54件中 11 - 20件表示
  • シャス

    シャスから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2010年8月、シャスの精神的指導者であるヨセフ師は「マフムード・アッバースとパレスチナ人たちはこの世界から消え去るべきだ」と言う趣旨の発言をした。シャス フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・マシャアル

    ハーリド・マシャアルから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2008年6月18日、イスラエルは公式には2008年6月19日に始めたハマースとの二国間の停戦を表明した。エジプトのカイロで行われた仲裁人による二国間の談話の中で賛意が示された。休戦協定の一環として、イスラエルはガザ地区の境界を跨ぐ商業活動の制限を緩和することを発表し、暫定的な和平交渉のいかなる打破をも禁じるとした。ハマースはシャリートの解放について議論することを仄めかした。しかし、2008年7月29日、パレスチナ自治政府大統領のマフムード・アッバースはシャリートと引き換えにパレスチナ議会の40人のハマースのメンバーを解放する案に強く反対すると発表した。2009年10月2日、20人のパレスチナ囚人の交換が行われた後、ハーリド・マシャアルはより多くの兵士を捕えることを誓った。ハーリド・マシャアル フレッシュアイペディアより)

  • アルモーメン・アブドーラ

    アルモーメン・アブドーラから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    アルモーメン・アブドーラ( 、1975年 - )は、エジプト、カイロ出身のアラビア語通訳、言語研究家。NHK教育テレビのアラビア語会話講師やアルジャジーラテレビの翻訳者を務めた。天皇・皇后の他、アラブ諸国の政治家や大物(パレスチナ解放機構(PLO)のアッバース議長や、イラクのフセイン元大統領の長男など)の通訳を務めた経験がある。アルモーメン・アブドーラ フレッシュアイペディアより)

  • ファタハ

    ファタハから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    自治政府成立後は長らく与党の地位にあったが汚職が指摘され、2006年1月のパレスチナ評議会選挙ではハマースに敗れ、評議会の過半数を奪われた。しかしファタハのマフムード・アッバースは引き続き自治政府大統領の地位にあり、コアビタシオンの状態となった。また、イスラエル・アメリカ合衆国はハマースを相手にせず、引き続き穏健派のファタハを交渉相手にすると宣言。軍事面を含む援助を行った。ファタハ フレッシュアイペディアより)

  • 停戦

    停戦から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    近年でもっとも顕著な停戦の例は、2005年2月8日にイスラエルのアリエル・シャロン首相とパレスチナのマフムード・アッバース大統領が会談し、数年来続いた戦争に対する停戦合意が発表されたことである。合意発表時、パレスチナ側の交渉責任者(サエブ・エラカト)は次のようにこの停戦を定義した。停戦 フレッシュアイペディアより)

  • ガザの戦闘 (2007年)

    ガザの戦闘 (2007年)から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    自治政府大統領のマフムード・アッバースは内閣を解散し非常事態を宣言するが、首相のイスマーイール・ハニーヤは拒否し内閣の存続を表明した。ファタハの武装組織はガザから撤退したことでファタハの影響力はガザ地区に及ばなくなったことから、ハニーヤ内閣はガザ地区でそのまま統治することとなった。ガザの戦闘 (2007年) フレッシュアイペディアより)

  • 少年兵

    少年兵から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2002年6月20日付、クウェート紙「アザマン」(Azzaman)とのインタビューで、マフムード・アッバースは、これらの事例を非難し、「小さな子供が死んでいく」ことに反対だと述べた。ヨルダン紙「アルライ」(Alrai)では「ひどい話だ。ラファで少なくても40人の子供が、パイプ爆弾で手を吹き飛ばされ障害者となっている。少年兵 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2日 - パレスチナ自治政府のアッバス議長は、のラーミー・ハムダッラー学長を首相に任命し、組閣を要請。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナの首相

    パレスチナの首相から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2003年、パレスチナ自治政府の行政改革を巡りアメリカ型の大統領制を思考するヤーセル・アラファートと首相職の導入を主張するマフムード・アッバースが対立。最終的に立法評議会で首相職を設置する基本法(憲法)改正案が成立し、首相職を置くこととなった。パレスチナの首相 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2009年1月21日、オバマは大統領として迎えたの初めての日でパレスチナ自治政府のマフムード・アッバース、イスラエルのエフード・オルメルト首相、ヨルダンのアブドゥッラー2世国王、とエジプトのホスニー・ムバーラク大統領と話し、 イスラエルに対して彼の政権のパレスチナ問題に対する平和プランについて詳しく説明し、ガザの国境を開放するよう呼びかけた。オバマとクリントン国務長官はコンドリーザ・ライスが過去2年にわたって努力してきた彼女の交渉の後任としてジョージ・ミッチェルを中東問題の特使として、リチャード・ホルブルックをパキスタンへの特別代表として任命した。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード