39件中 21 - 30件表示
  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たラマッラー

    2012年11月2日に放映されたイスラエルの民放番組で、「私にとって(東エルサレムを含む)ヨルダン川西岸とガザがパレスチナであり、それ以外はイスラエルだ」「私は難民だが、現在はラマッラーに住んでいる」「(生まれ故郷の)サファド(ツファッド)を訪ねることは私の権利であるが、住むことはそうではない」などと述べ、パレスチナ難民の帰還権について大幅に譲歩するとも受け取れる発言をした。イスラエル側は11月3日、シモン・ペレス大統領が直ちに歓迎する声明を発表し、「議長の勇気ある言葉は、イスラエルが和平の真のパートナーを有していることを示している」「われわれは最大限の尊敬をもってその言葉に応えなければならない」などと表明した。しかし、パレスチナ側では「現実的」と評価する声がある一方、ハマースのイスマーイール・ハニーヤ指導者は「極めて危険なものだ」「生まれ故郷への帰還権を放棄する発言を行うことは誰であっても許されない」と強く反発、PLO反主流派最大派閥のパレスチナ解放人民戦線(PFLP)も、「難民帰還は譲歩できない権利だ」と反発しており、波紋が広がっている。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たヨルダン川西岸

    2012年11月2日に放映されたイスラエルの民放番組で、「私にとって(東エルサレムを含む)ヨルダン川西岸とガザがパレスチナであり、それ以外はイスラエルだ」「私は難民だが、現在はラマッラーに住んでいる」「(生まれ故郷の)サファド(ツファッド)を訪ねることは私の権利であるが、住むことはそうではない」などと述べ、パレスチナ難民の帰還権について大幅に譲歩するとも受け取れる発言をした。イスラエル側は11月3日、シモン・ペレス大統領が直ちに歓迎する声明を発表し、「議長の勇気ある言葉は、イスラエルが和平の真のパートナーを有していることを示している」「われわれは最大限の尊敬をもってその言葉に応えなければならない」などと表明した。しかし、パレスチナ側では「現実的」と評価する声がある一方、ハマースのイスマーイール・ハニーヤ指導者は「極めて危険なものだ」「生まれ故郷への帰還権を放棄する発言を行うことは誰であっても許されない」と強く反発、PLO反主流派最大派閥のパレスチナ解放人民戦線(PFLP)も、「難民帰還は譲歩できない権利だ」と反発しており、波紋が広がっている。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たチュニジア

    1950年代よりカタールにおいてパレスチナ解放運動に関わり、ヤーセル・アラファートを指導者とする解放運動組織ファタハの結成に参加、のちにファタハが参加したパレスチナ解放機構においてもその幹部となった。1960年代から1980年代にはアラファートと行動をともにし、1970年にブラック・セプテンバーでヨルダンを追われた後レバノンの首都ベイルートで活動、さらにイスラエルにレバノンを追われてチュニジアに活動の拠点を移した。その間、PLO国際局長として外部の様々な機関との交渉に携わってPLOの対イスラエル強硬路線放棄に関与したとされ、1993年のオスロ合意に基づく交渉と調印の場でもアラファートに同行した。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見た民主主義

    和平合意に基づいてPLOをもとにパレスチナ自治区がつくられた後は、PLO執行委員会事務局長を務め、民主主義的な手続きをとって選ばれた自治政府による自治区の運営を目指す動きの中心的な人物となった。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たヨルダン

    パレスチナ(現イスラエル)のサファド(ツファット)出身。少年時代にイスラエルの建国とともに難民となり、ヨルダンに移住した。成長するとシリア、エジプトで高等教育を受け、ソ連のモスクワで大学院教育を修了した。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たカタール

    1950年代よりカタールにおいてパレスチナ解放運動に関わり、ヤーセル・アラファートを指導者とする解放運動組織ファタハの結成に参加、のちにファタハが参加したパレスチナ解放機構においてもその幹部となった。1960年代から1980年代にはアラファートと行動をともにし、1970年にブラック・セプテンバーでヨルダンを追われた後レバノンの首都ベイルートで活動、さらにイスラエルにレバノンを追われてチュニジアに活動の拠点を移した。その間、PLO国際局長として外部の様々な機関との交渉に携わってPLOの対イスラエル強硬路線放棄に関与したとされ、1993年のオスロ合意に基づく交渉と調印の場でもアラファートに同行した。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たフランス

    首相辞任後、首相の職は議長側近のに譲ったが、PLO事務局長としてパレスチナ自治政府内の重要な地位を保持しつづけた。翌2004年10月末、アラファート大統領が健康不安からフランスの病院に移送されまもなく重態に陥ると、後継者選出をはかるPLO執行委員会とファタハ執行委員会の会議を相次いで主催、暫定的にPLO議長職を代行し、クレイ首相とともにポスト・アラファート体制の最有力者となる。11月11日、アラファート大統領が死亡すると、即日開かれたPLO執行委員会で後任のPLO議長に選出された。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見た東エルサレム

    2012年11月2日に放映されたイスラエルの民放番組で、「私にとって(東エルサレムを含む)ヨルダン川西岸とガザがパレスチナであり、それ以外はイスラエルだ」「私は難民だが、現在はラマッラーに住んでいる」「(生まれ故郷の)サファド(ツファッド)を訪ねることは私の権利であるが、住むことはそうではない」などと述べ、パレスチナ難民の帰還権について大幅に譲歩するとも受け取れる発言をした。イスラエル側は11月3日、シモン・ペレス大統領が直ちに歓迎する声明を発表し、「議長の勇気ある言葉は、イスラエルが和平の真のパートナーを有していることを示している」「われわれは最大限の尊敬をもってその言葉に応えなければならない」などと表明した。しかし、パレスチナ側では「現実的」と評価する声がある一方、ハマースのイスマーイール・ハニーヤ指導者は「極めて危険なものだ」「生まれ故郷への帰還権を放棄する発言を行うことは誰であっても許されない」と強く反発、PLO反主流派最大派閥のパレスチナ解放人民戦線(PFLP)も、「難民帰還は譲歩できない権利だ」と反発しており、波紋が広がっている。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たイスラエル

    パレスチナ(現イスラエル)のサファド(ツファット)出身。少年時代にイスラエルの建国とともに難民となり、ヨルダンに移住した。成長するとシリア、エジプトで高等教育を受け、ソ連のモスクワで大学院教育を修了した。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アッバース

    マフムード・アッバースから見たパレスチナ解放機構

    マフムード・アッバース(、Mahmoud Abbas、通称:アブー・マーゼン、、Abu Mazen、1935年3月26日 - )は、パレスチナの政治家。パレスチナ自治政府大統領(第2代)、パレスチナ解放機構(PLO)執行委員会議長。日本語では、「マフムード」はマハムード、「アッバース」はアッバスとも表記される。マフムード・アッバース フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「マハムード・アッバス」のニューストピックワード