前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    女子シングルスの1回戦では、前年覇者のスベトラーナ・クズネツォワの他、ビーナス・ウィリアムズ、アラバン・レザイ、ナディア・ペトロワ、フラビア・ペンネッタ、マリア・キリレンコが順当に勝ち上がったが、前年ベスト8で第10シードのビクトリア・アザレンカがヒセラ・ドゥルコに、第20シードのマリア・ホセ・マルチネス=サンチェスがアクグル・アマンムラドワに敗れる波乱があった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ヒセラ・ドゥルコ

    ヒセラ・ドゥルコから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2004年、ドゥルコは4年ぶり2度目のフェドカップ代表選手に起用され、チームを「ワールドグループ」準々決勝まで導いた。それからアテネ五輪にもアルゼンチン代表として出場し、女子シングルス1回戦でクロアチア代表のカロリナ・スプレムに 6-7, 5-7 のストレートで敗れた。2005年1月、オーストラリア・ホバート大会で初の女子ツアー大会シングルス決勝に進んだが、ここでは鄭潔(中国)に 2-6, 0-6 で完敗した。直後の全豪オープンで、彼女は初めて「第29シード」に選出された。同年10月、ドゥルコはダブルスで3大会連続優勝を達成する。最初はジャパン・オープン女子ダブルスでマリア・キリレンコと組み、決勝で浅越しのぶ&マリア・ベント=カブチ(ベネズエラ)組に 7-5, 4-6, 6-3 で勝った。翌週のタイ・バンコク大会では浅越と組み、スペインペアのコンチタ・マルティネス&ビルヒニア・ルアノ・パスクアル組を破って2週連続優勝を果たす。2週間後にはオーストリア・リンツ大会でクベタ・ペシュケ(チェコ)と組み、マルティネス&ルアノ・パスクアル組に2連勝した。ヒセラ・ドゥルコ フレッシュアイペディアより)

  • ルーシー・ハラデツカ

    ルーシー・ハラデツカから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    シングルスでの4大大会は2回戦進出が最高成績のハラデツカだが、ダブルスでは2011年全仏オープンでアンドレア・フラバーチコバと組みノーシードから決勝に進出、サニア・ミルザ&エレーナ・ベスニナ組を 6?4, 6?3 で破り4大大会ダブルスタイトルを獲得した。2011年11月のフェドカップ決勝では2勝2敗で迎えた最終試合のダブルスでクベタ・ペシュケと組みロシアのマリア・キリレンコ&エレーナ・ベスニナ組を 6?4, 6?2 で破りチェコは23年ぶりの優勝を果たした。2012年全豪オープンでもフラバーチコバとのペアでベスト4に進出している。ルーシー・ハラデツカ フレッシュアイペディアより)

  • アリサ・クレイバノワ

    アリサ・クレイバノワから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2009年の全豪オープンで、アリサ・クレイバノワは初めて「第29シード」に選ばれ、3回戦で第5シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)を 7-5, 6-7, 6-2 で倒す勝利を挙げた。初進出の4回戦では、地元オーストラリアのエレナ・ドキッチに 5-7, 7-5, 6-8 で敗れた。4月下旬のモロッコ・フェズ大会で、クレイバノワは同じロシアのエカテリーナ・マカロワとダブルスを組み、決勝でマリア・キリレンコ&ソラナ・チルステア(ルーマニア)組を破ってツアー初優勝を果たす。6月のウィンブルドン女子ダブルスでマカロワと組んでベスト8に入った後、ハンガリーの「ブダペスト・オープン」でモニカ・ニクレスク(ルーマニア)と組んでダブルス2勝目を挙げる。クレイバノワとマカロワは、全米オープン女子ダブルスでベスト4に入り、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 6-7(4-7), 6-3, 2-6 で敗れた。アリサ・クレイバノワ フレッシュアイペディアより)

  • ナディア・ペトロワ

    ナディア・ペトロワから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2012年の全仏オープンでマリア・キリレンコと組み2度目の4大大会ダブルス決勝に進出したが、サラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組に 6-4, 4-6, 2-6 で敗れ準優勝となった。7月のロンドン五輪で2大会ぶりの五輪に出場し、シングルスでは3回戦でビクトリア・アザレンカに 6?7(6), 4?6 で敗れたが、マリア・キリレンコと組んだダブルスでは準決勝でセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組に 5?7, 4?6 で敗れた後の準決勝敗退選手2組による「銅メダル決定戦」でアメリカのリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組に 4-6, 6-4, 6-1 で勝利し銅メダルを獲得し、親子二代でメダリストになった。9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝でアグニエシュカ・ラドワンスカを 6?0, 1?6, 6?3 で破り大会初優勝を果たした。最終戦WTAツアー選手権ではキリレンコとのダブルスで優勝し、翌週のWTAトーナメント・オブ・チャンピオンズでも決勝でキャロライン・ウォズニアッキを 6?2, 6?1 で破りシングルス13勝目を挙げた。ナディア・ペトロワ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・フラバーチコバ

    アンドレア・フラバーチコバから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2012年はルーシー・ハラデツカとのダブルスで全豪オープンと全仏オープンでベスト4に進出した。ウィンブルドンでは4大大会2度目の決勝に進出した。決勝ではセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組に 5?7, 4?6 で敗れ準優勝となった。ロンドン五輪でオリンピックに初出場。女子ダブルス準決勝で第1シードのリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組を 6?1, 7?6 で破り決勝に進出した。決勝ではウィリアムズ姉妹組に 4?6, 4?6 で敗れ銀メダルを獲得している。全米オープンでも決勝に進出しサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組に 4?6, 2?6 で敗れウィンブルドンに続き準優勝となった。最終戦のWTAツアー選手権にも出場しダブルス決勝でマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組に 1-6, 4?6 で敗れ準優勝となった。アンドレア・フラバーチコバ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリア・アザレンカ

    ビクトリア・アザレンカから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2010年はシングルスで4回決勝に進出し2大会で優勝、2大会で準優勝した。2011年の全豪オープンではシングルスは4回戦で敗退したが、マリア・キリレンコと組んだダブルスで3年ぶりの決勝に進出した。決勝では第1シードのヒセラ・ドゥルコ&フラビア・ペンネッタ組に 6-2, 5-7, 1-6 の逆転で敗れ4大大会ダブルス初優勝を逃した。ビクトリア・アザレンカ フレッシュアイペディアより)

  • ペトラ・クビトバ

    ペトラ・クビトバから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    全仏オープンでは4回戦で優勝した李娜(中国)に 6-2, 1-6, 3-6 で敗れたが、ウィンブルドンでは決勝でロシアのマリア・シャラポワを 6-3, 6-4で破り初優勝。左利きの選手の女子シングルス優勝はアン・ヘイドン=ジョーンズ、マルチナ・ナブラチロワに次ぐ3人目の快挙であった。全米オープンでは1回戦で敗退したが、10月のリンツ大会では決勝でドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を 6?4, 6?1 で破りツアー6勝目を挙げた。最終戦のWTAツアー選手権でも決勝でビクトリア・アザレンカに 7?5, 4?6, 6?3 で勝利して、初出場で優勝した。年間最終ランキングでは自己最高の2位を記録した。フェドカップ決勝にも出場し、ロシアのマリア・キリレンコを 6?2, 6?2 、スベトラーナ・クズネツォワを 4?6, 6?2, 6?3 で破りチェコを23年ぶりの優勝に導いた。ペトラ・クビトバ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン女子ダブルス

    2011年全豪オープン女子ダブルスから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    決勝は大会第1シードのヒセラ・ドゥルコ&フラビア・ペンネッタ組と第12シードのビクトリア・アザレンカ&マリア・キリレンコ組との対戦となり、ドゥルコ/ペンネッタ組がアザレンカ/キリレンコ組を2-6,7-5,6-1の逆転で下し優勝した。2011年全豪オープン女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権女子ダブルス

    2010年ウィンブルドン選手権女子ダブルスから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    マリア・キリレンコ / アグニエシュカ・ラドワンスカ ''(2回戦)2010年ウィンブルドン選手権女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示