1185件中 11 - 20件表示
  • ロサンゼルスオリンピック (1984年)

    ロサンゼルスオリンピック (1984年)から見たマラソンマラソン

    旧ソ連・東欧圏の選手が出場しなかった結果、射撃の蒲池猛夫(日本)、体操女子個人総合のレットン(アメリカ)など、幾つかの競技で、それまでメダルに縁の無かった国に金メダルをもたらした。特にレットンの金メダル獲得はアメリカで体操のブームを呼び、多くの子供達が体操競技を始めた結果、現在の体操競技におけるアメリカ勢の躍進の原動力となった。また、「女子選手には危険過ぎる」との理由で長年開催されていなかった女子マラソンがこの大会から公式競技となったが、8月開催の大会のため酷暑の中でのレースとなり、温度を下げるためにコース中にシャワーを設置するなど対策を行ったものの、ガブリエラ・アンデルセン(スイス)が脱水症状により千鳥足でゴールする事となった。ロサンゼルスオリンピック (1984年) フレッシュアイペディアより)

  • あずきちゃん

    あずきちゃんから見たマラソンマラソン

    マラソンは得意らしく、前年も1位だった。しかしこの度のマラソン大会ではペースを乱して優勝を逃した。あずきちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 1968年

    1968年から見たマラソンマラソン

    4月27日 - 松野明美、政治家・元陸上競技長距離走(マラソン)選手 1968年 フレッシュアイペディアより)

  • 東京箱根間往復大学駅伝競走

    東京箱根間往復大学駅伝競走から見たマラソンマラソン

    第1回大会は、アメリカ大陸の継走での横断を実施するための代表選考会という位置付けで、1920年2月14日に行われた。これは、1912年のストックホルムオリンピックに出場した日本人五輪選手第1号の金栗四三が、「五輪で日本を強くするには、長距離、マラソン選手を育成すること」と発案したことがきっかけである。また、学生のための大会ということで、午前中は勉強時間にあてるとして、午後1時から行われた。第二次世界大戦中に一時中断され、1947年に復活した。第32回(1956年)から現在の1月2・3日の開催となった(内規第1条)。東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 小掛照二

    小掛照二から見たマラソンマラソン

    2年後、織田から「選手を育てて自分の果たせなかった夢をコーチでかなえてほしい」と誘われ、自らの無念の思いをメダリスト育成にかけようと決意。1962年、29歳から日本陸上競技連盟(日本陸連JAAF)強化コーチとなり指導者としての道を歩む。沢木啓祐は「引退後もスポーツ界に専念された最初の方ではないか」と話している。しかしこの後は日本陸上不遇の時代を長きに渡り歩むこととなった。1964年、東京オリンピック陸上監督、1980年、幻のモスクワオリンピック陸上コーチ。1983年、日本オリンピック委員会(JOC)常任委員。1981年、日本陸連強化委員長に就任。跳躍だけでなく、競技全体を見渡す立場になり、マラソンにも力を注いだ。1984年、ロサンゼルスオリンピック陸上監督。1988年ソウルオリンピック惨敗後、JOCの日本体育協会(JASA)からの独立にも尽力。1989年JOC理事、この年から日本陸連強化本部長、1999年から副会長となり実務のトップとなる。またJOCも強化本部長に就任し1993年ユニバーシアード・バッファロー大会日本選手団団長、1994年広島アジア競技大会副団長、バンコク(1998年)、釜山(2002年)アジア競技大会で日本選手団団長を務めるなど、多くの世界大会で日本選手団団長として活躍。1999年からJOC副会長。2001年JOC会長選では候補に名前が挙がった。2002年?2003年早稲田大学競走部総監督。その他、広島の全国都道府県対抗男子駅伝、北海道マラソン、長野マラソンの創設に尽力、また東京陸上競技協会会長及び組織委員会副会長として東京マラソンの準備・運営など、多くの陸上大会開催、陸上競技の発展、底辺拡大に尽力した。小掛照二 フレッシュアイペディアより)

  • ルーク・キベト

    ルーク・キベトから見たマラソンマラソン

    ルーク・キベト (Luke Kibet、1983年4月12日-)は、ケニアの陸上競技選手。元々は3000m障害を専門としていたが2004年からマラソンに取り組み世界レベルの選手となる。ルーク・キベト フレッシュアイペディアより)

  • リズ・マッコルガン

    リズ・マッコルガンから見たマラソンマラソン

    マッコルガンは、マラソンでも活躍し、1991年のニューヨークシティマラソン、1992年の東京国際女子マラソンそして1996年のロンドンマラソンで優勝。さらに1992年、1995年、1996年のロンドンマラソンでは2位となっている。リズ・マッコルガン フレッシュアイペディアより)

  • ハイル・メコネン

    ハイル・メコネンから見たマラソンマラソン

    メコネンはエチオピア代表として1999年と2001年の世界陸上競技選手権大会、また2000年のシドニーオリンピックに出場したが、いずれの大会でもメダルは獲得していない。2003年以降は国際大会から遠ざかり、2009年からはハーフマラソンやマラソンといったロードレースへと戦いの舞台を移した。ハイル・メコネン フレッシュアイペディアより)

  • 入船敏

    入船敏から見たマラソンマラソン

    入船 敏(いりふね さとし、1975年12月14日 - )は、日本の陸上競技長距離走・マラソン選手。鹿児島県日置市(旧・日置郡伊集院町)出身。身長:176 cm、体重:59 kg。入船敏 フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・ムタイ

    エマニュエル・ムタイから見たマラソンマラソン

    エマニュエル・ムタイ(Emmanuel Kipchirchir Mutai、1984年10月12日 - )はケニアの陸上競技選手、専門はマラソンを主とする長距離走。2007年アムステルダムマラソン男子優勝者。2009年世界陸上競技選手権ベルリン大会男子マラソン2位の成績を残した。2007年にはポルトガルハーフマラソンで優勝したエマニュエル・ムタイ フレッシュアイペディアより)

1185件中 11 - 20件表示

「マラソン」のニューストピックワード