150件中 11 - 20件表示
  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たジョン・レノン

    Working Class Hero(ジョン・レノンマリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たジョニー・デップ

    2005年7月、マンソンはローリング・ストーンに「僕は音楽から映画製作に焦点を移してきた。現在、世界が音楽に価値があるとみなしているとは思わない。もはやほかの人間による芸術;特にレコード会社を反映したものは作りたくない。自分の芸術を作りたい」と述べた。俳優のジョニー・デップは、映画『チャーリーとチョコレート工場』にてウィリー・ウォンカ役として出演した際に、マンソンのパフォーマンスにひらめきを得て演技に利用した。マンソンは映画のウィリーウォンカ役のデップの演技に興味を示した。「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルの映画『ファンタズマゴリア:ザ・ビジョンズ・オブ・ルイス・キャロル』の監督を務めた。この映画では監督/主演/音楽を自ら手掛け、アリス役にはファッションモデルのリリー・コールを起用した。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たデペッシュ・モード

    キッス、デヴィッド・ボウイ、ビートルズ、デペッシュ・モード、ゲイリー・ニューマン、キュアー、オジー・オズボーン、アイアン・メイデン、ウルトラヴォックスなどといった様々なジャンルの音楽から影響を受けている。その中でもボウイは別格の存在であり、『Ashes To Ashes』のPVを「何度見ても色あせることはない」と絶賛している。「ポートレート・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」に、収録されている"ドープ・ハット"のプロモーション・ビデオは、夢のチョコレート工場から影響を受けたものとされている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たナイン・インチ・ネイルズ

    1990年頃に二年制大学でジャーナリズムと劇文学を専攻していた。その大学でバンドを結成することになる仲間らと出会い、バンド活動を始動。ジャーナリストの地位を目指して努力し、南フロリダの『ライフスタイル』や『25thパラレル』などの雑誌で音楽記事を書いて経験を積んだ。この頃にナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーなどと出会った。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たエヴァン・レイチェル・ウッド

    マンソンは、のちに結婚することになるディタ・フォン・ティースと関係ができる前に、ミッシェル・グリーンバーグと関係があった。女優のローズ・マッゴーワンと婚約していた。2007年、エヴァン・レイチェル・ウッドとの関係が公表されると、マンソンの性生活に注目が集まった。自身のサイン入りの黒革のパンツを掃くというマンソンのコメントをメディアが発表したのち、動物の権利の愛護団体・動物の倫理的扱いを求める人々の会が、『ワースト・ドレス・セレブリティズ’2008』にマンソンを加えた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たユーリズミックス

    このバンドが1993年の夏にトレント・レズナーからの注目を受け、1994年〜マリリン・マンソンのデビューアルバムとしてナッシング・レコードより「ポートレイト・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」を発売。1995年に「スメルズ・ライク・チルドレン」を発売したことで、バンドはカルト的な人気を獲得し始めた。1983年のユーリズミックスのヒット曲「スウィート・ドリームズ」をコンパクト盤でカバーした。トレント・レズナーと共同製作し、1996年に「アンチクライスト・スーパースター」を発売したことでより大きな成功を得た。アメリカ単独でプラチナレコード(ゴールドディスク)に認定され、3枚のアルバムのうちの2枚がトップテンに入っている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たコロンバイン高校銃乱射事件

    マイケル・ムーアの政治ドキュメンタリー『ボウリング・フォー・コロンバイン』にて扱われているコロンバイン高校銃乱射事件について、マンソンの曲が原因ではないかという申し立てがなされたことについて、ムーアのインタビューに答えた。『クローン・ハイ』というアニメに出演し、MTVの『セレブリティ・デスマッチ』にて、ショーの非公式の優勝者とマスコットに扮して参加している。クレイアニメによる操り人形を用いて声を演じ、サウンドトラックアルバムに「アストニッシング・パノラマ・オブ・ジ・エンドタイムズ」を寄贈している。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たシンコーミュージック・エンタテイメント

    『マリリン・マンソン自伝 地獄からの帰還』(The Long Hard Road Out of Hell) マリリン・マンソン&ニール・ストラウス/村上ひさし訳 シンコーミュージック 1998年12月 ISBN 4401621891マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たフリードリヒ・ニーチェ

    『Holy Wood : In the Shadow of the Valley of Death』の発表や、その後の「Guns, God, Government Tour」では政府、銃問題に加え、アメリカに蔓延する狂信的なキリスト教原理主義に対する反抗をテーマとした。マンソン自身、高校生の頃にダーウィンやニーチェ、フロイトを読んでいたことも影響している。とりわけニーチェの著作「反キリスト者」(1889年)から受けた影響は大きい。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たゲイリー・ニューマン

    キッス、デヴィッド・ボウイ、ビートルズ、デペッシュ・モード、ゲイリー・ニューマン、キュアー、オジー・オズボーン、アイアン・メイデン、ウルトラヴォックスなどといった様々なジャンルの音楽から影響を受けている。その中でもボウイは別格の存在であり、『Ashes To Ashes』のPVを「何度見ても色あせることはない」と絶賛している。「ポートレート・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」に、収録されている"ドープ・ハット"のプロモーション・ビデオは、夢のチョコレート工場から影響を受けたものとされている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

150件中 11 - 20件表示

「マリリン・マンソン」のニューストピックワード