75件中 51 - 60件表示
  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た東北本線

    JR東北本線 松島駅よりタクシー利用で10分。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た三井アウトレットパーク 仙台港

    2008年(平成20年)6月29日、仙台市への移転構想が報道された。福島県いわき市のアクアマリンふくしま(年間入館者数76万人?116万人。敷地面積5万6000m2)や秋田県男鹿市の男鹿水族館GAO(2万0073m2)との競争、施設の老朽化と耐震化の問題、また、アクセス道が渋滞のひどい国道45号のみであるのみならず、自前の駐車場がないことなどから、仙台港背後地(みなと仙台ゆめタウン)の「三井アウトレットパーク 仙台港」近くに敷地面積1万m2程度で新設し、2011年(平成23年)夏の開業を目指すと報道された。その後、仙台東部道路の仙台港ICの隣接地にある高砂中央公園内に建設する案が挙がっているとの報道があった。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た淡水魚

    伊豆沼など宮城県内で駆除されたブラックバスを保全団体から無償で譲り受け、淡水魚の餌として活用していた。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見たビーバー

    ビーバー(東日本大震災により、6匹中3匹が死亡)マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た水族館

    マリンピア松島水族館(マリンピアまつしますいぞくかん)は、かつて宮城県宮城郡松島町にあった水族館。日本三景・松島の松島海岸公園グリーン広場南端に立地していた。1927年(昭和2年)4月1日に開館。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た伊豆沼

    伊豆沼など宮城県内で駆除されたブラックバスを保全団体から無償で譲り受け、淡水魚の餌として活用していた。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た国道45号

    2008年(平成20年)6月29日、仙台市への移転構想が報道された。福島県いわき市のアクアマリンふくしま(年間入館者数76万人?116万人。敷地面積5万6000m2)や秋田県男鹿市の男鹿水族館GAO(2万0073m2)との競争、施設の老朽化と耐震化の問題、また、アクセス道が渋滞のひどい国道45号のみであるのみならず、自前の駐車場がないことなどから、仙台港背後地(みなと仙台ゆめタウン)の「三井アウトレットパーク 仙台港」近くに敷地面積1万m2程度で新設し、2011年(平成23年)夏の開業を目指すと報道された。その後、仙台東部道路の仙台港ICの隣接地にある高砂中央公園内に建設する案が挙がっているとの報道があった。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た面積

    1927年(昭和2年)開館。日本では富山県の魚津水族館に次いで2番目に長い歴史を持つ水族館であった。また、閉館直前には同一場所にある水族館としては日本最古であった。面積約7,400m2の県有地を借りて設置されていた。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た松島パークホテル

    松島パークホテル - 松島水族館の隣接地にあったホテル。動物園を併設した。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見た熱帯魚

    2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)による津波でけが人こそ出なかったものの1階部分に1メートル以上の浸水があり、淡水生物であるビーバー6匹のうち3匹が低体温症と海水を大量に飲んだ事による脱水症状で死亡、循環ポンプが壊れてマンボウ1匹、クラゲ65匹、熱帯魚、コマッコウなどが死んだ。また館内にはヘドロもたまった。飼育していた生物59種類212匹がこの被災により死亡しており、これは当時の飼育数の約5%であった。マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示