73件中 31 - 40件表示
  • マラソン

    マラソンから見たケニア

    2000年代後半からは、エチオピアやケニアの選手によるレースの高速化に日本勢は十分対応できず、男女ともに苦戦を強いられている。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た失踪

    金栗は1912年に開催されたストックホルムオリンピックのマラソンに出場したが、レース途中に熱中症になり、昏睡状態に陥った。このためマラソンコース付近にあった農家に保護されたが、意識が戻ったのは翌日の朝であった。その後、金栗は棄権の申告をせずに帰国し、大会関係者も一連の事実を把握していなかったので、記録上は競技継続(競技中に失踪し行方不明)のまま、大会日程を終了した。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た鳴尾競馬場

    日本の最初のマラソンは1909年(明治42年)3月21日に開催された「マラソン大競走」である。兵庫県神戸市兵庫区の湊川埋立て地をスタートし、大阪市の西成大橋(現淀川大橋)にゴールするという距離約32kmの片道コースであった。兵庫県西宮市の鳴尾競馬場で開催された予選会には408名が参加し、本大会は20名に絞り込まれて行われた。優勝者は岡山県在郷軍人の金子長之助でタイムは2時間10分54秒であった。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たメキシコオリンピック

    日本においてオリンピックでもマラソンは常に注目競技の上位となってきた。日本が初めて選手を派遣した1912年のストックホルムオリンピックからマラソン選手(金栗四三)を送っている。1964年(昭和39年)の東京オリンピックで円谷幸吉が3位、つづく1968年(昭和43年)のメキシコオリンピックで君原健二が2位になるなど、日本の男子マラソンは世界最高記録保持者を輩出したり、知名度の高いレースで優勝・上位入賞する時代があった。1990年代前半から2000年代前半にかけては、女子マラソン選手が世界的な競技大会で活躍を見せ、全盛時代を築いた。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た淀川大橋

    日本の最初のマラソンは1909年(明治42年)3月21日に開催された「マラソン大競走」である。兵庫県神戸市兵庫区の湊川埋立て地をスタートし、大阪市の西成大橋(現淀川大橋)にゴールするという距離約32kmの片道コースであった。兵庫県西宮市の鳴尾競馬場で開催された予選会には408名が参加し、本大会は20名に絞り込まれて行われた。優勝者は岡山県在郷軍人の金子長之助でタイムは2時間10分54秒であった。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た東京オリンピック

    日本においてオリンピックでもマラソンは常に注目競技の上位となってきた。日本が初めて選手を派遣した1912年のストックホルムオリンピックからマラソン選手(金栗四三)を送っている。1964年(昭和39年)の東京オリンピックで円谷幸吉が3位、つづく1968年(昭和43年)のメキシコオリンピックで君原健二が2位になるなど、日本の男子マラソンは世界最高記録保持者を輩出したり、知名度の高いレースで優勝・上位入賞する時代があった。1990年代前半から2000年代前半にかけては、女子マラソン選手が世界的な競技大会で活躍を見せ、全盛時代を築いた。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たアテネオリンピック (2004年)

    1982年より、故事にちなんでアテネクラシックマラソンが開催されるようになった。コースはマラトンよりアテネの競技場までの42.195kmである。1997年の世界選手権と2004年のアテネオリンピックはアテネクラシックマラソンと同じコースが使用された。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たロサンゼルスオリンピック (1984年)

    オリンピックで女子のマラソンが正式に採用されたのは、1984年のロサンゼルスオリンピックからである。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た車いすの部

    ボストンマラソン、ロンドンマラソン、ベルリンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンなど、海外の大会では「車いすの部」を設けた大会が多い。日本では単独の車いすマラソン大会が開催されてきたが、近年では東京マラソンや大阪マラソンで車いすの部が設定されるようになった。詳細は、「車いすマラソン」の項、歴史と開催形態参照。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たアテナイ

    紀元前450年9月12日、アテナイの名将ミルティアデスはマラトン(Marathon)に上陸したペルシャの大軍を奇策で撃退した。マラトンの戦いである。勝利というエウアンゲリオンをアテナイの元老に伝えるためにフィディピディス(Philippides)という兵士が伝令に選ばれた。フィディピディスはマラトンから約40km離れたアテナイまでを駆け抜け、アテナイの郊外で「我勝てり」と告げた後に力尽きて息を引き取ったと言われている。この伝承はヘロドトスの『歴史』によるとされ、アテナイは現在のアテネとされる。ただし、この話が史実かという点については諸説がある。戦いの日時を紀元前490年11月2日とする説もあり、プルタルコスによれば兵士の名前はエウクレス(Eukles)とされる。マラトンの戦いも参照。マラソン フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「マラソン」のニューストピックワード