前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1566件中 1 - 10件表示
  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見たマラソンマラソン

    尚、この大会は北京オリンピック男子マラソン日本代表選考レースでもあったが、日本人選手トップは一般参加で2時間8分40秒、全体の2位でゴールした藤原新。この時点で選考レース中2位となる好記録で代表候補に名乗りを挙げた。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1964年東京オリンピック

    1964年東京オリンピックから見たマラソンマラソン

    陸上競技マラソンでアベベの優勝、史上初の連覇。円谷幸吉が銅メダル。1964年東京オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 東京箱根間往復大学駅伝競走

    東京箱根間往復大学駅伝競走から見たマラソンマラソン

    第1回大会は、アメリカ大陸の継走での横断を実施するための代表選考会という位置付けで、1920年2月14日に行われた。これは、1912年のストックホルムオリンピックに出場した日本人五輪選手第1号の金栗四三が、「五輪で日本を強くするには、長距離、マラソン選手を育成すること」と発案したことがきっかけである。別の説として、箱根駅伝は飛脚制度をもとに、手紙に見立てた襷を、東京から宿駅があった鶴見(川崎宿)、戸塚(戸塚宿)、平塚(平塚宿)、小田原(小田原宿)で引き継ぎ、箱根町郵便局(箱根宿)まで届ける観光イベントだったという説もある。その目的は、箱根で観光客が少なくなる冬に観光客を呼びこみ、2日間に渡って開催する事で旅館やホテルに宿泊してもらうためだったと言われている。第二次世界大戦中の1941年から一時中断されたが、1943年に一度だけ戦時下で開催された(靖国神社・箱根神社間往復関東学徒鍛錬継走大会)。その後、再び中止となり、戦後の1947年に復活。第32回(1956年)から現在の1月2・3日の開催となった(内規第1条)。東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見たマラソンマラソン

    高知県宿毛市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属。趣味はマラソン、ゴルフ、パチンコ、競馬、酒。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • アシックス

    アシックスから見たマラソンマラソン

    アシックス(ASICS)のブランドで競技用シューズやスニーカー、アスレチックウェアなどを製造、販売する。スポーツシューズに強みを持ち、とりわけマラソン競技、バレーボールなどでは高いブランド力を持つ。アシックス フレッシュアイペディアより)

  • 湘南国際マラソン

    湘南国際マラソンから見たフルマラソンマラソン

    2007年3月18日に神奈川県西部湘南・西湘地域で初めて開催された。第1回と第2回は3月に開催され、第3回?第9回は毎年11月開催を基本としていた。第10回大会は12月の開催となった。エントリーはフルマラソン、10 km(一般の部、障害者の部(視覚障害者・知的障害者・移植者)、10 km(車いすの部)の3部門で、第5回大会よりフルマラソン、10 kmの他にハーフマラソンが新設されている。湘南国際マラソン フレッシュアイペディアより)

  • アテネクラシックマラソン

    アテネクラシックマラソンから見たマラソンマラソン

    アテネクラシックマラソン(Athens Classic Marathon)は、毎年11月にギリシャのアテネで開催される、マラソン大会。アテネクラシックマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤博明

    斎藤博明から見たマラソンマラソン

    また、個人的にはマラソン(ウルトラマラソン)等が趣味で、今までに多くの大会に参加・完走している。2001年10月7日の山岳耐久レースでは、崖から落ちて意識を失い、夜が明けて意識を取り戻した後に、頭を岩にぶつけながらも生還した。株式公開翌年の1月には、宮古島で100キロマラソンを完走。2月には雪の残る大山に上り、靭帯を断裂。2002年3月16日には、済州島200キロマラソンのレースに出場、靭帯の回復もままならぬまま痛み止めを飲んで出場。幻覚を見ながら朦朧とした状態のまま走り続け、崖から落下し頭を強打、そのまま意識を失う。崖上からの声で目を覚ました後、自力で崖を這い上がりレースを再開しようとしたが、逆走しているのに気づき、リタイアを決定。その後の診断で、脳出血が発覚した。。斎藤博明 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年世界陸上競技選手権大会

    2013年世界陸上競技選手権大会から見たマラソンマラソン

    1997年の第6回大会から前回の第13回大会まで同時開催されたマラソンの国別対抗戦マラソンワールドカップは実施されない。この大会からIAAFダイヤモンドリーグのダイヤモンドレース優勝者にワイルドカードが与えられることになった。詳細は参加資格を参照。2013年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • サムエル・ワンジル

    サムエル・ワンジルから見たマラソンマラソン

    北京オリンピック男子マラソン金メダリストで、ハーフマラソンの元世界記録保持者でもある。日本の高校へ留学し、日本における陸上競技選手としても活躍した。マラソンではスプリントの切れ味で決着をつけるタイプではなく、長いスパートを自ら仕掛けてレースを動かし主導権を握るのが得意なスタイルだった。サムエル・ワンジル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1566件中 1 - 10件表示

「マラソン」のニューストピックワード