135件中 11 - 20件表示
  • 高橋惠三

    高橋惠三から見たマルエツマルエツ

    高橋 惠三(たかはし けいぞう、1951年3月30日 - )は、日本の実業家。マルエツ社長。高橋惠三 フレッシュアイペディアより)

  • ライフコーポレーション

    ライフコーポレーションから見たマルエツマルエツ

    2002年(平成14年) - 日本流通未来教育センターをマルエツと合弁で設立。ライフコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 横浜岡田屋

    横浜岡田屋から見たマルエツマルエツ

    しかし、経営難に陥ったため、1970年(昭和45年)2月にダイエーと提携して再建を図ることになり、スーパーマーケット事業は当社グループから離脱してダイエーの傘下に入ってのちにマルエツと合併した。横浜岡田屋 フレッシュアイペディアより)

  • ラオックス

    ラオックスから見たマルエツマルエツ

    新城店(川崎市中原区新城) - 1967年9月28日にスーパーサンコー第二新城店に谷口電機の店舗として開店(スーパーサンコーは後にマルエツとなった)。1998年頃閉店。現在はクスリのカツマタ新城店。ラオックス フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ニュータウン

    千葉ニュータウンから見たマルエツマルエツ

    西白井駅付近、白井市。1979年(昭和54年)3月13日に街開きが行われ、3月8日に駅が開業。計画面積199ha、計画戸数6,250戸、計画人口、19,000人。3つの住区で構成されている。小室地区と共に、千葉ニュータウンで最初に入居が始まった地区である。街開きの3年後より日本中央競馬会競馬学校が隣接する場所に立地する。駅前にはマルエツ西白井店がある。千葉ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • ドムドムハンバーガー

    ドムドムハンバーガーから見たマルエツマルエツ

    前述のような設立事情から、ダイエー店舗内のハンバーガーショップはドムドムが出店するため、マクドナルドなどが出店することは基本的に無かった。2001年以降はインサイダー問題で中内功がダイエーグループの経営から手を引いたため、マクドナルドなどの出店が実質上解禁となり、ダイエーや系列店であったマルエツの店舗内にマクドナルドが出店するケースが増えている。更にダイエーに残り日本全国で展開していた店舗も、ダイエーの経営不振による多数の閉店によりドムドムハンバーガーも一緒に撤退するケースが続出。ドムドムハンバーガー フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ関東

    マックスバリュ関東から見たマルエツマルエツ

    5月19日 - 2015年3月を目途に親会社のイオン株式会社と総合商社の丸紅株式会社の共同出資によって設立される持株会社への株式移転により、株式会社マルエツおよび株式会社カスミとの経営統合を行うことを発表。マックスバリュ関東 フレッシュアイペディアより)

  • プライベートブランド

    プライベートブランドから見たマルエツマルエツ

    TOPVALU〔トップバリュ〕(イオングループ イオン・マックスバリュ・ダイエー他。いなげや・マルエツなどイオンと資本・業務提携を結んでいる企業を含む) - 1994年にトップバリューとして販売開始、2000年にトップバリュへ変更。2011年度実績で約6000品目、売上高約5273億円。2016年度の実績では7156億円の売上高となっている。プライベートブランド フレッシュアイペディアより)

  • 忠実屋

    忠実屋から見たマルエツマルエツ

    しかし過半数の忠実屋株を秀和が所有していた為、ダイエーは時期を見て同グループのマルエツと共に同社株を公開買い付け (TOB) を行い見事成功。1992年3月1日に正式にダイエーの系列会社となった。筆頭株主はダイエーでは無く、1772万7000株を取得したマルエツだった。これにより一連の事件は事実上の終焉を迎えた。忠実屋 フレッシュアイペディアより)

  • 柿生駅

    柿生駅から見たマルエツマルエツ

    南口には商店街、麻生警察署柿生駅前交番、川崎信用金庫柿生支店、柿生郵便局およびJAセレサ川崎柿生支店がある。商店街の東方は丘陵を造成した大規模な住宅地であり、到達するには急な坂を経由する必要がある。また、北口には2軒のスーパーマーケット(マルエツ柿生店・そうてつローゼン柿生店)、横浜銀行柿生支店および三井住友銀行柿生支店、川崎市麻生消防署柿生出張所がある。柿生駅 フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示