1566件中 31 - 40件表示
  • デリバ・メルガ

    デリバ・メルガから見たマラソンマラソン

    デリバ・メルガ(Deriba Merga Ejigu 1980年10月26日- )はエチオピアの長距離走選手。マラソンランナー。デリバ・メルガ フレッシュアイペディアより)

  • ハイル・メコネン

    ハイル・メコネンから見たマラソンマラソン

    メコネンはエチオピア代表として1999年と2001年の世界陸上競技選手権大会、また2000年のシドニーオリンピックに出場したが、いずれの大会でもメダルは獲得していない。2003年以降は国際大会から遠ざかり、2009年からはハーフマラソンやマラソンといったへと戦いの舞台を移した。ハイル・メコネン フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・ヌデレバ

    キャサリン・ヌデレバから見たマラソンマラソン

    キャサリン・ヌデレバ(Catherine Ndereba、1972年7月21日 - )は、ケニアのニエリ出身の女子マラソン選手。2001年10月7日にシカゴマラソンを2時間18分47秒で走り当時の世界記録を達成、この記録は2016年8月現在も世界歴代3位の記録である。日本のメディアでは、「ンデレバ」「デレバ」の表記も見られたが、アテネオリンピック以降はほぼ「ヌデレバ」で統一されている。キャサリン・ヌデレバ フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・オカヨ

    マーガレット・オカヨから見たマラソンマラソン

    マーガレット・オカヨ(Margaret Okayo、1976年5月30日 - )はケニアの陸上競技選手。ニャンザ州キシイ県マサバ出身のキシイ族。ボストンマラソンをはじめメジャー大会で4勝を挙げるなど、マラソンで成功を収めた選手である。マーガレット・オカヨ フレッシュアイペディアより)

  • インガ・アビトワ

    インガ・アビトワから見たマラソンマラソン

    インガ・アビトワ('、Inga Eduardovna Abitova'、1982年3月6日 - )はロシアの陸上競技選手、専門は10000mおよびマラソンを主とする長距離走。北京オリンピック女子10000mロシア代表。2007年、2008年ロシア選手権女子10000m優勝者。サマラ州ノヴォクイビシェフスク出身。インガ・アビトワ フレッシュアイペディアより)

  • リリア・ショブホワ

    リリア・ショブホワから見たマラソンマラソン

    リリア・ショブホワ(、Lilija Bulatovna Shobukhova、旧姓シャグバロワ , Shagbalova、1977年11月13日 - )は、ロシアの陸上競技選手、専門は長距離走、マラソン。2004年アテネオリンピックおよび2008年北京オリンピック女子5000m、2012年ロンドンオリンピック女子マラソンロシア代表。シカゴマラソンで2009年から3年連続優勝を飾る。2005年、2006年ロシア室内選手権女子3000m優勝者。またロシア選手権女子5000mを2度優勝した。リリア・ショブホワ フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・レイ

    フリオ・レイから見たマラソンマラソン

    フリオ・レイ(Julio Rey de Paz、1972年1月13日 - )はスペインの陸上競技選手。専門は長距離走、マラソン。身長166cm、体重51kg。トレド出身。アテネオリンピックおよび北京オリンピック男子マラソンスペイン代表。2003年世界陸上競技選手権パリ大会男子マラソン2位。フリオ・レイ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界陸上競技選手権大会

    2011年世界陸上競技選手権大会から見たマラソンマラソン

    IAAFが発表した大会規約によると、参加標準記録の有効期間は一部種目を除き、2010年10月1日から2011年8月15日(中央ヨーロッパ時間)までとなる。10000m、マラソン、混成競技、競歩、リレーは2010年1月1日から2011年8月15日(同)が有効期間となる。各国・各地域は種目ごとにA標準突破選手を4名までエントリーができ、最大3名まで出場可能。このエントリー4・出場3の枠にB標準突破選手を最大1名まで含めることができる。2010-2011年に行われたヨーロッパ選手権やアジア選手権など大陸選手権の個人種目優勝者(マラソンを除く)には、参加標準記録を問わず標準記録A突破と同等の参加資格が与えられる。リレーは最大6名までエントリー可能。マラソンは最大7名までエントリー、このうち5名が出場ができる。開催国・韓国は参加資格を問わずに各種目最低1名の選手が出場できる。また前回大会・2009年世界選手権優勝者に参加資格が与えられる。ジュニア選手・ユース選手は一部種目に出場できず、2011年12月31日までに16歳に達しない選手には参加資格が与えられない。2011年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • デザイナーベイビー (小説)

    デザイナーベイビー (小説)から見たマラソンマラソン

    城南大学付属病院から生後1週間の赤ちゃん、ノゾミが誘拐された。彼女はノーベル賞間近といわれる物理学者、近森博と、元マラソン選手の優子の子供で、3時間おきに水を与えないと脱水症状を起こすという命にかかわる病気を持っている。助産士はノゾミを優子に渡したと言い張り、優子はもらっていないと言い争いになる。病院側は警察を呼ぶが、母親は事情聴取に応じない。近森夫妻の優秀な子供だから狙われたというのが警察の最初の見解であった。警察上層部は「妊婦だから捜査に最適」という理由だけで翌日から産休の予定だった速水悠里を捜査に加える。急患を装い病院に潜入した速水は早速、優子がノゾミから目を離した事を指摘した。そこで、病院関係者に的を絞って捜査が開始され、真っ先に疑われたのが唯一アリバイが無い産婦人科医の須佐見だったが、速水から犯人はただ単に子供が欲しかったのが動機ではと言われた須佐見には犯人に心当たりが有った。出産の際に子供が死んだのは須佐見の医療ミスのせいだと思っている夫婦、岸田裕也とトモ夫妻である。岸田家に須佐見が電話をかけると裕也の声の後ろで赤ちゃんの泣き声が聞こえた。岸田のアパートに警察が駆けつけた時にはすでにもぬけの殻だった。その後、須佐見に脅迫電話が掛かる。電話の主は裕也だった。二度目の電話に速水が優子のフリをして「返して!」と叫ぶと、裕也は須佐見に2000万円の身代金を要求し持ってこさせるが、約束の時間になっても姿を現さず事件発生から3時間が経過。与那国管理官からこの状況の推論を問われた速水は赤ちゃんの容態が急変したか、トモが赤ちゃんを連れて裕也の下から消えたと答え、事実、トモは「ごめんね」という置手紙を残して赤ちゃんと一緒に行方をくらましていた。一方で速水は気分が悪くなり、須佐見にはついていかずに岸田夫妻の身辺捜査をすると、トモは城南病院の不妊治療「トータルケアプロジェクト」を受けており、そのために度々仕事を休まなくてはならないために仕事を辞めた事と、「死産だったのは罰が当たった…」というのをトモが言っていた、という証言を複数得た。速水の相棒である土橋が裕也を見つけて追い回すが取り逃がし、犯人を泳がそうと考えていた警察上層部は速水と土橋を叱り付ける。その後、裕也は須佐見を殺そうと襲い掛かった所を警察に追い詰められて投身自殺を図り、意識不明に。その後トモは赤ちゃんとともにいて病院に電話をかけた所を警察に確保されたが、その赤ちゃんはノゾミではなく、別の病院から誘拐された子供とすりかえられていた。トモが赤ちゃんを誘拐した動機は、自分が死産だったのに近森夫婦が赤ちゃんに無防備だったことに腹を立てたからであった。一方、須佐見は岸田夫妻に関する資料を焼却する。実は、トモの卵子は妊娠不可能な物であった。山原は速水に卵子の若返りの話しをし、「それをやったら学会から追放される」と語る。デザイナーベイビー (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 西政幸

    西政幸から見たマラソンマラソン

    西 政幸(にし まさゆき、1964年1月25日 - )は、旭化成陸上部所属の元陸上競技選手、現監督。鹿児島県出水市(旧野田町)出身。出水学園高等学校卒。1987年にローマで開催された世界陸上競技選手権大会のマラソン日本代表。2017年元日のニューイヤー駅伝では監督としてチームを18年ぶりの優勝に導いた。西政幸 フレッシュアイペディアより)

1566件中 31 - 40件表示

「マラソン」のニューストピックワード