130件中 71 - 80件表示
  • アヴリル・ラヴィーン

    アヴリル・ラヴィーンから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    ラヴィーンは某インタビューにて好きなパーティーソングはアウトキャストのHey Ya!と言っており、サード・アイ・ブラインド、オアシス、マリリン・マンソン、システム・オブ・ア・ダウン、ブリンク 182などが好みで、特にブリンクの『I Miss You』が好き。好きな男性に聞かせたい曲は?という質問にはグー・グー・ドールズの『Iris』、コールドプレイ、オアシス、レディオヘッド(アルバム『The Bends』がフェイバリット)と答えている。その他好きなミュージシャンはロストプロフェッツ、Sum 41、インキュバス、P.O.D.、マッチボックス・トゥエンティ、アラニス・モリセット、グリーン・デイ、リンキン・パーク(2004年に行われ自身も参加したロック・フェスティバル、Rock Am Ringの映像でリンキン・パークの演奏をステージ横で観覧している様子が映っている)。ジャンルはポップス。またイギリスのロックバンド、ザ・ダークネスについて「ダークネスは私が一緒にレコーディングしたい世界で唯一のバンドです」と公言している。アヴリル・ラヴィーン フレッシュアイペディアより)

  • メリッサ・オフ・ダ・マー

    メリッサ・オフ・ダ・マーから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    メリッサはその後、バンドメンバーとともにロサンゼルスに移住し、サード・アルバムのレコーディングを開始した。このアルバム、『セレブリティ・スキン』はリリースされるとビルボード・チャートで最高9位を記録し、グラミー賞に3部門に渡ってノミネートされるなど、ホールのアルバムの中で最高のセールスを記録。マリリン・マンソンとジョイント・ツアーを行うなど、ホールはバンドとしての絶頂期を迎えた(ちなみに、ホールは1999年度のフジ・ロック・フェスティバルのグリーン・ステージ出演が決まっていたが、コートニーが出演する映画の撮影スケジュールと出演日が重なったため、出演をキャンセルしている)バンド活動が多忙を極めるようになったちょうどその頃、メリッサはソロ活動を始めるためにホールを脱退する事を決意するが、ある日彼女はビリーから電話をもらい、パンプキンズを脱退したダーシーの後任として、バンドに加入するように頼まれた。メリッサは多忙を理由に断りかけたが、ビリーがパンプキンズを解散させる事、その前に世界中のファンのために最後のワールドツアーを行いたい事を告げられ、最終的に彼女は承諾した。メリッサは1999年10月にホールを正式に脱退、それから間もなくパンプキンズ加入を発表し、世界中のロック・ファンを驚かせた。メリッサ・オフ・ダ・マー フレッシュアイペディアより)

  • 中後悠平

    中後悠平から見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    「The Disposable People」Marilyn Manson(2012年オープン戦 - )中後悠平 フレッシュアイペディアより)

  • ジェナ・ジェイムソン

    ジェナ・ジェイムソンから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    ジェイムソンは自分がバイセクシャルであり、私生活で100人の女性及び30人の男性と寝たと述べている。そしてこれまでにあった最高の関係はポルノ女優ニッキー・タイラーとのレズビアン行為であったと言っている。それらを彼女は自伝に書いている。彼女達は彼女のポルノ歴の初期に同棲し、そして彼女が再婚する前に再び同棲した。彼女の自伝で述べられている有名なボーイフレンドの中には、マリリン・マンソンとトミー・リーもいる。ジェナ・ジェイムソン フレッシュアイペディアより)

  • ナッシング・レコード

    ナッシング・レコードから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    ナッシング・レコード(Nothing Records)はナイン・インチ・ネイルズ (NIN) のトレント・レズナーと、その元マネージャーであるジョン・マルムによって、1992年にインタースコープ・レコード傘下に創設されたレコードレーベル。レズナーは自らの作品を本レーベルからリリースすると同時にマリリン・マンソンやオウテカ、ミート・ビート・マニフェスト、ワゴン・クライスト、ザ・ザ、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン など多くの個性的なアーティストと契約をしていた。しかし2004年、レズナーとマルムとの確執によってレーベルとしての活動を事実上停止し、ナッシングの名義はその後にNINがインタースコープから相次いでリリースした2枚のアルバム「ウィズ・ティース」(2005年)と「イヤー・ゼロ」(2007年)で現れるのみとなった。なお、NINとインタースコープとの契約は既に満了している。ナッシング・レコード フレッシュアイペディアより)

  • コーベ・タイ

    コーベ・タイから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    さらにテレビショーの "The Man Show" や "The Helmetcam Show" に出演したり、マリリン・マンソンのアルバム『メカニカル・アニマルズ』に収録された "I Don't Like the Drugs, But the Drugs Like Me" という曲にバックコーラスで参加したりもしている。コーベ・タイ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原祐

    藤原祐から見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    趣味は写真。尊敬するミュージシャンにマリリン・マンソンとトム・ヨークを挙げている。藤原祐 フレッシュアイペディアより)

  • DJアシュバ

    DJアシュバから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    1999年 Bang Tangoのヴォーカル、ジョー・ラスティや、元L.A.ガンズ、ファスター・プシー・キャットのメンバーらと共に「ビューティフル・クリーチャーズ」を結成。ワーナー・ブロスと契約。マリリン・マンソンをプロデューサーに迎え、デビュー・アルバム「ビューティフル・クリーチャーズ」発表。「1.A.M.」はホラー映画「バレンタイン」やテレビ・シリーズ「Smallvile」のサントラに使われた。DJアシュバ フレッシュアイペディアより)

  • グライムス

    グライムスから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    グライムス(Grimes)は、カナダのバンクーバーを拠点に活動中の女性ソロアーティスト。本名クレア・バウチャー。独学で作曲を学び、宅録で作品を作り始める。影響を受けたアーティスト・アート作品はマリリン・マンソン、コクトー・ツインズ、ナイン・インチ・ネイルズ、マライア・キャリー、エンヤ、TLC、エイフェックス・ツイン、ダンディ・ウィンド、ビヨンセ、ジェダイ・マインド・トリックス、アウトキャスト、ダンジョン・ファミリー、アンドレイ・タルコフスキー、ラース・フォン・トリアー、デヴィッド・リンチ、ギャスパー・ノエ、グレッグ・アラキ、ヒエロニムス・ボス、『AKIRA』、『獣兵衛忍風帖』、『指輪物語』、『デューン』、『ハリー・ポッターシリーズ』、『巨匠とマルガリータ』、『白痴』。グライムス フレッシュアイペディアより)

  • 罪と罰 (椎名林檎の曲)

    罪と罰 (椎名林檎の曲)から見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    この楽曲のミュージック・ビデオは、前作「本能」で評価を得た木村豊が引き続き監督を務めている。このビデオを撮るにあたって椎名はビデオ監督の選択についてこだわりを持って取り組んでおり、『LAWSON TICKET』でのインタビューにおいて彼女は"ライブでずっとやり続けてきた曲だから、私の中ではとにかく演奏シーンだったんですよ。それでそういうのをカッコよく撮れる監督っていないかなって探しててくるりの『青い空』とかブランキーの『デリンジャー』のビデオが好きで、私が言ったら実はその2つを撮った監督は同じ人だったんですね。じゃあ、ぜひ頼みたいって思って。"と語っている。このビデオは、PV集『性的ヒーリング〜其ノ弐〜』並びにシングルPV全集『私の発電』に収録されている。このミュージック・ビデオ「罪と罰」は"自分のクルマを切る"というコンセプトで制作された。ビデオには、椎名の愛車で彼女が中古で購入し「ヒトラー」と名づけられた辛子色の1970年代製のメルセデス・ベンツの半身が使用された。この車は頻繁に故障するため廃車処分しようか考えていたところ、その話を知ったビデオ監督から「どうせだったらプロモに使ったら?」「今、車切る人いないよ」と持ちかけられ承諾。「ヒトラー」は2,000万円の費用をかけて解体され、CDのジャケット写真とビデオに使用されることになった。その後椎名はビデオの撮影でスタジオに入った際、ヒトラーが縦半分に切られた姿を見て可哀想になり涙を零したという。なお、PV集『性的ヒーリング〜其ノ弐〜』のエンディングソングの「依存症」の映像では、富士山の麓の高原で撮影した「ヒトラー」の爆破シーンが納められている。この映像は「依存症」のサビの音声を使った1分30秒ほどのもので、「依存症」の音声を背景に髪を結い、喪服を着て三味線を弾く椎名の後方にヒトラーの半身があり、ヒトラーが弔われている。「ヒトラー」の亡骸は撮影終了後廃車とはされず、東芝EMIの美術倉庫に保管されることとなった。その後椎名は新たに車を購入し、愛称はラジオ番組での一般公募により「ツベルクリン」と名づけられた。ビデオの中で椎名は黒のインナーに赤のジャケットを着て眉毛を全剃りし、左右両目の周りを真っ黒に塗って刀を一振りし、「ヒトラー」を真っ二つにしている。音楽ライターの丹生敦は、このメイクを"マリリン・マンソンみたいなゴス・メイク"だと指摘し、更に刀で車を斬るシーンについては"刀で切ったという設定はルパン3世の五右衛門からインスパイアされたものか。"とコメントしている。2000年のSPACE SHOWER Music Video Awardsでは、このビデオは最優秀女性アーティストビデオ賞を受賞している。罪と罰 (椎名林檎の曲) フレッシュアイペディアより)

130件中 71 - 80件表示

「マリリン・マンソン」のニューストピックワード