48件中 31 - 40件表示
  • クリスティナ・マクヘール

    クリスティナ・マクヘールから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2011年8月のシンシナティ大会では2回戦で当時世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキを 6-4, 7-5 で破る殊勲を挙げた。2011年全米オープンでは2回戦で第8シードのマリオン・バルトリを 7-6(2), 6-2 で破り3回戦に進出した。3回戦でマリア・キリレンコに 2-6, 3-6 で敗れた。クリスティナ・マクヘール フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    1月25日 - マリア・キリレンコ(ロシア、テニス)1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • フラビア・ペンネッタ

    フラビア・ペンネッタから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2011年の全豪オープンではシングルス3回戦でシャハー・ピアーを 3-6, 7-6, 6-4 で破り全豪最高の4回戦に進出した。ダブルスではヒセラ・ドゥルコと組み決勝でビクトリア・アザレンカ&マリア・キリレンコ組に 2?6, 7?5, 6?1 で逆転勝ちして4大大会初のタイトルを獲得した。2月にはドゥルコと並んでダブルスランキング1位になった。全米オープンでは3回戦で第3シードのマリア・シャラポワを 6-3, 3-6, 6-4、4回戦で第13シードの彭帥を 6-4, 7-6(6) で破って2年ぶりのベスト8に進出した。準々決勝ではノーシードのアンゲリク・ケルバーに 4-6, 6-4, 3-6 で敗れた。フラビア・ペンネッタ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年ウィンブルドン選手権女子ダブルス

    2013年ウィンブルドン選手権女子ダブルスから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    ダニエラ・ハンチュコバ / マリア・キリレンコ (2回戦, 棄権)2013年ウィンブルドン選手権女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • マルチナ・ヒンギス

    マルチナ・ヒンギスから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2007年の全豪オープンでは、2年連続でクライシュテルスに準々決勝で敗れたが、東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントの決勝でアナ・イバノビッチを 6-4, 6-2 で破り、大会最多の5度目の優勝を遂げた。3月初頭にはカタール・ドーハ大会のダブルスでマリア・キリレンコとペアを組んで優勝し、復帰後のダブルス初優勝を果たした。マルチナ・ヒンギス フレッシュアイペディアより)

  • 伊達公子

    伊達公子から見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2009年、4大大会にも13年ぶりの再挑戦を始め、全豪オープンで予選会を通過した。本戦1回戦では第25シードのカイア・カネピ(エストニア)に 6-4, 4-6, 6-8 で競り負け、初戦敗退。全仏オープンでは、故障で予選1回戦を途中棄権している。ウィンブルドンにおいて、主催者推薦(ワイルドカード)で13年ぶりの出場を果たしたが、第9シードの18歳、キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に 7-5, 3-6, 1-6 で逆転負けし、初戦突破はならなかった。復帰後WTAツアーレベルでは接戦の試合も見せながらも9戦全敗と、ツアー初勝利の壁に弾かれていたが、そんな中出場したハンソル韓国オープン1回戦において地元のYe-Ra Leeを 6-3, 6-4 のスコアで下し復帰後ツアー初勝利を挙げると、2回戦で第5シードのアリサ・クレイバノワ(ロシア)には第2セット第9ゲームでマッチポイントを握られるも 4-6, 7-6(4), 6-3 の大逆転で、準々決勝では第一シードのダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)を 7-6(3), 4-6, 6-4 で、準決勝では前年大会優勝者のマリア・キリレンコ(ロシア)を 3-6, 6-2, 6-4 でのスコアでそれぞれ下し決勝戦に進出。決勝ではアナベル・メディナ・ガリゲス(スペイン)6-3, 6-3のストレートで下し、96年のトーシバ・クラシック以来13年振り8度目のWTAツアーシングルス優勝を果たした。38歳11ヶ月30日での優勝は1983年のイギリス・バーミンガム大会で当時39歳7ヶ月23日でシングルス優勝を果たしたビリー・ジーン・キング(アメリカ)の記録に次ぐ歴代2位の年長優勝記録となった。伊達公子 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・オベチキン

    アレクサンドル・オベチキンから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    父のミハイル・オベチキンはサッカー選手、母のはバスケットボール選手で1976年モントリオール五輪と1980年モスクワ五輪の2大会で金メダルを獲得している。2012年12月にテニス選手のマリア・キリレンコと婚約したが、2014年7月に婚約解消を発表した。アレクサンドル・オベチキン フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2012年ウィンブルドン選手権では準々決勝でマリア・キリレンコを 7?5, 4?6, 7?5 で破り初めての4大大会ベスト4に進出した。準決勝ではアンゲリク・ケルバーに 6?3, 6?4 で勝利し決勝に進出。決勝ではセリーナ・ウィリアムズに 1?6, 7?5, 2?6 で敗れ準優勝となった。大会後に自己最高の2位を記録している。ロンドン五輪の開会式ではポーランド選手団の旗手を務めた。シングルスでは1回戦でドイツのユリア・ゲルゲスに 5-7, 7-6(5), 4-6 で敗退した。妹のウルシュラと組んだダブルスでも2回戦で敗退した。東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは2年連続で決勝に進出したが、ナディア・ペトロワに 0?6, 6?1, 3?6 で敗れ連覇を逃した。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • ユリア・ゲルゲス

    ユリア・ゲルゲスから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    2012年全豪オープンでゲルゲスは4大大会自己最高となる4回戦に進出した。4回戦ではアグニエシュカ・ラドワンスカに 1?6, 1?6 で敗れた。2月のドバイ大会で決勝に進出し、アグニエシュカ・ラドワンスカに 5?7, 4?6 で敗れ準優勝となった。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルスでは1回戦で第2シードのアグニエシュカ・ラドワンスカに 7?5, 6?7(5), 6?4 で勝利しマリア・キリレンコとの3回戦まで進出した。ユリア・ゲルゲス フレッシュアイペディアより)

  • サラ・エラニ

    サラ・エラニから見たマリア・キリレンコマリア・キリレンコ

    ダブルスでは同じイタリアのロベルタ・ビンチと組むことが多い。4大大会では2011年全米オープンでベスト8、2012年全豪オープンで決勝に進出した。決勝ではスベトラーナ・クズネツォワ&ベラ・ズボナレワ組に 7-5, 4-6, 3-6 で敗れ準優勝となった。2012年全仏オープンでは決勝でマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組を 4-6, 6-4, 6-2 で破り初めての4大大会ダブルスタイトルを獲得した。2012年全米オープンでも決勝に進出しアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組を 6?4, 6?2 で破り優勝した。大会後のランキングで初めてのダブルスランキング1位になった。2013年全豪オープンでも決勝でアシュリー・バーティ&ケーシー・デラクア組を 6-2, 3-6, 6-2 で破り4大大会ダブルス3勝目を挙げた。翌年の大会も連覇した。サラ・エラニ フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「マリア・キリレンコ」のニューストピックワード