前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • ワイルドウイリー2

    ワイルドウイリー2から見たマブチモーターマブチモーター

    原動機:マブチモーター製540Sタイプを搭載ワイルドウイリー2 フレッシュアイペディアより)

  • カンナムローラ・レーシングマスターMk.1

    カンナムローラ・レーシングマスターMk.1から見たマブチモーターマブチモーター

    リアメンバーには、アルミ合金製のモーターマウントにマブチモーター製「RS-540SD」通称「ブラックモーター」が標準装備されていた。このマブチモーター製「RS-540SD」通称「ブラックモーター」は、マブチモーターとタミヤがスプリントレース専用に共同開発したもので、このカンナムローラには標準で装備されていた。なお、カンナムローラ以外のユーザーからも要望が高かったため、スペアパーツNo.136「RS-540SDブラックモーターセット」としても別売されていた。当時定価は¥3,800であった。カンナムローラ・レーシングマスターMk.1 フレッシュアイペディアより)

  • アバンテ2001

    アバンテ2001から見たマブチモーターマブチモーター

    モーターは現在でも手軽なチューニングで人気のあるマブチRS-540スポーツチューンモーターを装備。このモデルがタミヤ製の電動RCカーとして、初めてこのモーターを装備したモデルである。アバンテ2001 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・カウンタックLP500S

    ブラック・カウンタックLP500Sから見たマブチモーターマブチモーター

    モーター:マブチモーター製「RS-540S」(ノーマルは「RS-380S」)ブラック・カウンタックLP500S フレッシュアイペディアより)

  • ブラックフット エクストリーム

    ブラックフット エクストリームから見たマブチモーターマブチモーター

    原動機:電気直流モーター、マブチモーター若しくはジョンソン製540タイプを搭載ブラックフット エクストリーム フレッシュアイペディアより)

  • ランチアラリー (タミヤ)

    ランチアラリー (タミヤ)から見たマブチモーターマブチモーター

    相変わらず発動機はスバルブラット同様、マブチモーターの「RS380」で、走行性能の低さもそのままであった。当時はカテゴリー上の位置付けが不明瞭だったのか、スバルブラットよりも人気は劣っていた。ランチアラリー (タミヤ) フレッシュアイペディアより)

  • スバルブラット (タミヤ)

    スバルブラット (タミヤ)から見たマブチモーターマブチモーター

    発動機はマブチモーター製「RS380」を搭載していた。ところが、マイティフロッグと同型のシャーシを持つにもかかわらず、相当車体重量が重く、1700gを超えていた為、標準のモーターでは馬力が無く、モーターやスピードコントローラーの焼きつき等のトラブルを起こしがちで、走行性能は低かった。スバルブラット (タミヤ) フレッシュアイペディアより)

  • バギーチャンプ

    バギーチャンプから見たマブチモーターマブチモーター

    標準装備のモーターはマブチモーター製「RS-540S」であるが、オプションとして田宮模型が当時発売していた「RS-540SDブラックモーター」を搭載することで、さらなる性能向上も可能だった。(実際にはそのままでは搭載できず、ギアケースを加工する必要があった。ブラックモーターはカンナムローラの標準モーターとして1980年に登場)バギーチャンプ フレッシュアイペディアより)

  • ホットショット

    ホットショットから見たマブチモーターマブチモーター

    原動機:電気直流モーター、マブチ・RS-540Sホットショット フレッシュアイペディアより)

  • TXT-1

    TXT-1から見たマブチモーターマブチモーター

    5,000gを超える車体重量のため、発動機はマブチモーター製若しくはジョンソン製の540サイズモーターを双発で搭載し、センタートランスファーを経て前後アクスルへプロペラシャフトにより駆動を伝達し、ディファレンシャル・ギア直前で一旦ベベルギア/ドライブピニオンにより減速されリングギアに伝える2階建て構造の最終減速部を経てホイールへ出力されるという、かなり凝った4輪駆動方式を用いる。TXT-1 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示