1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • サウザンドオークス

    サウザンドオークスから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズ陸上競技の選手、サウザンドオークス高校卒サウザンドオークス フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    近年、ステロイド使用が明らかになったスポーツ選手には陸上のティム・モンゴメリ、ラショーン・メリット、マリオン・ジョーンズらがいる。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーニ・タヌー

    エカテリーニ・タヌーから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    タヌーは、2000年シドニーオリンピックの女子100mで、アメリカのマリオン・ジョーンズに次いで、2位でゴール。銀メダルを獲得した。ところが、2007年になって、ジョーンズが、シドニーオリンピックの前と、オリンピック期間中に禁止薬物を使用していたことを告白したため、金メダルを剥奪された。しかし、銀メダリストのタヌーにも疑わしい過去があることからか、繰り上がりの金メダルを獲得するにいたっていない。エカテリーニ・タヌー フレッシュアイペディアより)

  • IAAF世界最優秀選手賞

    IAAF世界最優秀選手賞から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズ(1997年、1998年、2000年)IAAF世界最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • 世界陸上競技選手権大会

    世界陸上競技選手権大会から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    ドイツの数字は旧西ドイツ(1983-1989年)と統一後のドイツ(1991年以降)を合算したもの。また、マリオン・ジョーンズのドーピング違反によりアメリカのメダル数は減少すると見られている。世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・モンゴメリ

    ティム・モンゴメリから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    またこの裁定の後、2005年6月から2年間の出場停止処分となるが、裁定から数日後に引退を表明。パートナーだったマリオン・ジョーンズと離婚したことも明らかにした。ティム・モンゴメリ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2003年にバルコの禁止薬物の販売に関する大陪審で禁止薬物を故意に使用したことはないというボンズの証言について、アメリカ連邦大陪審は2007年11月15日に偽証罪で起訴した。ボンズと同様にバルコからドーピング投与を受けた疑惑をもたれていた女子陸上競技選手マリオン・ジョーンズもドーピングしていたことを既に認めており、金メダルを返還して引退している。なお、ボンズの偽証罪の直接の訴因は「薬物を使用したこと」ではなく、「薬物を使用したにもかかわらず嘘の証言をした」ことである。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・クーパー (アメリカンフットボール)

    クリス・クーパー (アメリカンフットボール)から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズらのBALCOに絡んだ薬物使用疑惑が明るみになった際、彼の名前もチームメートと共に取りざたされた。クリス・クーパー (アメリカンフットボール) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    10月5日 - 陸上女子短距離のマリオン・ジョーンズが、ドーピングに関する連邦政府の捜査に対し、偽証したことを認めた。2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示