73件中 51 - 60件表示
  • マラソン

    マラソンから見た西宮市

    日本の最初のマラソンは1909年(明治42年)3月21日に開催された「マラソン大競走」である。兵庫県神戸市兵庫区の湊川埋立て地をスタートし、大阪市の西成大橋(現淀川大橋)にゴールするという距離約32kmの片道コースであった。兵庫県西宮市の鳴尾競馬場で開催された予選会には408名が参加し、本大会は20名に絞り込まれて行われた。優勝者は岡山県在郷軍人の金子長之助でタイムは2時間10分54秒であった。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たヤード

    マラソンの距離は42.195kmと設定されているが、これは古代マラソンに直接由来するものではない。オリンピックでマラソン競技が実施された当初は、大会ごとの競技距離は一定ではなく(同じコースを全選手が走ることが重要とされていたため)、約40kmで行われていた。競技距離が統一されたのは、第8回パリオリンピック以後であり、42.195km(26マイル385ヤード)とされた。この距離は第4回ロンドンオリンピック時の走行距離(市街地42km+競技場の200mトラック1周弱)をそのまま採用したものである。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たエチオピア

    2000年代後半からは、エチオピアやケニアの選手によるレースの高速化に日本勢は十分対応できず、男女ともに苦戦を強いられている。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た日本陸連

    従来から市民ランナーが参加できる大会も多く存在している。2007年から東京マラソンが日本陸連公認の大会としては初めて市民ランナーにも開放され、3万人規模の大会として成功を収めている。なお一般の大会に於いては仮装ランナーも多数登場し大会を盛り上げているが、スポーツとしての側面からマラソンでの仮装には賛否両論がある。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た昏睡

    金栗は1912年に開催されたストックホルムオリンピックのマラソンに出場したが、レース途中に熱中症になり、昏睡状態に陥った。このためマラソンコース付近にあった農家に保護されたが、意識が戻ったのは翌日の朝であった。その後、金栗は棄権の申告をせずに帰国し、大会関係者も一連の事実を把握していなかったので、記録上は競技継続(競技中に失踪し行方不明)のまま、大会日程を終了した。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たキロメートル

    マラソン(marathon、 マラサン)は、陸上競技の長距離走のひとつで、42.195キロメートルの公道コースを走り、順位や時間を競う種目である。古代ギリシアの故事に由来する。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たイタリア

    第4回ロンドンオリンピックでは、当初、国王の住むウィンザー城からシェファードブッシュ競技場の26マイル(41.843km)で競うこととされていた。この際、時の王妃アレクサンドラが、「スタート地点は宮殿の庭で、ゴール地点は競技場のボックス席の前に」と注文したために半端な数字の距離(385ヤード)だけ延長されたという逸話がある。この大会で最初に競技場に到達したイタリアの選手ドランド・ピエトリはゴール地点を勘違いして直前(彼の認識におけるゴール)で倒れ、役員の助力でゴールしたため、のちに失格となった(ドランドの悲劇)。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たスリップストリーム

    以前は、42kmの長丁場を考慮した心理的駆け引きと持久力が重要であった。しかし、近年は男子女子ともに高速化がめざましく、スピードも求められるようになってきた。これに伴い、ペースメーカーを利用したスリップストリームや、ラップの上げ下げでスピードのない選手をふるい落としていくなど自転車ロードレースの様な動きも見られるようになった。そのため、近年では5000mや10000mでのトップ競技者を中心とした高速化が特に男子で顕著となっている。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たペースメーカー (陸上競技)

    以前は、42kmの長丁場を考慮した心理的駆け引きと持久力が重要であった。しかし、近年は男子女子ともに高速化がめざましく、スピードも求められるようになってきた。これに伴い、ペースメーカーを利用したスリップストリームや、ラップの上げ下げでスピードのない選手をふるい落としていくなど自転車ロードレースの様な動きも見られるようになった。そのため、近年では5000mや10000mでのトップ競技者を中心とした高速化が特に男子で顕著となっている。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見たパリオリンピック (1924年)

    マラソンの距離は42.195kmと設定されているが、これは古代マラソンに直接由来するものではない。オリンピックでマラソン競技が実施された当初は、大会ごとの競技距離は一定ではなく(同じコースを全選手が走ることが重要とされていたため)、約40kmで行われていた。競技距離が統一されたのは、第8回パリオリンピック以後であり、42.195km(26マイル385ヤード)とされた。この距離は第4回ロンドンオリンピック時の走行距離(市街地42km+競技場の200mトラック1周弱)をそのまま採用したものである。マラソン フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「マラソン」のニューストピックワード