前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバ

    ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    ドイツで所属した最初のクラブは9部相当のリーグに所属するSVテュルク・ギュジュ・ミュンヘンで、その後1.FCニュルンベルクのリザーブチームに移った。リザーブチームでの活躍が認められ、2001年11月18日のハンザ・ロストック戦でトップチームデビューすると、12月8日のバイヤー・レバークーゼン戦で初得点した。2001-02シーズンは17試合出場6得点で終えたが、2002-03シーズンは27試合に出場して2得点にとどまり、クラブはツヴァイテリーガ(2部)降格となった。2003年1月にVfBシュトゥットガルトへの移籍が内定し、同年夏に移籍した。2003-04シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ4試合に出場した。2004-05シーズンはリーグ戦で12得点し、チーム2位の得点数を記録した。UEFAカップでは1回戦のウーイペシュトFC(ハンガリー)戦で2試合連続2得点を記録し、グループリーグ初戦のKSベベレン(ベルギー)戦でも2得点するなど、8試合すべてにフル出場して7得点を挙げた。2005-06シーズンは不本意なシーズンとなり、リーグ戦では4得点に終わったが、2006-07シーズンは鍵となる選手のひとりとなり、チーム2位の13得点を挙げてリーグ優勝に貢献した。特にバイエルン・ミュンヘン戦(2-0)での2得点、VfLボーフム戦(3-2)での決勝点など、シーズン終盤に重要な得点を挙げて大活躍した。このシーズンのDFBポカールでは6試合で5得点し、ボーフム(4-1)、ヘルタ・ベルリン(2-0)、VfLヴォルフスブルク(1-0)などを破って決勝に進出した。決勝の古巣1.FCニュルンベルク戦では20分に先制点を挙げたが、得点の11分後にレッドカードを受けて退場処分となり、延長戦の末に2-3で敗れて準優勝に終わった。カカウはアウェーでのニュルンベルクとのリーグ戦でも得点しているが、リーグ戦ではホーム&アウェーで2連敗しており、同クラブにはシーズン3回目の敗戦となった。2007-08シーズンはUEFAチャンピオンズリーグで5試合に出場し、11月27日のレンジャーズFC(スコットランド)戦(ホーム、3-2)で同点弾を決めた。リーグ戦では27試合に出場して9得点を挙げ、チームは6位でシーズンを終えた。2008-09シーズンは24得点を決めたFWマリオ・ゴメスのパートナーとしてチーム2位の7得点を決めた。特に、マルクス・バッベル監督就任後の活躍が著しかった。2009-10シーズン前半戦はクラブの低迷に合わせて2得点と沈黙したが、23節の1.FCケルン戦(5-1)で1試合4得点と爆発すると、その試合から最終節までの12試合で11得点し、順位を7位まで上げてUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。2010年5月1日、クラブとの契約を2013年夏まで延長した。2011-12シーズンは序盤から好調を続け、2011年8月6日のシャルケ04戦(3-0)ではヘディングシュートを決めて快勝に貢献した。ジェロニモ・マリア・バレット・クラウデミール・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • VfBシュトゥットガルト

    VfBシュトゥットガルトから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    このシーズンから加入したメキシコ人プレーヤー、パベル・パルドは前シーズンまでチームを支え続けた名ボランチ、ズボニミール・ソルドを思わせる存在感を発揮。同じく新加入のメキシコ人右サイドバック、リカルド・オソリオや前シーズンから才能の片鱗を見せ始めていたマリオ・ゴメスやトーマス・ヒッツルスペルガーと言った若手たちで構成される攻撃ユニットが存分に機能、バイエルン・ミュンヘンやヴェルダー・ブレーメンなどの強豪を抑え、最後は中盤戦以降首位を守っていたシャルケ04をかわして15シーズンぶり5度目となる優勝を決めた。VfBシュトゥットガルト フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    翌年のUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10では決勝トーナメント1回戦のバイエルン対フィオレンティーナ戦で主審を担当したが、本来流すべき前半終了間際のマリオ・ゴメスのゴールを取り消しその前のプレーでのファールを取りPKを与えゴメスのゴールを取り消した。更にマッシモ・ゴッビの肘打ちによるプレーでレッドカードを提示した事にフィオレンティーナは不服を示している。そして試合終了間際にミロスラフ・クローゼが挙げた得点が完全にオフサイドであったに関わらずゴールを認めてしまった事により再び物議を醸してしまっている。トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・ヤンセン

    マルセル・ヤンセンから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    1994年に地元メンヒェングラートバッハのクラブであるボルシアMGのユースに入団。既にユースレベルではドイツ代表に選出されていた2004-2005シーズンの2004年12月にヘルタ・ベルリン戦でブンデスデビューを果たす。その試合ではPKの原因となる反則を犯すというほろ苦いキャリアスタートであったが、チームのキャプテンでありレギュラーLSBであったクリスティアン・ツィーゲの故障もあり、18試合に出場、1ゴールを記録し、2005FIFAワールドユース代表にもマリオ・ゴメスらと共に選出された。マルセル・ヤンセン フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・バッベル

    マルクス・バッベルから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    以後、VfBシュトゥットガルトのアシスタントコーチとなる。2008年11月23日、アルミン・フェーの解任に伴い暫定的に監督に昇格した。シーズン途中の就任にもかかわらず、低迷していたチームを最終的に3位(2008-2009シーズン)まで導いた。この結果が評価され、2009年夏より正式に監督に就任した。しかし2009-10シーズンはマリオ・ゴメスを放出したことなどにより15節までに2勝しかできず、下位に低迷した。12月6日、VfLボーフム戦で引き分けた後に解任された。マルクス・バッベル フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ヒルバート

    ロベルト・ヒルバートから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2006年夏、VfBシュトゥットガルトに移籍した。移籍初年度からポジションを掴み、クラブの15シーズンぶりのリーグ優勝に貢献した。主に右サイドミッドフィールダーとして出場するが、しばしば右サイドバックを務める。マリオ・ゴメスの欠場時には、より攻撃的なポジションでプレーしたこともあり、2006-07シーズンはチーム3位の7得点を決めた。ロベルト・ヒルバート フレッシュアイペディアより)

  • マリオ

    マリオから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメス (Mario Gomez) -- ドイツ出身のサッカー選手。スペイン系。マリオ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2012年にポーランドとウクライナで共催されたUEFA欧州選手権2012は、セスク・ファブレガスとポジションを争う形となったり、0トップの戦術が採用された影響もあり、出場時間が限られる形となったがグループリーグ2戦目のアイルランド戦で2ゴール。さらに決勝のイタリア戦で1ゴール1アシストを決め、大会の得点王に輝いた。(なおドイツ代表のマリオ・ゴメスも同じ3ゴール1アシストをマークしており並んでいたが出場時間が大会通じて約一試合フル出場分少なかったトーレスが単独得点王扱いとなった。)フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • バイエルン・ミュンヘン

    バイエルン・ミュンヘンから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2008-09シーズン、ユルゲン・クリンスマンが監督に就任。しかし、シーズン終了を待たずにクリンスマンは解任され、ユップ・ハインケスが監督に就任するも無冠に終わった。2009-10シーズン、前AZアルクマール監督のルイ・ファン・ハールが監督に就任。2009年夏の移籍市場ではマリオ・ゴメス、イヴィツァ・オリッチ、アリエン・ロッベンらを獲得。同シーズンはブンデスリーガ優勝とDFBポカール優勝の2冠を達成するも、UEFAチャンピオンズリーグではインテル・ミラノに敗れ準優勝に終わる。なお、2009年にフランツ・ベッケンバウアーが会長職を退き、会長職にウリ・ヘーネスが、ゼネラルマネージャーにクリスティアン・ネルリンガーが就任した。バイエルン・ミュンヘン フレッシュアイペディアより)

  • パピス・シセ

    パピス・シセから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2009年12月28日、ドイツのSCフライブルクに移籍した。2010年1月16日のハンブルガーSV戦でデビューし、2月14日のアイントラハト・フランクフルト戦で初得点を挙げた。2009-10シーズン最終節のボルシア・ドルトムント戦では2得点を挙げ、シーズン途中の加入ながらチーム2位の6得点を記録した。2010-11シーズンは開幕戦から3試合連続得点を挙げ、その後も順調に得点を重ねて、前半戦だけで13得点を記録した。最終的には32試合に出場し、マリオ・ゴメスに次ぐ得点ランキング2位の22得点を記録した。2011-12シーズンも開幕から3試合で4得点を挙げるなど得点を量産し、前半戦で17試合出場9得点を記録した。パピス・シセ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「マリオ・ゴメス」のニューストピックワード

  • THE QUEENS presented by KOWA

  • 女子ゴルフ・TOTOジャパンクラシック・第2日

  • TOTOジャパンクラシック