88件中 31 - 40件表示
  • マラソン

    マラソンから見た陸上競技

    陸上競技の長距離走のひとつで、42.195kmの公道コースを使った競技。本項で詳述する。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たハーフマラソン

    公道コースを使った陸上競技の長距離走の俗称。ハーフマラソンやウルトラマラソンなど。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た長距離走

    陸上競技の長距離走のひとつで、42.195kmの公道コースを使った競技。本項で詳述する。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た国際陸上競技連盟

    コースによって条件が異なるマラソンは、国際陸上競技連盟(国際陸連=IAAF)が記録公認をしていなかったため、これまでの記録を上回っても、「新記録」ではなく「最高記録」と言われていたが、2004年、国際陸連は記録公認諸条件を整備( 参照)、マラソンを含む道路競技の記録も「新記録」と表現されるようになった。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たマラトン

    紀元前450年9月12日、アテナイの名将ミルティアデスはマラトン(, Marathon)に上陸したペルシャの大軍を奇策で撃退した。マラトンの戦いである。勝利というエウアンゲリオン(良い知らせ)をアテナイの元老に伝えるためにフィディピディス(Philippides)という兵士が伝令に選ばれた。フィディピディスはマラトンから約40km離れたアテナイまでを駆け抜け、アテナイの郊外で「我勝てり」と告げた後に力尽きて息を引き取ったと言われている。この伝承はヘロドトスの『歴史』によるとされ、アテナイは現在のアテネとされる。ただし、この話が史実かという点については諸説がある。戦いの日時を紀元前490年11月2日とする説もあり、プルタルコスによれば兵士の名前はエウクレス(Eukles)とされる。マラトンの戦いも参照。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たマラトンの戦い

    紀元前450年9月12日、アテナイの名将ミルティアデスはマラトン(, Marathon)に上陸したペルシャの大軍を奇策で撃退した。マラトンの戦いである。勝利というエウアンゲリオン(良い知らせ)をアテナイの元老に伝えるためにフィディピディス(Philippides)という兵士が伝令に選ばれた。フィディピディスはマラトンから約40km離れたアテナイまでを駆け抜け、アテナイの郊外で「我勝てり」と告げた後に力尽きて息を引き取ったと言われている。この伝承はヘロドトスの『歴史』によるとされ、アテナイは現在のアテネとされる。ただし、この話が史実かという点については諸説がある。戦いの日時を紀元前490年11月2日とする説もあり、プルタルコスによれば兵士の名前はエウクレス(Eukles)とされる。マラトンの戦いも参照。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たキロメートル

    陸上競技の長距離走のひとつで、42.195kmの公道コースを使った競技。本項で詳述する。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た公道コース

    陸上競技の長距離走のひとつで、42.195kmの公道コースを使った競技。本項で詳述する。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た10000メートル競走

    以前は、42kmの長丁場を考慮した心理的駆け引きと持久力が重要であった。しかし、近年は男子女子ともに高速化がめざましく、スピードも求められるようになってきた。これに伴い、ペースメーカーを利用したスリップストリームや、同じ国やチームの選手で組んでラップの上げ下げを意図的に行い、余裕のない選手やスピードの乏しい選手をふるい落としていくなど、自転車ロードレースの様な動きも見られるようになった。そのため、近年では5000mや10000mでのトップ競技者を中心とした高速化が特に男子で顕著となっている。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た駅伝競走

    駅伝同様に公道を使用するので、交通規制が伴う競技であるが、ほとんどの大会が往復コース(特に公式記録樹立に関してはコースの大半が同じであることを条件としている)であること、また参加者が多いので競技時間が長く、駅伝以上に交通規制の時間が長くなる。それゆえタイムによる足きりによって(概ね5時間から6時間)参加者を絞り込んだり、コース中の数か所に関門を設け、規定の時間内に通過できなかった場合には続行不可能としたりすることによって、交通規制の時間を明確化している大会が多い。当日は周辺の商売やイベントなど、近距離の移動などにも不便を強いられることは多い。それでもわずか1日だけのイベントであるために比較的寛容に対処し、沿道での応援などで盛り上げる市民も多い。公道を使用する際の難点として、完全な警備はほぼ不可能になることがある。アテネ五輪ではバンデルレイ・デ・リマへの妨害事件が起こったが、このような行為を完全に防ぐことは、公道を使用している限りほぼ不可能である。2013年のボストンマラソンでは、爆弾テロ事件が発生し、マラソン大会におけるテロ対策がクローズアップされた。マラソン フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「マラソン」のニューストピックワード