144件中 91 - 100件表示
  • ゴシック・ファッション

    ゴシック・ファッションから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    ゴシック・ロックやメタルなどの音楽から派生したファッションは、マリリン・マンソンのような死体などを思わせる白塗りの化粧に、目の周囲に黒く濃いアイシャドーを塗り、黒髪に全身真っ黒の布がたっぷりとした、あるいはスーツのようにきっちりと体のラインを強調する服装、さらに悪魔性を強調したシルバーのアクセサリーなどを付ける。アメリカでは、現在ポップパンクやエモコアのバンドの中にはゴシック・ファッションに影響を受けたようなファッションをしている者がいる(例を挙げると現在のグリーン・デイ、マイ・ケミカル・ロマンス、グッド・シャーロットのようなファッション)。アメリカではそれらのバンドの影響を受けたようなファッションが有名で、そのためゴシック・ファッションと混同されてしまいやすい。むしろ、それらのファッションの方が人気が出てしまい、近年のアメリカでは正統的なゴスが減少しているのが現状である。女性の場合、ボンテージ・スタイルのような露出度の高い衣類を身に着ける場合もあり、髪の色も黒髪・金髪・緑色などパターン化している。基本的に白や黒などモノクロームな色調の服装が多いが、赤や青、ピンクなど派手な色調のゴシック・ファッションもある。ゴシック・ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア・ホワイト

    ジョージア・ホワイトから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    1992年、その評価に歌手、マリリン・マンソンからかなりの高評を得る。その結果、バンドに加入。ジョージア・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • GAMI

    GAMIから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    「Doll-Dagga Buzz-Buzz Ziggety-Zag」(マリリン・マンソンGAMI フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・エックス・シー・エックス

    チャーリー・エックス・シー・エックスから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    チャーリーXCXは、ブリトニー・スピアーズ、シャンプー、ノー・ダウト、t.A.T.u.、、、マルティカ、ザ・キュアー、、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、ドナ・サマー、マリリン・マンソン、ブレッド、スパイス・ガールズ、アフィ、、リル・ウェイン、ケイト・ブッシュ、「ツイン・ピークス」、パリス・ヒルトン、ジャスティス、クリスタル・キャッスルズ、カルヴィン・ハリス、ビョーク、クエンティン・タランティーノ、に影響を受けた。彼女の「主人公としてのスージー・スー」とし、彼女の「お気に入りのポップ・ガール」としてリアーナの名前を挙げた。ザ・ハイヴス、ウィーザー、ラモーンズ、1960年代のは、彼女のセカンド・アルバムに影響を与えた。彼女は、「最高の芸術家は絶えず変化する―マドンナ、デヴィッド・ボウイ。」と語る。そして、「夢のコラボレーションは、ビョーク、ケイト・ブッシュ、さらにディオンヌ・ワーウィック」と明かしている。チャーリー・エックス・シー・エックス フレッシュアイペディアより)

  • エモ

    エモから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    2006年には、イギリスの大手タブロイド紙デイリー・メールが、ゴシック・ファッションの一種としてエモ・ファッションを紹介し、ゴシック・ロック世代の親に対して子供たちのエモ志向を自殺性向に結び付けて警告する記事を掲載した(2006年8月16日付け)。2007年2月には、米ノースダコタ州のローカル局WDAZ-TVが同様に青少年に有害な性向としてエモを紹介したニュースクリップがYouTubeに掲載されてネットで反響を呼び、さらに5月にはFOXニュースが「エモ・シーン・キッズ」としてライブハウスに集まる青少年とそのファッションや、メタル・パンクからの迫害を報道した。このような報道ではメタル系の音楽もしばしば使われ、かつてのマリリン・マンソンを思わせる反応となっている。メタル中心の英音楽誌『ケラング!』がメタルコアと並んでマイ・ケミカル・ロマンスのようなバンドを紹介していることも、現在のメジャー音楽シーンにおける「エモ」の位置づけを象徴している。エモ フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・フィッシュ

    アルバート・フィッシュから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    マリリン・マンソンのドラマーであるジンジャー・フィッシュ(Ginger Fish)という芸名は、アルバート・フィッシュから取られたものである。アルバート・フィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ラミレス

    リチャード・ラミレスから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    アメリカ合衆国のロックバンド、マリリン・マンソンのベースのトゥイーギ・ラミレズの名は彼に由来する。リチャード・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • シンク (アパレル)

    シンク (アパレル)から見たマリリンマンソンマリリン・マンソン

    2000年、h.NAOTOのデビューにより、様々なアーティストとの交流を行う。X JAPANやGACKT、エヴァネッセンス、マリリンマンソン、HANGRY&ANGRY、MarBell、GaGaalinGなど、多くのアーティストへの提供やコラボレーションも行っている。シンク (アパレル) フレッシュアイペディアより)

  • W.A.S.P.

    W.A.S.P.から見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    『Kill Fuck Die』に伴うツアーでは、豚(もちろん模型)を殺すという残虐なショウも行われたが、1997年の来日公演では神戸連続児童殺傷事件の直後だったため自粛した。同じく過激なパフォーマンスで有名なマリリン・マンソンも影響を公言している。W.A.S.P. フレッシュアイペディアより)

  • グライムス

    グライムスから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    グライムス(Grimes)は、カナダのバンクーバーを拠点に活動中の女性ソロアーティスト。本名クレア・バウチャー。独学で作曲を学び、宅録で作品を作り始める。影響を受けたアーティスト・アート作品はマリリン・マンソン、コクトー・ツインズ、ナイン・インチ・ネイルズ、マライア・キャリー、エンヤ、TLC、エイフェックス・ツイン、ダンディ・ウィンド、ビヨンセ、ジェダイ・マインド・トリックス、アウトキャスト、ダンジョン・ファミリー、アンドレイ・タルコフスキー、ラース・フォン・トリアー、デヴィッド・リンチ、ギャスパー・ノエ、グレッグ・アラキ、ヒエロニムス・ボス、『AKIRA』、『獣兵衛忍風帖』、『指輪物語』、『デューン』、『ハリー・ポッターシリーズ』、『巨匠とマルガリータ』、『白痴』。グライムス フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「マリリン・マンソン」のニューストピックワード