前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たロマーリオ

    父がスペイン人、母がドイツ人。父の影響でFCバルセロナを憧れのクラブと公言している。スペイン系のためシュトゥットガルトファンからは「闘牛士」という愛称をつけられており、闘牛のような強引な突破が持ち味。恵まれた体格から来るパワーと足元の技術を併せ持っている選手である。ヒーローはジェイジェイ・オコチャとロマーリオである。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たトーマス・ミュラー

    2009年5月、バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表された。移籍金は3000万ユーロで、ブンデスリーガ史上最高額となった。しかし移籍初年度はリーグ戦10得点と、4年連続でのリーグ戦2ケタ得点を記録したものの、トーマス・ミュラーやイヴィツァ・オリッチの活躍に後塵を拝し、リーグ戦で先発出場したのは22試合に留まり、シーズンを通してレギュラーとはならず、期待に応えたとは言えない成績に終わった。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たイヴィツァ・オリッチ

    2009年5月、バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表された。移籍金は3000万ユーロで、ブンデスリーガ史上最高額となった。しかし移籍初年度はリーグ戦10得点と、4年連続でのリーグ戦2ケタ得点を記録したものの、トーマス・ミュラーやイヴィツァ・オリッチの活躍に後塵を拝し、リーグ戦で先発出場したのは22試合に留まり、シーズンを通してレギュラーとはならず、期待に応えたとは言えない成績に終わった。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たマリオ・マンジュキッチ

    2012-13シーズンは負傷で出遅れ、新加入のマリオ・マンジュキッチに先発の座を奪われ、クラブは三冠に終わるも不満の残る成績となった。シーズン終了後の2013年7月8日、フィオレンティーナ移籍が決定したとバイエルンが発表。移籍金は1600万ユーロともいわれる。背番号はバイエルン時代と同じ33番。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たケビン・クラニー

    2007年2月にはスイス戦で代表デビュー。元チームメイトのケビン・クラニーと2トップを組み初得点を記録した。国内リーグでの得点数は年々伸ばしていたが、代表では目立った活躍を出来ていない。期待されたEURO 2008でも大会後半からはスターティングメンバーからも外れるなど、ノーゴールに終わった。2008年6月2日のUAEとの親善試合で代表初ハットトリックを記録。2010 FIFAワールドカップ本戦メンバーにも選出され4試合に途中出場したものの、無得点に終わった。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たジェイジェイ・オコチャ

    父がスペイン人、母がドイツ人。父の影響でFCバルセロナを憧れのクラブと公言している。スペイン系のためシュトゥットガルトファンからは「闘牛士」という愛称をつけられており、闘牛のような強引な突破が持ち味。恵まれた体格から来るパワーと足元の技術を併せ持っている選手である。ヒーローはジェイジェイ・オコチャとロマーリオである。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たサッカーフランス代表

    2013年以降は負傷の影響もあり代表での出場機会が減少していたが、2016年3月26日のイングランドとの親善試合で約4年ぶりとなるゴールを記録。UEFA EURO 2016では2得点を挙げる活躍を見せたが、準々決勝のイタリア戦でハムストリングを負傷し途中交代。フランスとの準決勝には出場できず、チーム唯一のセンターフォワードを欠いたドイツは敗退した。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たチェルシーFC

    2001年、SSVウルムからVfBシュトゥットガルトのユースに入団。2003-04シーズンの2004年3月9日、UEFAチャンピオンズリーグのチェルシーFC戦でプロデビューを果たし、2ヵ月後の5月8日にはブンデスリーガデビュー。その後はリザーブチームでのプレーを余儀なくされたが、2005-06シーズンは30試合6得点の成績を残した。2006-07シーズンはコンスタントに得点を重ね、15シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。記者投票による2007年の年間最優秀選手に選ばれた。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    2001年、SSVウルムからVfBシュトゥットガルトのユースに入団。2003-04シーズンの2004年3月9日、UEFAチャンピオンズリーグのチェルシーFC戦でプロデビューを果たし、2ヵ月後の5月8日にはブンデスリーガデビュー。その後はリザーブチームでのプレーを余儀なくされたが、2005-06シーズンは30試合6得点の成績を残した。2006-07シーズンはコンスタントに得点を重ね、15シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。記者投票による2007年の年間最優秀選手に選ばれた。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たACFフィオレンティーナ

    2012-13シーズンは負傷で出遅れ、新加入のマリオ・マンジュキッチに先発の座を奪われ、クラブは三冠に終わるも不満の残る成績となった。シーズン終了後の2013年7月8日、フィオレンティーナ移籍が決定したとバイエルンが発表。移籍金は1600万ユーロともいわれる。背番号はバイエルン時代と同じ33番。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「マリオ・ゴメス」のニューストピックワード