150件中 71 - 80件表示
  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たスイス

    スイスで作られているリキュールのアブサンを、マンソンの自社ブランド『Mansinthe』として作ることにも着手している。匂いを汚水と比較したり、味を「小便なみに酷い」と酷評した批評家など賛否両論を受け、アブサンの「Versinthe」が、上位5つのうち2位となり、2008年のサンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションで金メダルを勝ち取った。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た虐待

    両親によってカトリックの私立中学校に入学させられ、ハルマゲドンやイエス・キリストについて嫌というほど教え込まれた。使用していたノートに、「こんな生活やだ」との一文を何度も繰り返し書き続けたらしく、そのノートを見た親や教師に幾度も殴られたという。その反発から麻薬や煙草に手を出し、さらにタトゥーを入れるなどして素行不良になった結果、退学処分を受けた。それが現在の反キリスト的な歌詞などを書くようになった原因の一つと言われている。周囲には「変態ポルノを見せつけてくる年上の親戚」や、「服を脱がせて囚人ゲームに興じる隣人」、「ベトナム戦争中に秘密部隊に属し、罪のない一般市民を多数殺害した父親」、「地下に自身のアブノーマルなマスターベーション専用の部屋を設けていた祖父」など、常軌を逸した人間が多かった。これがボンデージファッションを嫌いになった原因である。それによって受けた形而上的な虐待、迫害から孤独になるも、そこからの現実逃避としてロックに出会ったという。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た美術館

    「セレブリタリアン・コーポレーション」は、3度目の展示会が開催されたロサンゼルスにあるマンソンの美術館と同名であり、「セレブリタリアン・コーポレーション・ギャラリー・オブ・ファイン・アート」と呼んだ。2007年4月2日から17日にかけて、彼の最近の作品がフロリダ州のある美術館に展示されている。この展示会での40作品はドイツケルンのブリギッテ・シェンクという美術館へと移されたうえで、2007年6月28日から2007年7月28日にかけて公的に展示された。マンソンは展示会の初日の夜に出席するために同地にいたが、ケルン大聖堂への入場を拒絶された。化粧が原因だったが、別の情報源では複数の理由が挙げられた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たアンチクライスト・スーパースター

    このバンドが1993年の夏にトレント・レズナーからの注目を受け、1994年〜マリリン・マンソンのデビューアルバムとしてナッシング・レコードより「ポートレイト・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」を発売。1995年に「スメルズ・ライク・チルドレン」を発売したことで、バンドはカルト的な人気を獲得し始めた。1983年のユーリズミックスのヒット曲「スウィート・ドリームズ」をコンパクト盤でカバーした。トレント・レズナーと共同製作し、1996年に「アンチクライスト・スーパースター」を発売したことでより大きな成功を得た。アメリカ単独でプラチナレコード(ゴールドディスク)に認定され、3枚のアルバムのうちの2枚がトップテンに入っている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た動物の倫理的扱いを求める人々の会

    マンソンは、のちに結婚することになるディタ・フォン・ティースと関係ができる前に、ミッシェル・グリーンバーグと関係があった。女優のローズ・マッゴーワンと婚約していた。2007年、エヴァン・レイチェル・ウッドとの関係が公表されると、マンソンの性生活に注目が集まった。自身のサイン入りの黒革のパンツを穿くというマンソンのコメントをメディアが発表したのち、動物の権利の愛護団体・動物の倫理的扱いを求める人々の会が、『ワースト・ドレス・セレブリティズ’2008』にマンソンを加えた。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たマトリックス (映画)

    「ロック・イズ・デッド」を映画『マトリックス』に、「ディス・イズ・ザ・ニュー・シット」を映画『マトリックス・リローデッド』に、「レディーマー」を映画『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』に、「ディスポーザブル・ティーンズ」を映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』に、「ザ・ファイト・ソング」「レジデント・エビル・メイン・タイトル・テーマ」「セイジャー・オブ・パワー」「リユニオン」「クレンジング」を映画『バイオハザード』に、「ロング・ハード・ロード・アウト・オブ・ヘル」を映画『スポーン (映画)』に、「ザ・ラ・ラ・ソング」を映画『パーティ★モンスター』に、「イレスポンシブル・ヘイト・アンセム」を映画「ソウ2」に、「ユー・アンド・ミー・アンド・ザ・デビル・メイクス・スリー」を映画『バイオハザードIII』に提供するなど、映画への楽曲提供も行っている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たハードロック

    その音楽は専らハードロックやインダストリアル・メタル、オルタナティヴ・ロックに分類されるが、ポップな要素を多く含んでいる。また、アルバムごとに全くといっていいほど音楽性を変える。歌詞には、その独自の世界観と哲学を反映させている。その音楽性や哲学、カリスマ性はジャンルを問わず、国内外のアーティストに影響を与えている。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た米国聖公会

    1969年1月5日、オハイオ州のカントンに生まれる。父親はカトリック教徒であり、母親は米国聖公会の教会員であった。『マリリン・マンソン自伝 地獄からの帰還』によると、父方はドイツ人とポーランド人を先祖に持つという。母親の信仰でカントンの教区学校に通い、のちに転校するが、1987年に高校を卒業した。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見たピープル (雑誌)

    2006年12月30日、ディタ・フォン・ティースは「和解しがたい不和」のために離婚を申請した。ET.comと雑誌ピープルは、マンソンが、映画『ファンタズマゴリア:ザ・ビジョンズ・オブ・ルイス・キャロル』で共演し、2007年のマンソンのシングル「ハート・シェイプド・グラスィズ」に登場している女優のエヴァン・レイチェル・ウッドと「不倫した」と報じている。ディタ・フォン・ティースはサンデー・テレグラフのインタビューで、「彼は私が協力的ではないという印象を受けたようだけれど、真実は、私が彼の生き方の支えにはならなかった。誰かほかの人と一緒だった」と述べた。マンソンのアルコール依存症とよそよそしい振る舞いが、破局の原因として挙げられもした。伝えられるところでは、マンソンは双方の3匹の猫の養育権を巡って争っているという。離婚の審判は、2007年12月27日にロサンゼルスの上級裁判所に託された。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・マンソン

    マリリン・マンソンから見た退学

    両親によってカトリックの私立中学校に入学させられ、ハルマゲドンやイエス・キリストについて嫌というほど教え込まれた。使用していたノートに、「こんな生活やだ」との一文を何度も繰り返し書き続けたらしく、そのノートを見た親や教師に幾度も殴られたという。その反発から麻薬や煙草に手を出し、さらにタトゥーを入れるなどして素行不良になった結果、退学処分を受けた。それが現在の反キリスト的な歌詞などを書くようになった原因の一つと言われている。周囲には「変態ポルノを見せつけてくる年上の親戚」や、「服を脱がせて囚人ゲームに興じる隣人」、「ベトナム戦争中に秘密部隊に属し、罪のない一般市民を多数殺害した父親」、「地下に自身のアブノーマルなマスターベーション専用の部屋を設けていた祖父」など、常軌を逸した人間が多かった。これがボンデージファッションを嫌いになった原因である。それによって受けた形而上的な虐待、迫害から孤独になるも、そこからの現実逃避としてロックに出会ったという。マリリン・マンソン フレッシュアイペディアより)

150件中 71 - 80件表示