27件中 11 - 20件表示
  • クラース・ヤン・フンテラール

    クラース・ヤン・フンテラールから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2011-12シーズンに29得点を挙げ、ブンデスリーガ得点王となった。(2位はマリオ・ゴメスの26得点)クラース・ヤン・フンテラール フレッシュアイペディアより)

  • ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ

    ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2010/11シーズンのブンデスリーガでは、マリオ・ゴメス、パピス・シセに次ぐリーグ3位となる17得点を挙げた。ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミチェル・ランゲラク

    ミチェル・ランゲラクから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2012年5月12日、ドルトムントに移籍して丁度2年、DFBポカール決勝戦バイエルン・ミュンヘン戦にて、32分に交代出場した。これはヴァイデンフェラーの負傷によるもので、試合序盤のマリオ・ゴメスのチャレンジによるあばらの怪我が疑われた結果だった。ドルトムントは5-2で勝利してカップを手にし、2つのリーグタイトルに加えて、ランゲラクにとっての3つ目のタイトルとなった。ミチェル・ランゲラク フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・バッベル

    マルクス・バッベルから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    以後、VfBシュトゥットガルトのアシスタントコーチとなる。2008年11月23日、アルミン・フェーの解任に伴い暫定的に監督に昇格した。シーズン途中の就任にもかかわらず、低迷していたチームを最終的に3位(2008-2009シーズン)まで導いた。この結果が評価され、2009年夏より正式に監督に就任した。しかし2009-10シーズンはマリオ・ゴメスを放出したことなどにより15節までに2勝しかできず、下位に低迷した。12月6日、VfLボーフム戦で引き分けた後に解任された。マルクス・バッベル フレッシュアイペディアより)

  • パピス・シセ

    パピス・シセから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2009年12月28日、ドイツのSCフライブルクに移籍した。2010年1月16日のハンブルガーSV戦でデビューし、2月14日のアイントラハト・フランクフルト戦で初得点を挙げた。2009-10シーズン最終節のボルシア・ドルトムント戦では2得点を挙げ、シーズン途中の加入ながらチーム2位の6得点を記録した。2010-11シーズンは開幕戦から3試合連続得点を挙げ、その後も順調に得点を重ねて、前半戦だけで13得点を記録した。最終的には32試合に出場し、マリオ・ゴメスに次ぐ得点ランキング2位の22得点を記録した。2011-12シーズンも開幕から3試合で4得点を挙げるなど得点を量産し、前半戦で17試合出場9得点を記録した。パピス・シセ フレッシュアイペディアより)

  • ウイニングイレブン 2016

    ウイニングイレブン 2016から見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    4月21日発売。パッケージ選手はベイル。仕様などの詳細は発表時点(2月19日)で不明だが、ウイイレ2016とほぼ同内容となっている。なお、データパック3.0適用済の状態での発売のため、収録外のチームや移籍が反映されないチームへ移籍したシャビやパウリーニョ、EURO登録されているがデータパックで移籍や代表登録外となったマリオ ゴメス、ジニャクらデータパック3.0までに除籍された選手は登場しない。ウイニングイレブン 2016 フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・ベルナルデスキ

    フェデリコ・ベルナルデスキから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    セリエBのクロトーネでの活躍を受け、フィオレンティーナは2014年6月20日にベルナルデスキをレンタルから戻し、保有権を全て所有することを発表した。2014-15シーズンの合宿にて、当時の監督ヴィンチェンツォ・モンテッラに認められトップチームに残る事となった。同シーズンの9月14日に行われた対ジェノアCFC戦において、後半57分にマリオ・ゴメスとの交代によってフィオレンティーナのトップチームの公式戦及び、セリエAの試合に20歳でデビューを果たした。続く9月19日にはUEFAヨーロッパリーグの対EAギャンガン戦において後半88分にフィオレンティーナのシニアとして初得点をあげた。デビューシーズンの順調なスタートを切ったが、同年11月初めに足首を骨折し以降のシーズンのほとんどを怪我の療養にあてることになった。シーズン終盤の2015年5月10日行われたエンポリ戦で試合に復帰、5月31日のシーズン最終節の対キエーヴォ戦において自身初となるセリエAでの得点をあげ、このシーズンを終えた。フェデリコ・ベルナルデスキ フレッシュアイペディアより)

  • オレクサンドル・ヤコヴェンコ

    オレクサンドル・ヤコヴェンコから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2013年5月22日にアンデルレヒトとの契約が切れ、移籍金フリーでACFフィオレンティーナと2016年6月30日までの契約を結んだ。同年9月15日に対カリアリ戦にて後半51分に負傷したマリオ・ゴメスと交代出場、セリエAデビューとフィオレンティーナ公式戦デビューを果たした。オレクサンドル・ヤコヴェンコ フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・ヤンセン

    マルセル・ヤンセンから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    2005FIFAワールドユース代表にマリオ・ゴメスらと共に選出された。マルセル・ヤンセン フレッシュアイペディアより)

  • VfLヴォルフスブルク

    VfLヴォルフスブルクから見たマリオ・ゴメスマリオ・ゴメス

    16-17シーズンはベシクタシュJKからマリオ・ゴメス、レアル・マドリードからボルハ・マジョラル、VfBシュトゥットガルトからダニエル・ディダヴィ、ボルシア・ドルトムントからヤクブ・ブワシュチコフスキ、PSVアイントホーフェンからジェフリー・ブルマなどを獲得するも、ゴメス以外のプレーヤーの得点が少なく低迷した。冬にはドラクスラーをパリ・サンジェルマンに放出し、1.FSVマインツ05からユヌス・マリ、アヤックス・アムステルダムからリーシェドリー・バズールを獲得した。しかし依然として調子が悪く、16位でシーズンを終えた。しかしブラウンシュヴァイクとの入れ替え戦に無事勝利し、1部残留を決めた。VfLヴォルフスブルク フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「マリオ・ゴメス」のニューストピックワード