1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • スサンティカ・ジャヤシンゲ

    スサンティカ・ジャヤシンゲから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2009年12月、マリオン・ジョーンズのドーピングにより、シドニー五輪200mの銅メダルが銀メダルに繰り上げとなった。スサンティカ・ジャヤシンゲ フレッシュアイペディアより)

  • WNBAドラフト

    WNBAドラフトから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2003年ドラフト指名が3巡目まで短縮された。この年には陸上競技のマリオン・ジョーンズがフェニックスよりドラフト指名された。WNBAドラフト フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    近年、ステロイド使用が明らかになったスポーツ選手には陸上のティム・モンゴメリ、ラショーン・メリット、マリオン・ジョーンズらがいる。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

  • バルコ・スキャンダル

    バルコ・スキャンダルから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    バルコ(BALCO)社は1984年に、ビクター・コンテによって設立された。バルコ社は1988年から2002年にかけて運動能力向上薬物を提供していた。コンテが禁止薬物の提供を認めたと報道された顧客は陸上競技選手15人、NFL選手7人、メジャーリーグベースボール(MLB)選手5人の計27人。陸上競技のマリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ドウェイン・チェンバース、MLBのバリー・ボンズ、ゲイリー・シェフィールド、ジェイソン・ジアンビ、NFLのビル・ロマノフスキーといったスポーツ界の一流選手も名を連ねていた。バルコ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • ケン・ジェニングス

    ケン・ジェニングスから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    ジェニングスの連勝は第20シーズンにあたる2004年6月2日(水)の放送から始まり、第21シーズンまで続いた。連勝の1戦目は2連勝中のジェリー・ハーベイを破ったところから始まった。しかしながら第1戦目の状況は、ファイナル・ジェパディで答えがマリオン・ジョーンズであるにも関わらず、"Who is Jones?"とジョーンズとだけ解答し、司会者のアレックス・トレベックからは「女性のアスリートでジョーンズという人はそう多くないのでジョーンズだけでも正解としましょう(We will accept, as when it comes to female athletes, there aren't that many)」とおまけで正解をもらうような状況であり、そもすれば連勝記録など無かったかもしれないような始まり方であった。ジェニングスの連続出場は、特番のため一旦小休止がはさまれている(2004年のキッズ・ウィークとチャンピオン大会、大学生大会)。なお、チャンピオン大会に関しては、チャンピオン大会の出場条件が既に1度チャンピオンの座を退いている人に限られており(大学生大会の優勝者は例外)、チャンピオン大会が収録される時点ではまだジェニングスは連勝中であったために出場できなかった。ケン・ジェニングス フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーニ・タヌー

    エカテリーニ・タヌーから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    タヌーは、2000年シドニーオリンピックの女子100mで、アメリカのマリオン・ジョーンズに次いで、2位でゴール。銀メダルを獲得した。ところが、2007年になって、ジョーンズが、シドニーオリンピックの前と、オリンピック期間中に禁止薬物を使用していたことを告白したため、金メダルを剥奪された。しかし、銀メダリストのタヌーにも疑わしい過去があることからか、繰り上がりの金メダルを獲得するにいたっていない。エカテリーニ・タヌー フレッシュアイペディアより)

  • ミーティングアレヴァ

    ミーティングアレヴァから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2001年大会は男子800mでアンドレ・ブヒャーが1分43秒34、同1500mでヒシャム・エルゲルージが3分28秒38、女子100mでマリオン・ジョーンズが10秒84、同3000mでオリガ・エゴロワが8分23秒75をマーク、4つの大会新記録が生まれた。。ミーティング・ギャズ・ドゥ・フランスは、メモリアルヴァンダムとヴェルトクラッセチューリッヒに次ぐIAAFクラス3にランクされた。ミーティングアレヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ドーピング

    ドーピングから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2003年10月、アメリカの栄養補助食品会社であるバルコ(BALCO)社がスポーツ選手に禁止薬物を提供していたとされるバルコ・スキャンダルが発覚し、同年12月の連邦大陪審でMLBのニューヨーク・ヤンキースに所属するジェイソン・ジアンビがステロイドの使用を認める発言をしていた事がのちに明らかになり、MLBにおけるドーピング検査が強化されるきっかけとなった。ステロイドの使用を否定した陸上女子のマリオン・ジョーンズは偽証罪で訴追された。ジョーンズは2007年12月13日にシドニーオリンピックの陸上競技で獲得した3つの金に2つの銀メダルを全て剥奪され、2008年1月12日に禁錮6か月の判決を受けた。同じくステロイドの使用を否定して偽証罪で起訴された元MLBのバリー・ボンズは専属トレーナーのグレッグ・アンダーソンが証言の拒否を続けた事もあり、4月13日に司法妨害のみ有罪とする評決を言い渡された。同年12月15日に2年間の保護観察処分と30日間の自宅謹慎が言い渡された。ドーピング フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    2003年にバルコ社の禁止薬物の販売に関する大陪審で禁止薬物を故意に使用したことはないという証言について、アメリカ連邦大陪審は2007年11月15日に偽証罪で起訴した。ボンズと同様にバルコ社からドーピング投与を受けた疑惑をもたれていた女子陸上競技選手マリオン・ジョーンズもドーピングしていたことを既に認めており、金メダルを返還して引退している。なお偽証罪の直接の訴因は「薬物を使用したこと」ではなく、「薬物を使用したにもかかわらず嘘の証言をした」ことである。同年12月13日に発表されたミッチェル報告書に実名で取り上げられた。ボンズは報告書作成時の調査に関連した聴取を拒否した事に加え、禁止薬物の使用の疑いについて書かれた質問に対する応答を拒否したとされている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • 世界陸上競技選手権大会

    世界陸上競技選手権大会から見たマリオン・ジョーンズマリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズのドーピング違反によりアメリカのメダル数は減少すると見られている。世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示