150件中 41 - 50件表示
  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た麻薬

    両親によってカトリックの私立中学校に入学させられ、ハルマゲドンやイエス・キリストについて嫌というほど教え込まれた。使用していたノートに、「こんな生活やだ」との一文を何度も繰り返し書き続けたらしく、そのノートを見た親や教師に幾度も殴られたという。その反発から麻薬や煙草に手を出し、さらにタトゥーを入れるなどして素行不良になった結果、退学処分を受けた。それが現在の反キリスト的な歌詞などを書くようになった原因の一つと言われている。周囲には「変態ポルノを見せつけてくる年上の親戚」や、「服を脱がせて囚人ゲームに興じる隣人」、「ベトナム戦争中に秘密部隊に属し、無辜の一般市民を多数殺害した父親」、「地下に自身のアブノーマルなマスターベーション専用の部屋を設けていた祖父」など、常軌を逸した人間が多かった。これがボンデージファッションを嫌いになった原因である。それによって受けた形而上的な虐待、迫害から孤独になるも、そこからの現実逃避としてロックに出会ったという。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たパリ

    2004年9月14日から翌15日にかけて、フランスのパリおよびドイツのベルリンにて、2回目の展示会が開かれた。展示品の中心の題名でもある『Trismegistus』と名付けられた展示会では、大きな3つの頭のキリストが、持ち運び可能な死体防腐処理テーブルのアンティーク木材の羽目板に描かれている。マンソンは自身の芸術運動を「セレブリタリアン・コーポレーション」と称した。この運動のために「俺たちはそこにいる奴らに(俺たちの)恐れを売る」という標語を作った。2005年、マンソンは「セレブリタリアン・コーポレーション」が正確には1998年に何らかの形で始まっており、7年間培養させていたことを示している、と述べた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た離婚

    2006年12月30日、ディタ・フォン・ティースは「和解しがたい不和」のために離婚を申請した。ET.comと雑誌ピープルは、マンソンが、映画『ファンタズマゴリア:ザ・ビジョンズ・オブ・ルイス・キャロル』で共演し、2007年のマンソンのシングル「ハート・シェイプド・グラスィズ」に登場している女優のエヴァン・レイチェル・ウッドと「不倫した」と報じている。ディタ・フォン・ティースはサンデー・テレグラフのインタビューで、「彼は私が協力的ではないという印象を受けたようだけれど、真実は、私が彼の生き方の支えにはならなかった。誰かほかの人と一緒だった」と述べた。マンソンのアルコール依存症とよそよそしい振る舞いが、破局の原因として挙げられもした。伝えられるところでは、マンソンは双方の3匹の猫の養育権を巡って争っているという。離婚の審判は、2007年12月27日にロサンゼルスの上級裁判所に託された。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たケルン

    「セレブリタリアン・コーポレーション」は、3度目の展示会が開催されたロサンゼルスにあるマンソンの美術館と同名であり、「セレブリタリアン・コーポレーション・ギャラリー・オブ・ファイン・アート」と呼んだ。2007年4月2日から17日にかけて、彼の最近の作品がフロリダ州のある美術館に展示されている。この展示会での40作品はドイツケルンのブリギッテ・シェンクという美術館へと移されたうえで、2007年6月28日から2007年7月28日にかけて公的に展示された。マンソンは展示会の初日の夜に出席するために同地にいたが、ケルン大聖堂への入場を拒絶された。化粧が原因だったが、別の情報源では複数の理由が挙げられた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たコーヒー

    ステーキ、コーンフレーク、砂糖が入ったものを好んで食べる。酒はワイン、特にアブサン酒を愛飲している。コーヒーは飲まない。コーヒー豆の缶の中に堕胎児が捨てられているのを見て以来飲めなくなった。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たワイン

    ステーキ、コーンフレーク、砂糖が入ったものを好んで食べる。酒はワイン、特にアブサン酒を愛飲している。コーヒーは飲まない。コーヒー豆の缶の中に堕胎児が捨てられているのを見て以来飲めなくなった。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たイエス・キリスト

    両親によってカトリックの私立中学校に入学させられ、ハルマゲドンやイエス・キリストについて嫌というほど教え込まれた。使用していたノートに、「こんな生活やだ」との一文を何度も繰り返し書き続けたらしく、そのノートを見た親や教師に幾度も殴られたという。その反発から麻薬や煙草に手を出し、さらにタトゥーを入れるなどして素行不良になった結果、退学処分を受けた。それが現在の反キリスト的な歌詞などを書くようになった原因の一つと言われている。周囲には「変態ポルノを見せつけてくる年上の親戚」や、「服を脱がせて囚人ゲームに興じる隣人」、「ベトナム戦争中に秘密部隊に属し、無辜の一般市民を多数殺害した父親」、「地下に自身のアブノーマルなマスターベーション専用の部屋を設けていた祖父」など、常軌を逸した人間が多かった。これがボンデージファッションを嫌いになった原因である。それによって受けた形而上的な虐待、迫害から孤独になるも、そこからの現実逃避としてロックに出会ったという。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た砂糖

    ステーキ、コーンフレーク、砂糖が入ったものを好んで食べる。酒はワイン、特にアブサン酒を愛飲している。コーヒーは飲まない。コーヒー豆の缶の中に堕胎児が捨てられているのを見て以来飲めなくなった。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たテレビゲーム

    マンソンは、『エリア51』というテレビゲームにて、「エドガー」という名のグレイ役として出演している。『クルシ・フィクション・イン・スペース』という楽曲は『ザ・ダークネス (ゲーム)|ダークネス』というゲームのコマーシャルにて使用された。テレビゲーム『セレブリティ・デスマッチ』にはマンソンの似顔絵が使われており、2003年に彼がサウンドトラックにレコーディングした歌が使われている。『ユーズ・ユア・フィスト・アンド・ノット・ユア・マウス』という楽曲は、ゲーム『コールド・フィアー』ならびに『スポーン:アルマゲドン』にクレジット名で入っている。『Arma-Goddamn-Motherfuckin-Geddon』という楽曲はゲーム『Saints Row: The Third』に使用された。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た歌手

    マリリン・マンソン ('、本名:ブライアン・ヒュー・ワーナー(Brian Hugh Warner)、1969年1月5日 - )は、アメリカ合衆国のミュージシャン。ロックバンド「マリリン・マンソン'」のリードヴォーカリスト。マリリン・マンソンの芸名は、マリリン・モンローとチャールズ・マンソン(1969年に、映画監督ロマン・ポランスキーの妻シャロン・テートを殺したカルト教団教祖)から取られている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「マリリン・マンソン」のニューストピックワード