66件中 21 - 30件表示
  • JRホテルグループ

    JRホテルグループから見たマリオットマリオット・インターナショナル

    なお、民営化後に新設された一部のホテルはIHG・ANAやJALホテルズ、マリオット等の共同出資によって、ダブルネーム(複数のホテルブランド)で運営されている施設もある。JRホテルグループ フレッシュアイペディアより)

  • ルネッサンス リゾート オキナワ

    ルネッサンス リゾート オキナワから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    沖縄本島北部の恩納村の東シナ海に面しており、マリオット・インターナショナル系列のリゾートホテルである。ルネッサンス リゾート オキナワ フレッシュアイペディアより)

  • トロント・イートン・センター

    トロント・イートン・センターから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    イートンセンターは東側にヤング・ストリート、南側にクイーン・ストリート・ウエスト、北側にダンダス・ストリート・ウエスト、そして西側にベイ・ストリートの東側のビル群が、それぞれ接している。内部通路はトロントの地下連絡通路「PATH」の一部を成し、中央部はトロント市地下鉄のダンダス駅とクイーン駅の2つの地下鉄駅が近接する。施設には3つのオフィスビル(位置はそれぞれ、20 クイーン・ストリート・ウエスト、250 ヤング・ストリート、1 ダンダス・ストリート・ウエスト)と共に、ライアソン大学経済学部の研究棟も含まれている。加えて、イートンセンターは17階建てのマリオット・ホテルや、カナダ最大のデパートチェーンであるザ・ベイ本店と連結している。トロント・イートン・センター フレッシュアイペディアより)

  • エミレーツ・パーク・タワーズ・ホテル・アンド・スパ

    エミレーツ・パーク・タワーズ・ホテル・アンド・スパから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    エミレーツ航空の親会社であるエミレーツ・グループのホテル部門・「エミレーツ・ホテルズ・アンド・リゾーツ」のプロジェクトで、当初はエミレーツ・タワーズのあるシェイク・ザーイド・ロード地区に建設を計画したが、新ビジネス街のビジネスベイ地区の人工運河が延伸されることになり、その運河沿いに場所を変更、設計もツインタワーに変わった。2006年に着工、2009年8月時点で60階まで完成している。完成後の運営はマリオット・インターナショナルが行う予定。エミレーツ・パーク・タワーズ・ホテル・アンド・スパ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋マリオットアソシアホテル

    名古屋マリオットアソシアホテルから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    東海旅客鉄道(JR東海)の子会社が運営するアソシアホテルズ&リゾーツの一つ、マリオット・インターナショナルブランドの一つになっている。ただし、JRホテルグループには加盟しておらず、隣接する名古屋ターミナルビル内に所在した「ホテルアソシア名古屋ターミナル」が加盟していた。名古屋マリオットアソシアホテル フレッシュアイペディアより)

  • バンコク・マリオット・リゾート&スパ

    バンコク・マリオット・リゾート&スパから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    2011年11月1日からはマリオット・インターナショナルを離脱し、名称をアナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパに変更した。バンコク・マリオット・リゾート&スパ フレッシュアイペディアより)

  • ドックランズ

    ドックランズから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    過去20年間で、ドックランズの人口は2倍以上になり、また交通も便利な大ビジネスエリア・住宅地区になった。交通網は明らかに良くなり、ドッグ島は1999年に地下鉄ジュビリー線が延伸し、ウェストミンスター駅から6駅でカナリー・ワーフに着き、東郊のセントラル線にストラトフォード駅で接続した。またドックランズ・ライト・レイルウェイは、東はベックトン方面への延伸が完了し、さらに支線としてロンドンシティ空港を経てキングジョージ5世ドック方面への延伸が2005年12月に完成した。また南はドッグ島を縦断しテムズ川を越えてグリニッジ、ルイシャムまで延伸している。カナリー・ワーフはヨーロッパ最大の超高層ビル街となり、シティの金融街としての地位を脅かすまでになった。ドックランズの東半分を占めるロイヤルドックは、エクセル・エキシビション・センター(コンベンションセンター)として生まれ変わった。国際的なホテルとして、フォーシーズンズ、ヒルトン、マリオットも建設された。ドックランズ フレッシュアイペディアより)

  • サスカトゥーン

    サスカトゥーンから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    食品加工も重要な産業になっているほか、製造業も入っている。日立カナダのほか、情報工学や電気通信分野の会社なども見られる。ミナックス(Minacs)とマリオット・インターナショナルのコールセンター、カナダ・ファースト・ネーションズ銀行(FNBC)の本部もある。サスカトゥーン フレッシュアイペディアより)

  • ウィーバー郡 (ユタ州)

    ウィーバー郡 (ユタ州)から見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    J・ウィラード・マリオット、実業家、マリオット・インターナショナルの創業者ウィーバー郡 (ユタ州) フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤルホールディングス

    ロイヤルホールディングスから見たマリオット・インターナショナルマリオット・インターナショナル

    企業・病院・大学などで展開。事業会社は住友商事との共同出資によるロイヤルコントラクトサービス(2008年に改称、旧エスシーロイヤル←ロイヤルマリオット&エスシー)。ロイヤルホールディングス フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「マリオット・インターナショナル」のニューストピックワード