36件中 21 - 30件表示
  • マフムード・ダルウィーシュ

    マフムード・ダルウィーシュから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    パレスチナ人をめぐる抑圧や不安、そして抵抗を託した彼の詩は多くの人に愛され、ヘブライ語、日本語を含む22の言語に翻訳された。心臓疾患の治療の為渡米。手術後の合併症により死去した。最期の居住地となったラーマッラーではアラファート議長以来、パレスチナ史上2人目となる国葬が行われ、アッバース大統領は3日間の服喪を決定した。マフムード・ダルウィーシュ フレッシュアイペディアより)

  • ファタハ

    ファタハから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    自治政府成立後は長らく与党の地位にあったが汚職が指摘され、2006年1月のパレスチナ評議会選挙ではハマースに敗れ、評議会の過半数を奪われた。しかしファタハのマフムード・アッバースは引き続き自治政府大統領の地位にあり、コアビタシオンの状態となった。また、イスラエル・アメリカ合衆国はハマースを相手にせず、引き続き穏健派のファタハを交渉相手にすると宣言。軍事面を含む援助を行った。ファタハ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ問題

    パレスチナ問題から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    アラファト議長(正式には大統領であるが、日本などはまだ国家として承認していないためこのように呼んだ。日本政府の正式な呼称は「自治政府長官」であったが、2006年に「自治政府大統領」に改められた)の死後、2005年1月の自治政府議長選ではマフムード・アッバースが当選した。しかし、選挙中に武装部門のファタハに担ぎ上げられたり、その一方で武装闘争は誤りであったと述べるなどという言動もあったので過激派への対策がどのようになるかは不透明である。パレスチナ問題 フレッシュアイペディアより)

  • 孔子平和賞

    孔子平和賞から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    第1回受賞者として発表された人物は、台湾(中華民国)の中国国民党名誉主席(元中華民国副総統)連戦。受賞理由は、連戦が中国と台湾の間の平和の架け橋となったことによる。しかし連戦に受賞連絡はなく、また受賞を拒絶したため、受賞トロフィーは受賞者とは関係ない少女が代理で受け取り、茶番劇であるとも評された。インターネット上での投票により決定したと発表されたが、開催したサイト名や投票期間は公表されていない。候補者には、ビル・ゲイツ、ネルソン・マンデラ、元アメリカ大統領ジミー・カーター、パレスチナ自治政府大統領マフムード・アッバース、パンチェン・ラマ11世(ギェンツェン・ノルブ)ら8人が上っていたという。孔子平和賞 フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・マシャアル

    ハーリド・マシャアルから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2008年6月18日、イスラエルは公式には2008年6月19日に始めたハマースとの二国間の停戦を表明した。エジプトのカイロで行われた仲裁人による二国間の談話の中で賛意が示された。休戦協定の一環として、イスラエルはガザ地区の境界を跨ぐ商業活動の制限を緩和することを発表し、暫定的な和平交渉のいかなる打破をも禁じるとした。ハマースはシャリートの解放について議論することを仄めかした。しかし、2008年7月29日、パレスチナ自治政府大統領のマフムード・アッバースはシャリートと引き換えにパレスチナ議会の40人のハマースのメンバーを開放する案に強く反対すると発表した。2009年10月2日、20人のパレスチナ囚人の交換が行われた後、ハーリド・マシャアルはより多くの兵士を捕えることを誓った。ハーリド・マシャアル フレッシュアイペディアより)

  • アラブ人

    アラブ人から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    マフムード・アッバース(パレスチナ解放運動家、政治家)アラブ人 フレッシュアイペディアより)

  • 1月9日

    1月9日から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2005年 - 前年11月のヤーセル・アラファートの死去に伴いパレスチナ自治政府のが行われ、PLO議長マフムード・アッバースが当選。1月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 中東戦争

    中東戦争から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2001年3月、イスラエル首相に就任した右派シャロンは、PLOや武装勢力ハマースを自爆テロを引き起こし国内を混乱させている勢力であるとみなし、その幹部殺害を始めた。また分離フェンスを設置しパレスチナ側から非難を招いた。その結果パレスチナ側は自爆テロでエスカレートさせ、中東和平は一層難しいものとなった。2004年にアラファトが死去、後を継いだマフムード・アッバースPLO議長がパレスチナ自治政府の2代目大統領に就任、テロ抑止の方針を表明した事から、ようやく和平交渉が再開された。中東戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ムアンマル・アル=カッザーフィー

    ムアンマル・アル=カッザーフィーから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    1991年10月にパレスチナ問題の解決を目指しマドリードで開かれた中東和平会議の際には「我々がヒトラーの尻ぬぐいをする必要はない」とイスラエルとの和平交渉を厳しく批判した。翌年オスロ合意にも反発し1995年からはリビアから一切のパレスチナ人を追放した。そしてイスラエルとパレスチナがひとつの国家「イスラティナ」を樹立すべきだと提案したが相手にされず、その後もアラブ首脳会議でイスラティナ構想を提唱しているがパレスチナのマフムード・アッバース議長からは苦笑いされるだけで終わっている。1995年、イスラエル首相のイツハク・ラビンが暗殺された際には国営ジャマヒリア通信を通じ「彼の手は虐殺されたパレスチナ人の血で染まっている」と歓迎声明を出した。ムアンマル・アル=カッザーフィー フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト否認

    ホロコースト否認から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ファタハの協同設立者の1人でパレスチナ解放機構の指導者の一人であるマフムード・アッバースはモスクワ東洋大学で1982年に歴史学の博士号を取得したが、その学位論文は『ナチスとシオニスト運動の指導者との秘密の関係』と題するものであった。なお、ソ連は1960年代からナチスとシオニスト指導部との秘密の結び付き (:en:Zionology) を主張し、それを押し進めてきていた。彼がその博士論文を基に1983年に書いた『もう一つの顔: ナチスとシオニスト運動との秘密の関係』 '')では次のように述べられている。ホロコースト否認 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード