150件中 71 - 80件表示
  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たコーンフレーク

    ステーキ、コーンフレーク、砂糖が入ったものを好んで食べる。酒はワイン、特にアブサン酒を愛飲している。コーヒーは飲まない。コーヒー豆の缶の中に堕胎児が捨てられているのを見て以来飲めなくなった。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たマスメディア

    コンサート活動には非常に精力的で、大規模な仕掛けや趣向を凝らした演出を欠かさない。紋章入りの真っ赤なたれ幕と黒焦げの星条旗の前で、ナチスさながらに壇上で歌い叫ぶなどといったことを行う。聖書を破り捨てるなどの演出から、ライブ会場の前にてキリスト教の団体による抗議デモが見られることが珍しくない。ヨーロッパでのツアーでは豚の血を会場に撒くなどの過激な演出でマスコミからのバッシングも受けた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たSaints Row: The Third

    マンソンは、『エリア51』というテレビゲームにて、「エドガー」という名のグレイ役として出演している。『クルシ・フィクション・イン・スペース』という楽曲は『ザ・ダークネス (ゲーム)|ダークネス』というゲームのコマーシャルにて使用された。テレビゲーム『セレブリティ・デスマッチ』にはマンソンの似顔絵が使われており、2003年に彼がサウンドトラックにレコーディングした歌が使われている。『ユーズ・ユア・フィスト・アンド・ノット・ユア・マウス』という楽曲は、ゲーム『コールド・フィアー』ならびに『スポーン:アルマゲドン』にクレジット名で入っている。『Arma-Goddamn-Motherfuckin-Geddon』という楽曲はゲーム『Saints Row: The Third』に使用された。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たコロラド州

    事件発生前からアメリカのキリスト教保守派は、自ら「アンチ・クライスト・スーパースター」と名乗り、セックスと暴力を歌うマンソンに怒っており、糾弾するきっかけを待っていた。そんな最中、1999年4月20日、アメリカコロラド州ジェファーソン郡のコロンバイン高校に、同校の学生2人が銃を持って乱入し、生徒12人と教師1人を射殺して自殺した事件(コロンバイン高校銃乱射事件)が発生。2人はマンソンの影響を受けていたとされた(ポスタルの影響があるとも言われる)。後ほど「2人はマンソンのファンではない」と判明したが、その事実は殆ど報道されず、今でも乱射事件はマンソンの影響と信じている人も多い。キリスト教保守派メディアは、彼の社会的影響を追及した。抗議集会が開かれ、その集会の出席者から「マリリン・マンソンは、「恐怖」や「憎悪」、「自殺」や「死」を広めに来る」といった不条理な讒謗を受けた。とりわけキリスト教徒からの誹謗は強かった。この事件を扱ったドキュメンタリー映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』にマンソンは出演しており、監督を務めたマイケル・ムーアによるインタビューを受けている。そのインタビューの中で彼は、マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た夢のチョコレート工場

    キッス、デヴィッド・ボウイ、ビートルズ、デペッシュ・モード、ゲイリー・ニューマン、キュアー、オジー・オズボーン、アイアン・メイデン、ウルトラヴォックスなどといった様々なジャンルの音楽から影響を受けている。その中でもボウイは別格の存在であり、『Ashes To Ashes』のPVを「何度見ても色あせることはない」と絶賛している。「ポートレート・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」に、収録されている"ドープ・ハット"のプロモーション・ビデオは、夢のチョコレート工場から影響を受けたものとされている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たミネソタ州

    2000年11月27日、ミネソタ州ミネアポリスでのコンサートで警備員を務めていた人物が、マンソンに暴行されたとして、ミネアポリス連邦裁判所にて75000ドルの損害賠償を要求する民事訴訟を起こした。連邦裁判所の陪審員は、マンソンを「勝訴」とした。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た聖書

    コンサート活動には非常に精力的で、大規模な仕掛けや趣向を凝らした演出を欠かさない。紋章入りの真っ赤なたれ幕と黒焦げの星条旗の前で、ナチスさながらに壇上で歌い叫ぶなどといったことを行う。聖書を破り捨てるなどの演出から、ライブ会場の前にてキリスト教の団体による抗議デモが見られることが珍しくない。ヨーロッパでのツアーでは豚の血を会場に撒くなどの過激な演出でマスコミからのバッシングも受けた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たキリスト教徒

    事件発生前からアメリカのキリスト教保守派は、自ら「アンチ・クライスト・スーパースター」と名乗り、セックスと暴力を歌うマンソンに怒っており、糾弾するきっかけを待っていた。そんな最中、1999年4月20日、アメリカコロラド州ジェファーソン郡のコロンバイン高校に、同校の学生2人が銃を持って乱入し、生徒12人と教師1人を射殺して自殺した事件(コロンバイン高校銃乱射事件)が発生。2人はマンソンの影響を受けていたとされた(ポスタルの影響があるとも言われる)。後ほど「2人はマンソンのファンではない」と判明したが、その事実は殆ど報道されず、今でも乱射事件はマンソンの影響と信じている人も多い。キリスト教保守派メディアは、彼の社会的影響を追及した。抗議集会が開かれ、その集会の出席者から「マリリン・マンソンは、「恐怖」や「憎悪」、「自殺」や「死」を広めに来る」といった不条理な讒謗を受けた。とりわけキリスト教徒からの誹謗は強かった。この事件を扱ったドキュメンタリー映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』にマンソンは出演しており、監督を務めたマイケル・ムーアによるインタビューを受けている。そのインタビューの中で彼は、マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たジャーナリスト

    1990年頃に二年制大学でジャーナリズムと劇文学を専攻していた。その大学でバンドを結成することになる仲間らと出会い、バンド活動を始動。ジャーナリストの地位を目指して努力し、南フロリダの『ライフスタイル』や『25thパラレル』などの雑誌で音楽記事を書いて経験を積んだ。この頃にナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーなどと出会った。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たブラッド (映画)

    マンソンはデヴィッド・リンチの映画『ロスト・ハイウェイ』にて俳優としてデビュー。以来『パーティ★モンスター』、当時の婚約者であったローズ・マッゴーワン主演の『ハード・キャンディ』、アーシア・アルジェントの『サラ、いつわりの祈り』、『ブラッド』などといった作品にて、様々な脇役での出演および特別出演でその姿を見せた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

150件中 71 - 80件表示

「マリリン・マンソン」のニューストピックワード