40件中 11 - 20件表示
  • ゲーム・オブ・シャドウズ

    ゲーム・オブ・シャドウズから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    ゲーム・オブ・シャドウズ:バリー?ボンズ、BALCO、そしてプロスポーツを揺るがしたステロイドスキャンダル(Game of Shadows: Barry Bonds, BALCO, and the Steroids Scandal that Rocked Professional Sports)は、3月23日にサンフランシスコ・クロニクル紙記者であるマーク・ファイナル・ワダとランス・ウィリアムズの共著によって出版されたノンフィクションのベストセラー本であり、バルコ・スキャンダルを中心に描かれている。著者はから少なくとも5シーズンにわたり、バリー・ボンズがアナボリックステロイドやヒト成長ホルモン(HGH)などの様々な運動能力向上薬物を使い続けたと主張している。ボンズ以外にベニート・サンティアゴ、マリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ビル・ロマノフスキーらの薬物使用疑惑も取り上げている。ゲーム・オブ・シャドウズ フレッシュアイペディアより)

  • ラターシャ・コランダー

    ラターシャ・コランダーから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    コランダーは、2000年シドニーオリンピックの400mと4×400mリレーに出場。400mは予選で敗退したが、ジール・マイルス=クラーク、モニーク・ヘンナガン、マリオン・ジョーンズとともに挑んだ4×400mリレーでは、3分22秒62のタイムで金メダルを獲得した。その後、マリオン・ジョーンズのドーピング問題によって金メダルを剥奪されたが、スポーツ仲裁裁判所が2010年7月16日に失格処分は無効と裁定し、剥奪は撤回された。ラターシャ・コランダー フレッシュアイペディアより)

  • サウザンドオークス

    サウザンドオークスから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズ陸上競技の選手、サウザンドオークス高校卒サウザンドオークス フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    10月12日 - マリオン・ジョーンズ(アメリカ、陸上競技)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年世界陸上競技選手権大会

    2013年世界陸上競技選手権大会から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    この大会で世界記録は更新されなかった。大会記録は3種目で更新された。男子走高跳はボーダン・ボンダレンコが世界歴代3位タイとなる2m41を記録し、ハビエル・ソトマヨルがシュトゥットガルト大会で記録した2m40を更新した。女子ハンマー投はタチアナ・リセンコが世界歴代2位となる78m80を記録し、アニタ・ヴォダルチクがベルリン大会で記録した77m96を更新した。女子4×100mリレーでジャマイカ(Carrie Russell, ケロン・スチュワート, Schillonie Calvert, シェリー=アン・フレーザー=プライス)が41秒29を記録し大会記録を更新した。従来の大会記録は、アメリカ合衆国(クリスティ・ゲインズ, マリオン・ジョーンズ, インガー・ミラー, ゲイル・ディバース)がアテネ大会で記録した41秒47だった。2013年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • トーリ・エドワーズ

    トーリ・エドワーズから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2000年のシドニーオリンピック4x100mリレーで銅メダルを獲得するが、チームメートのマリオン・ジョーンズのドーピングによりメダルを剥奪された。しかしスポーツ仲裁裁判所が2010年7月16日に失格処分は無効と裁定し、剥奪は撤回された。トーリ・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ティム・モンゴメリ

    ティム・モンゴメリから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    またこの裁定の後、2005年6月から2年間の出場停止処分となるが、裁定から数日後に引退を表明。パートナーだったマリオン・ジョーンズと離婚したことも明らかにした。ティム・モンゴメリ フレッシュアイペディアより)

  • ビクター・コンテ

    ビクター・コンテから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2004年12月3日にはABCのインタビューに答え、マリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ドウェイン・チェンバース、ケリー・ホワイト、ビル・ロマノフスキーに禁止薬物を渡していたと証言した。 バリー・ボンズが禁止薬物を使用したか否かについては、ボンズの専属トレーナーであるグレッグ・アンダーソンに渡したがその先は不明とした。 ジョーンズはシドニーオリンピックの数週間前から使用を始め、終了後も使用を続けた。その間に何度もドーピング検査を受けたが、1度も陽性反応は出なかったという。バルコから提供された薬物を使い、検査で陰性だった選手が他にも多数いたと語っている。ビクター・コンテ フレッシュアイペディアより)

  • オレンジ郡 (ノースカロライナ州)

    オレンジ郡 (ノースカロライナ州)から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズ、陸上競技選手オレンジ郡 (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • テトラヒドロゲストリノン

    テトラヒドロゲストリノンから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    一時、THGは陸上競技において、世界記録を破るために使われる安全で「発見できない」薬物だと考えられていた。マリオン・ジョーンズのように、好成績で金メダルを獲得した何人かの選手はTHGを使用していた。テトラヒドロゲストリノン フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「マリオン・ジョーンズ」のニューストピックワード