相に就任したマフムード・アッバースにその財政手腕を買われ、パレスチナ自治政府の財務長官に就任。アッバースは1年で首相を退任するも、後任のアフマド・クレイ内閣でも財務長官に再任された。サラーム・ファイヤード フレッシュアイペディアより)

  • 新谷恵司

    新谷恵司から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    1987年在カタール日本国大使館三等書記官、1989年在チュニジア日本国大使館二等書記官を経て、PLO本部との連絡要員として、アラファト議長府、PLO政治局、マフムード・アッバース(現パレスチナ議長)事務所、PLO経済局(クレア元パレスチナ自治政府首相)と親交。1993年に外務省中近東第二課赴任。外相、総理通訳を経験するが、「湾岸戦争における日本の『敗北』の責任を取って」(本人の説明)早期退職。新谷恵司 フレッシュアイペディアより)

  • マフムード

    マフムードから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    マフムード・アッバース - パレスチナ自治政府の大統領。マフムード フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    1月3日 - 麻生首相は、イスラエル軍によるパレスチナのガザ空爆について、パレスチナ自治政府大統領のマフムード・アッバース議長と電話で協議。空爆で被害を受けたガザ地区の救済のため総額1000万ドル規模の人道支援を行う考えを表明した。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • ギルアド・シャリート

    ギルアド・シャリートから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    同年7月1日、犯行グループはシャリートの解放と引き換えにパレスティナ人の囚人1000人の釈放を要求。イスラエル政府はこの要求を拒絶し、テロリストとの交渉には応じずにシャリートを救出するという当初の姿勢を堅持する。また、ハマースに対する軍事作戦を展開する一方、パレスティナ自治政府の各派首脳とは活発に議論を重ね、対策を協議した。しかし、自治政府大統領マフムード・アッバースが「国防軍兵士解放へ向けたエジプトの努力は、ハマースの側の誠意、および決定を受け入れる能力の欠如など、さまざまな困難により挫折してしまった」との声明を発表して以降、下火となってしまった。さらには、ハマースの内部においてもイスマーイール・ハニーヤ自治政府首相(当時)が率いる政治部門とハーリド・マシャアルが率いる軍事部門との間で対立が生じていることが表面化した。ギルアド・シャリート フレッシュアイペディアより)

  • ベンヤミン・ネタニヤフ

    ベンヤミン・ネタニヤフから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2011年9月23日前後に端を発したパレスチナ自治政府の国際連合加盟問題をめぐって、一連の顛末を「愚か者の劇場」などと非難した。また、ラマッラーに置かれたマフムード・アッバースパレスチナ大統領の国連演説を中継するために置かれた大型スクリーンに演説のためにネタニヤフが登場すると、パレスチナ人たちからスクリーンに向かって一斉に靴を投げつけられた(靴を投げつける行為はイスラーム文化圏では相手への最大の侮辱行為である。ムンタゼル・アル=ザイディも参照)。ベンヤミン・ネタニヤフ フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード