54件中 21 - 30件表示
  • パレスチナ解放機構

    パレスチナ解放機構から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2004年にはパレスチナ自治政府の元首とPLOの議長を兼ねてパレスチナの唯一最高の指導者として長年活躍してきたアラファート議長が病死し、反テロを掲げる穏健派として知られるマフムード・アッバース事務局長が後任の執行委員会議長に就任した。パレスチナ解放機構 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州・地中海パートナーシップ

    欧州・地中海パートナーシップから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ただこの会議に出席した地中海諸国の政府首脳はパレスチナ自治政府大統領マフムード・アッバースとトルコ首相レジェップ・タイイップ・エルドアンだけで、イスラエル、ヨルダン、シリア、レバノン、アルジェリア、モロッコ、チュニジア、エジプトの首脳は出席していなかった欧州・地中海パートナーシップ フレッシュアイペディアより)

  • 新谷恵司

    新谷恵司から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    1987年在カタール日本国大使館三等書記官、1989年在チュニジア日本国大使館二等書記官を経て、PLO本部との連絡要員として、アラファト議長府、PLO政治局、マフムード・アッバース(現パレスチナ議長)事務所、PLO経済局(クレア元パレスチナ自治政府首相)と親交。1993年に外務省中近東第二課赴任。外相、総理通訳を経験するが、「湾岸戦争における日本の『敗北』の責任を取って」(本人の説明)早期退職。新谷恵司 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ侵攻 (2014年)

    ガザ侵攻 (2014年)から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ハマースは経済制裁による疲弊、ファタハは和平交渉の行き詰まりを背景に、両者は和解を模索した。2014年4月23日、5週間以内の統一内閣発足で合意した。イスラエルはこれに反発し、4月25日に和平交渉を中断すると発表した。またネタニヤフ首相は「アッバス議長(パレスチナ自治政府大統領)は平和よりも、イスラエルの破壊を訴える残忍なテロ組織と手を組む道を選んだ」「イスラエルをユダヤ人国家として承認することについて議論することすら拒否している」と非難した。6月2日、ファタハとハマースは暫定統一政権を発足させた。ガザ侵攻 (2014年) フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ解放人民戦線

    パレスチナ解放人民戦線から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    マフムード・アッバース率いるパレスチナ自治政府とイスラエルによって行われている二国家共存に向けた交渉には断固反対の立場を取る。そのため、PLOの中では最強硬派とされている。パレスチナ解放人民戦線 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエルの歴史

    イスラエルの歴史から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    PLO議長ヤーセル・アラファート、フランスで死去。後任にマフムード・アッバース就任イスラエルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    4月15日 - イスラエル首相官邸で、エフード・オルメルトイスラエル首相とマフムード・アッバースパレスチナ自治政府大統領による第1回定期首脳会談開催。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ラーミー・ハムダッラー

    ラーミー・ハムダッラーから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    2013年、マフムード・アッバースと経済政策などを巡る確執から辞任したサラーム・ファイヤードの後継として首相に指名され、同年6月6日に就任。ラーミー・ハムダッラー フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ自治政府

    パレスチナ自治政府から見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    アラファートの死後大統領に就任したファタハ議長のマフムード・アッバースとハマースの内閣はたびたび対立し、2006年にガザ地区でファタハとハマースの武装組織が衝突し、ハマースはガザ地区を武力制圧した。アッバースはハマースのイスマーイール・ハニーヤを首相職から解任したが、ハニーヤは拒否し、ハマース率いるガザ地区とファタハ率いるヨルダン川西岸地区は2007年以降分裂状態となっていたが、2014年に分裂状態が解消され同年6月2日暫定統一政府が発足した(首相は西岸側のラーミー・ハムダッラーが続投)。イスラエルを含む国際社会の多くの国家は西岸地区の自治政府を正当政府として承認し、ガザ地区の自治政府はイランやシリア、スーダンといった一部の国家のみが承認していた。パレスチナ自治政府 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクーブ・シャヒーン

    ヤクーブ・シャヒーンから見たマフムード・アッバースマフムード・アッバース

    ヤクーブ・シャヒーン (; 1994年2月27日 - )は、MBCが放送しているアラブ・アイドルのシーズン4の優勝者として知られる、アラム系パレスチナ人歌手である。 2013年のシーズン2で優勝し、今やアラブ世界で最も有名なスターのひとりである、同国人のムハンマド・アッサーフの足跡を追うこととなった。そして番組史上第二のパレスチナ人優勝者となった。.ベイルートのアラブ・アイドルのスタジオで、結果が発表された後、ヤクーブ・シャヒーンは、パレスチナ旗を肩にまとって、アミール・ダンダンとムハンマド・アッサーフという2人のパレスチナ人と共に、幕間に愛国歌を披露した。 曲は「我が誓い、我が血盟、我が血はパレスチナ人」であった。 MBCはアラブ・アイドルシーズン4はこれまでで最高の視聴者投票を得たと述べた。 パレスチナ自治区議長マフムード・アッバースの息子が率いる高位の代表団がベイルートのMBCスタジオに臨席していた。公用でレバノンを訪れていたアッバース議長は、最終候補3名を大使公邸に招いた。ヤクーブ・シャヒーン フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード