37件中 21 - 30件表示
  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たベリーズ

    マリオン・ジョーンズ(Marion Jones, 1975年10月12日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身の陸上競技選手。アメリカ以外に、両親の出身地であるベリーズの国籍も持つ。フローレンス・ジョイナーの後継者的存在であり、オリンピックで5つのメダルを獲得したが、禁止薬物の使用が発覚したことでジョーンズは獲得した全てのメダルを返還、後に全ての陸上記録が抹消された。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たアトランタオリンピック

    バスケットボールと陸上競技の両方に秀でていたジョーンズは、1992年のジュニア世界陸上選手権に出場した後にバスケットボールに軸を移し、ノースカロライナ大学の一員として1994年のNCAA女子バスケットボール選手権で優勝する。怪我によりアトランタオリンピックの選考から漏れると、今度は陸上に専念することを決意した。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たノースカロライナ大学

    バスケットボールと陸上競技の両方に秀でていたジョーンズは、1992年のジュニア世界陸上選手権に出場した後にバスケットボールに軸を移し、ノースカロライナ大学の一員として1994年のNCAA女子バスケットボール選手権で優勝する。怪我によりアトランタオリンピックの選考から漏れると、今度は陸上に専念することを決意した。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たウクライナ

    1997年世界陸上競技選手権大会では、走幅跳では10位だったものの、100mで優勝した。1999年世界陸上競技選手権大会では、4つのタイトルに挑戦したが、100mで優勝、走り幅跳びで3位の後、200mの予選で肉離れにより棄権した。2001年世界陸上競技選手権大会でも圧倒的な実力を持つと見られていたジョーンズだが、100mではウクライナのザンナ・ピンツセビッチとの接戦の末、敗れ銀メダルとなった。陸上転向以降、100mで敗れたのは初めてのことだったが、200mと4x100mリレーでは金メダルを勝ち取った。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見た1999年世界陸上競技選手権大会

    1997年世界陸上競技選手権大会では、走幅跳では10位だったものの、100mで優勝した。1999年世界陸上競技選手権大会では、4つのタイトルに挑戦したが、100mで優勝、走り幅跳びで3位の後、200mの予選で肉離れにより棄権した。2001年世界陸上競技選手権大会でも圧倒的な実力を持つと見られていたジョーンズだが、100mではウクライナのザンナ・ピンツセビッチとの接戦の末、敗れ銀メダルとなった。陸上転向以降、100mで敗れたのは初めてのことだったが、200mと4x100mリレーでは金メダルを勝ち取った。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たタルサ・ショック

    2010年3月10日、バスケットボールの米女子プロリーグ・WNBAのタルサ・ショックと契約を結び、バスケットボール界に復帰することになったが、2011年シーズンは出場14試合で平均得点が1点以下とほとんど活躍できず、同年7月21日にチームを解雇された。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見た禁錮

    2008年1月11日、偽証罪などで禁錮6月の実刑判決が言い渡された。その後は3月7日よりサン・アントニオの刑務所に服役し、9月5日午前8時に出所した。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見た1997年世界陸上競技選手権大会

    1997年世界陸上競技選手権大会では、走幅跳では10位だったものの、100mで優勝した。1999年世界陸上競技選手権大会では、4つのタイトルに挑戦したが、100mで優勝、走り幅跳びで3位の後、200mの予選で肉離れにより棄権した。2001年世界陸上競技選手権大会でも圧倒的な実力を持つと見られていたジョーンズだが、100mではウクライナのザンナ・ピンツセビッチとの接戦の末、敗れ銀メダルとなった。陸上転向以降、100mで敗れたのは初めてのことだったが、200mと4x100mリレーでは金メダルを勝ち取った。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見た棄権

    1997年世界陸上競技選手権大会では、走幅跳では10位だったものの、100mで優勝した。1999年世界陸上競技選手権大会では、4つのタイトルに挑戦したが、100mで優勝、走り幅跳びで3位の後、200mの予選で肉離れにより棄権した。2001年世界陸上競技選手権大会でも圧倒的な実力を持つと見られていたジョーンズだが、100mではウクライナのザンナ・ピンツセビッチとの接戦の末、敗れ銀メダルとなった。陸上転向以降、100mで敗れたのは初めてのことだったが、200mと4x100mリレーでは金メダルを勝ち取った。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たアメリカオリンピック委員会

    2008年1月8日、ジョーンズは2000年のシドニーオリンピックで獲得した3個の金メダル、2個の銅メダルをアメリカオリンピック委員会(USOC)に返還、同大会以降の記録抹消にも応じた。USADAはジョーンズに2年間の出場停止処分を下した。(ちなみに、それに伴い2009年に各選手へ順位の繰り上げが行われ、メダル授与されている。)マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示