40件中 21 - 30件表示
  • クリスティーン・アーロン

    クリスティーン・アーロンから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    アーロンの100mの記録10秒73は、フローレンス・ジョイナー(10秒49)、マリオン・ジョーンズ(10秒65)に次ぐ世界歴代3位の記録であった。しかし、ジョイナーにはドーピング疑惑があり、ジョーンズはドーピングを認めている。このことから、アーロンの記録が実質的な世界記録と考える人も少なくないようであった。クリスティーン・アーロン フレッシュアイペディアより)

  • アリソン・フェリックス

    アリソン・フェリックスから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2004年4月19日、200mで22秒51を記録。マリオン・ジョーンズの持つジュニア全米記録22秒58を11年振りに更新。アリソン・フェリックス フレッシュアイペディアより)

  • トレバー・グラハム

    トレバー・グラハムから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    選手としては、1988年のソウルオリンピックにジャマイカ代表で出場し、4×400mリレーで銀メダルを獲得した(ただし、決勝戦には出場していない。)。指導者としては、スプリント・キャピトルUSAのヘッドコーチを務め、マリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ジャスティン・ガトリンらを指導した。しかし、バルコ・スキャンダルの渦中で、彼の指導した選手たちがドーピングを行っていた事実が明らかになっていった。トレバー・グラハム フレッシュアイペディアより)

  • 有川秀之

    有川秀之から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    「日本女子一流選手の100mレース分析 -世界女子一流選手(マリオン.ジョーンズ)との比較」(太田涼・有川秀之), 運動とスポーツの科学 4(1), 15-21, 1998有川秀之 フレッシュアイペディアより)

  • ケイリン・ホイットニー

    ケイリン・ホイットニーから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2014年7月の全米ジュニア選手権では、5日の女子100m予選で自己ベスト(11秒27)を更新する11秒17(+0.8)をマークすると、決勝では予選のタイムを更に縮める11秒10(+0.9)のユース世界最高新記録(当時)を樹立。1976年にチャンドラ・チーズボローがマークした11秒13を38年ぶりに更新するとともに、1998年にが樹立した11秒11の全米高校記録も16年ぶりに更新した。勢いは止まらず、翌日の女子200m決勝でも22秒49のユース世界最高新記録(当時)を樹立し、1992年にマリオン・ジョーンズがマークした22秒58を22年ぶりに更新した。ケイリン・ホイットニー フレッシュアイペディアより)

  • オックスナード (カリフォルニア州)

    オックスナード (カリフォルニア州)から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズ: 資格を剥奪されたオリンピック金メダリスト、リオメサ高校卒オックスナード (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • オバデレ・トンプソン

    オバデレ・トンプソンから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2007年にマリオン・ジョーンズ(アメリカ)と結婚し、その後1児をもうけている。オバデレ・トンプソン フレッシュアイペディアより)

  • クリスティ・ゲインズ

    クリスティ・ゲインズから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    4年後のシドニーオリンピックにも出場。この大会でも4×100mリレーに出場。ゲインズは前回大会から唯一残った選手として、マリオン・ジョーンズ、トーリ・エドワーズ、ナンシーン・ペリーとともに金メダルを目指したが、銅メダル獲得にとどまった。2007年にチームメートのジョーンズがシドニー大会でドーピングを行ったことを告白したためゲインズの銅メダルも剥奪されたが、スポーツ仲裁裁判所が2010年7月16日に失格処分は無効と裁定し、剥奪は撤回された。クリスティ・ゲインズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    10月5日 - 陸上女子短距離のマリオン・ジョーンズが、ドーピングに関する連邦政府の捜査に対し、偽証したことを認めた。2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディス・ヒル

    キャンディス・ヒルから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    高校のトラックシーズン終了後、2014-2015シーズンのゲータレード・全米高校最優秀女子陸上競技選手賞(Gatorade National Girls Track Athlete of the Year)を受賞した。30年の歴史を誇るこの賞において、2年生での受賞はマリオン・ジョーンズ以来史上2人目の快挙となった。その後、各スポーツの最優秀選手の中から選出されるゲータレード・全米高校最優秀選手賞(Gatorade National Player of the Year)の女子部門を受賞した。キャンディス・ヒル フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示