1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たアマニ油

    2007年10月4日、米ワシントン・ポストはジョーンズが自らが書いた手紙の中で、1999年から2年間にわたりテトラハイドロゲストリノンを含む薬物を、コーチに「栄養補助のアマニ油」と偽られて使用したことを告白していたと報じた。翌5日には薬物使用問題に関して偽証罪で訴追されていたニューヨーク州ホワイトプレーンズの連邦地方裁判所にて、連邦政府がドーピングに関する調査を行った際にステロイドホルモン剤の使用を否定したのは偽証であったことを認める証言を行い、同時に現役引退を表明。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たアメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー

    2004年12月3日には、バルコの創業者ビクター・コンテがABCのインタビューに答えて、ジョーンズがシドニーオリンピック前と期間中および期間後に5つの異なる不正薬物を使用していたと述べた。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たWNBA

    2010年3月10日、バスケットボールの米女子プロリーグ・WNBAのタルサ・ショックと契約を結び、バスケットボール界に復帰することになったが、2011年シーズンは出場14試合で平均得点が1点以下とほとんど活躍できず、同年7月21日にチームを解雇された。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見た2001年世界陸上競技選手権大会

    1997年世界陸上競技選手権大会では、走幅跳では10位だったものの、100mで優勝した。1999年世界陸上競技選手権大会では、4つのタイトルに挑戦したが、100mで優勝、走り幅跳びで3位の後、200mの予選で肉離れにより棄権した。2001年世界陸上競技選手権大会でも圧倒的な実力を持つと見られていたジョーンズだが、100mではウクライナのザンナ・ピンツセビッチとの接戦の末、敗れ銀メダルとなった。陸上転向以降、100mで敗れたのは初めてのことだったが、200mと4x100mリレーでは金メダルを勝ち取った。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たシドニーオリンピック

    2004年12月3日には、バルコの創業者ビクター・コンテがABCのインタビューに答えて、ジョーンズがシドニーオリンピック前と期間中および期間後に5つの異なる不正薬物を使用していたと述べた。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たアナボリックステロイド

    2007年10月4日、米ワシントン・ポストはジョーンズが自らが書いた手紙の中で、1999年から2年間にわたりテトラハイドロゲストリノンを含む薬物を、コーチに「栄養補助のアマニ油」と偽られて使用したことを告白していたと報じた。翌5日には薬物使用問題に関して偽証罪で訴追されていたニューヨーク州ホワイトプレーンズの連邦地方裁判所にて、連邦政府がドーピングに関する調査を行った際にステロイドホルモン剤の使用を否定したのは偽証であったことを認める証言を行い、同時に現役引退を表明。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ

    マリオン・ジョーンズから見たバルコ・スキャンダル

    米国反ドーピング機構(USADA)はバルコによるドーピング疑惑事件に絡み、薬物使用の疑いでジョーンズに対する調査を行った。この会社はメジャーリーグでシーズン最多本塁打・通算最多本塁打の記録を更新したバリー・ボンズに薬物を提供したとされる会社である。マリオン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示