前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • カカウ

    カカウから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    ドイツで所属した最初のクラブは9部相当のリーグに所属するSVテュルク・ギュジュ・ミュンヘンで、その後1.FCニュルンベルクのリザーブチームに移った。リザーブチームでの活躍が認められ、2001年11月18日のハンザ・ロストック戦でトップチームデビューすると、12月8日のバイヤー・レバークーゼン戦で初得点した。2001-02シーズンは17試合出場6得点で終えたが、2002-03シーズンは27試合に出場して2得点にとどまり、クラブはツヴァイテリーガ(2部)降格となった。2003年1月にVfBシュトゥットガルトへの移籍が内定し、同年夏に移籍した。2003-04シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ4試合に出場した。2004-05シーズンはリーグ戦で12得点し、チーム2位の得点数を記録した。UEFAカップでは1回戦のウーイペシュトFC(ハンガリー)戦で2試合連続2得点を記録し、グループリーグ初戦のKSベベレン(ベルギー)戦でも2得点するなど、8試合すべてにフル出場して7得点を挙げた。2005-06シーズンは不本意なシーズンとなり、リーグ戦では4得点に終わったが、2006-07シーズンは鍵となる選手のひとりとなり、チーム2位の13得点を挙げてリーグ優勝に貢献した。特にバイエルン・ミュンヘン戦(2-0)での2得点、VfLボーフム戦(3-2)での決勝点など、シーズン終盤に重要な得点を挙げて大活躍した。このシーズンのDFBポカールでは6試合で5得点し、ボーフム(4-1)、ヘルタ・ベルリン(2-0)、VfLヴォルフスブルク(1-0)などを破って決勝に進出した。決勝の古巣1.FCニュルンベルク戦では20分に先制点を挙げたが、得点の11分後にレッドカードを受けて退場処分となり、延長戦の末に2-3で敗れて準優勝に終わった。カカウはアウェーでのニュルンベルクとのリーグ戦でも得点しているが、リーグ戦ではホーム&アウェーで2連敗しており、同クラブにはシーズン3回目の敗戦となった。2007-08シーズンはUEFAチャンピオンズリーグで5試合に出場し、11月27日のレンジャーズFC(スコットランド)戦(ホーム、3-2)で同点弾を決めた。リーグ戦では27試合に出場して9得点を挙げ、チームは6位でシーズンを終えた。2008-09シーズンは24得点を決めたFWマリオ・ゴメスのパートナーとしてチーム2位の7得点を決めた。特に、マルクス・バッベル監督就任後の活躍が著しかった。2009-10シーズン前半戦はクラブの低迷に合わせて2得点と沈黙したが、23節の1.FCケルン戦(5-1)で1試合4得点と爆発すると、その試合から最終節までの12試合で11得点し、順位を7位まで上げてUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。2010年5月1日、クラブとの契約を2013年夏まで延長した。2011-12シーズンは序盤から好調を続け、2011年8月6日のシャルケ04戦(3-0)ではヘディングシュートを決めて快勝に貢献した。2014年5月3日、契約満了により2013-14シーズン限りでシュトゥットガルトを退団することが発表された。カカウ フレッシュアイペディアより)

  • VfBシュトゥットガルト

    VfBシュトゥットガルトから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    このシーズンから加入したメキシコ人プレーヤー、パベル・パルドは前シーズンまでチームを支え続けた名ボランチ、ズボニミール・ソルドを思わせる存在感を発揮。同じく新加入のメキシコ人右サイドバック、リカルド・オソリオや前シーズンから才能の片鱗を見せ始めていたマリオ・ゴメスやトーマス・ヒッツルスペルガーと言った若手たちで構成される攻撃ユニットが存分に機能、そして守護神のティモ・ヒルデブラントが好セーブを連発しチームを牽引し、バイエルン・ミュンヘンやヴェルダー・ブレーメンなどの強豪を抑え、最後は中盤戦以降首位を守っていたシャルケ04をかわして15シーズンぶり5度目となる優勝を決めた。VfBシュトゥットガルト フレッシュアイペディアより)

  • バスティアン・シュヴァインシュタイガー

    バスティアン・シュヴァインシュタイガーから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    EURO 2008の本大会ではヨアヒム・レーヴはミロスラフ・クローゼとマリオ・ゴメスを2トップに起用し、ルーカス・ポドルスキを左サイドに配置したため、グループリーグにおけるシュヴァインシュタイガーの出場は2試合の途中出場となった。2戦目のクロアチア代表戦ではイェルコ・レコに対する報復行為によりレッドカードを受け、チームも1-2で敗れた。出場停止が明けた準々決勝のポルトガル代表戦ではマリオ・ゴメスが外れたためスターティングメンバーに復帰し、1ゴール、2アシストを記録し、3-2の勝利に貢献すると、3-2で勝利した準決勝のトルコ代表戦でもチームの1点目を記録した。UAE代表との親善試合では初めてキャプテンを務めた。バスティアン・シュヴァインシュタイガー フレッシュアイペディアより)

  • ACFフィオレンティーナ

    ACFフィオレンティーナから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2013-14シーズンはエースのヨヴェティッチがマンチェスター・シティFCに移籍、リャイッチもASローマに移籍。しかしマラガからホアキン・サンチェス、ACミランからマッシモ・アンブロジーニ、バイエルン・ミュンヘンからマリオ・ゴメス、パレルモからヨシップ・イリチッチら有力選手を獲得。新加入のマリオ・ゴメスの活躍が期待されていたが早々に故障。代わりにジュゼッペ・ロッシが開幕から前半戦はセリエA得点ランキングで首位を走るなど際立った活躍を見せた。ロッシは2014年初に故障したもののクアドラードなどの活躍でチームも好調を保ち、リーグ戦は前年と同じ4位で終わってヨーロッパリーグ出場権を獲得。コッパ・イタリアは決勝でSSCナポリに敗れて準優勝、ヨーロッパリーグはラウンド16でユヴェントスFCに敗れてベスト16で終わった。シーズン途中にマンチェスター・ユナイテッドFCからアンデルソン、ACミランからアレッサンドロ・マトリをどちらも期限付き移籍で獲得(シーズン終了後に復帰)。ACFフィオレンティーナ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    翌年のUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10では決勝トーナメント1回戦のバイエルン対フィオレンティーナ戦で主審を担当したが、本来流すべき前半終了間際のマリオ・ゴメスのゴールを取り消しその前のプレーでのファールを取りPKを与えゴメスのゴールを取り消した。更にマッシモ・ゴッビの肘打ちによるプレーでレッドカードを提示した事にフィオレンティーナは不服を示している。そして試合終了間際にミロスラフ・クローゼが挙げた得点が完全にオフサイドであったに関わらずゴールを認めてしまった事により再び物議を醸してしまっている。トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・マトリ

    アレッサンドロ・マトリから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2014年1月、マリオ・ゴメスやジュゼッペ・ロッシの怪我による離脱でFW不足のACFフィオレンティーナに半年のレンタル移籍が決定。背番号はカリアリやユヴェントスでつけていた32番。アレッサンドロ・マトリ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンサン・アブバカル

    ヴァンサン・アブバカルから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2016年8月29日、マリオ・ゴメスの後釜としてベシクタシュJKへ買取OP付きの1年契約でレンタル移籍。ヴァンサン・アブバカル フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ヒルバート

    ロベルト・ヒルバートから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2006年夏、VfBシュトゥットガルトに移籍した。移籍初年度からポジションを掴み、クラブの15シーズンぶりのリーグ優勝に貢献した。主に右サイドミッドフィールダーとして出場するが、しばしば右サイドバックを務める。マリオ・ゴメスの欠場時には、より攻撃的なポジションでプレーしたこともあり、2006-07シーズンはチーム3位の7得点を決めた。ロベルト・ヒルバート フレッシュアイペディアより)

  • リートリンゲン

    リートリンゲンから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメス - サッカー選手リートリンゲン フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ファン・デル・ファールト

    ラファエル・ファン・デル・ファールトから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    ハンブルガーSV在籍当時、1点ビハインドで迎えた後半ロスタイム、味方ゴールキーパーがパワープレーで敵陣に上がっているのに気が付かずに自陣にバックパス、相手選手と競走になるもそのままゴールを許してしまったことがある(ちなみに相手選手とはブンデスでも俊足で知られるマリオ・ゴメス)。ラファエル・ファン・デル・ファールト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「マリオ・ゴメス」のニューストピックワード