前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見た三井不動産

    1957年には第1号となるホテルを開業。1966年の時点では6軒だったホテルも1977年を境に急激に増やし、1981年には100軒目を突破。急激にホテルを増やした背景には、それまで巨額のローンが足枷となってホテルの数を増やせずにいたが、いったん建設したホテルを投資家や外部企業に売却し、その投資家や外部企業と契約を結ぶ手法に切り替えたことにある。現在ある世界的なホテルは投資家や外部企業と、ホテル会社との契約で成り立っている(例・ザ・リッツ・カールトン東京は、三井不動産とマリオット・コーポレーションとの契約で成り立っている)。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見たザ・リッツ・カールトン

    1957年には第1号となるホテルを開業。1966年の時点では6軒だったホテルも1977年を境に急激に増やし、1981年には100軒目を突破。急激にホテルを増やした背景には、それまで巨額のローンが足枷となってホテルの数を増やせずにいたが、いったん建設したホテルを投資家や外部企業に売却し、その投資家や外部企業と契約を結ぶ手法に切り替えたことにある。現在ある世界的なホテルは投資家や外部企業と、ホテル会社との契約で成り立っている(例・ザ・リッツ・カールトン東京は、三井不動産とマリオット・コーポレーションとの契約で成り立っている)。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見たJ・ウィラード・マリオット

    1927年、J・ウィラード・マリオットとヒュー・コルトンという二人の男がノンアルコールビールを扱う居酒屋(店名・ホットショップ)を開業。この居酒屋は順調に業績を伸ばし、1937年に飛行機の機内食事業を開拓する。この機内食事業の誕生のきっかけは、1937年のある日、マリオットがワシントン郊外のフーバー飛行場に隣接するホットショップで、乗客が機内に持ち込む飲食物を買っていることに気づいたことによる。機内食事業も順調に業績を伸ばし、1963年には10の空港と25の航空会社にサービスをするようになり、1966年には海外進出を果たす。機内食事業開拓後も給食事業などのフード産業に進出。1967年にはマリオット・コーポレーションに社名変更。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見たジャカルタ

    アメリカ系の高級ホテルということで、しばしばテロの標的になっており、2003年8月と2009年7月にはインドネシアのジャカルタで、2008年9月にはパキスタンのイスラマバードで大規模な爆弾テロ事件(イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件)が起きている。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見た飛行機

    1927年、J・ウィラード・マリオットとヒュー・コルトンという二人の男がノンアルコールビールを扱う居酒屋(店名・ホットショップ)を開業。この居酒屋は順調に業績を伸ばし、1937年に飛行機の機内食事業を開拓する。この機内食事業の誕生のきっかけは、1937年のある日、マリオットがワシントン郊外のフーバー飛行場に隣接するホットショップで、乗客が機内に持ち込む飲食物を買っていることに気づいたことによる。機内食事業も順調に業績を伸ばし、1963年には10の空港と25の航空会社にサービスをするようになり、1966年には海外進出を果たす。機内食事業開拓後も給食事業などのフード産業に進出。1967年にはマリオット・コーポレーションに社名変更。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見た岐阜市

    ルネッサンス岐阜ホテル(岐阜市) 2006年1月1日より岐阜都ホテルに名称変更マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見た名護市

    ザ・リッツ・カールトン沖縄(名護市喜瀬)2012年5月29日オープン。「喜瀬別邸ホテル&スパ」を2011年8月末で閉鎖し、同年9月から改修工事に入っていた。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見たイスラマバード

    アメリカ系の高級ホテルということで、しばしばテロの標的になっており、2003年8月と2009年7月にはインドネシアのジャカルタで、2008年9月にはパキスタンのイスラマバードで大規模な爆弾テロ事件(イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件)が起きている。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見た機内食

    1927年、J・ウィラード・マリオットとヒュー・コルトンという二人の男がノンアルコールビールを扱う居酒屋(店名・ホットショップ)を開業。この居酒屋は順調に業績を伸ばし、1937年に飛行機の機内食事業を開拓する。この機内食事業の誕生のきっかけは、1937年のある日、マリオットがワシントン郊外のフーバー飛行場に隣接するホットショップで、乗客が機内に持ち込む飲食物を買っていることに気づいたことによる。機内食事業も順調に業績を伸ばし、1963年には10の空港と25の航空会社にサービスをするようになり、1966年には海外進出を果たす。機内食事業開拓後も給食事業などのフード産業に進出。1967年にはマリオット・コーポレーションに社名変更。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • マリオット・インターナショナル

    マリオット・インターナショナルから見た2009年

    アメリカ系の高級ホテルということで、しばしばテロの標的になっており、2003年8月と2009年7月にはインドネシアのジャカルタで、2008年9月にはパキスタンのイスラマバードで大規模な爆弾テロ事件(イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件)が起きている。マリオット・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「マリオット・インターナショナル」のニューストピックワード