135件中 31 - 40件表示
  • キューポラ

    キューポラから見たマルエツマルエツ

    しかし、川口市は川口駅東口に川口市立中央図書館やメディアセブンなどの公共施設、ならびにマルエツや無印良品などの民間商店が入居しているキュポ・ラという建物を建築する事により、過去のキューポラをしのんでいる。キューポラ フレッシュアイペディアより)

  • アクティ汐留

    アクティ汐留から見たマルエツマルエツ

    2004年(平成16年)3月に管理が開始された。汐留H街区超高層棟の3〜44階にある。2007年(平成19年)6月現在、最も地上高の高いUR賃貸住宅である。45〜56階は住友不動産に賃貸され、富裕層向けの賃貸住宅「ラ・トゥール汐留」として供給されている。1階にはマルエツによる24時間営業のスーパーマーケット「マルエツ プチ」、2階には医療施設・託児施設があり、利便性が高い。アクティ汐留 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張屋

    尾張屋から見たマルエツマルエツ

    長浦店(袖ケ浦市)※旧・マルエツ長浦店尾張屋 フレッシュアイペディアより)

  • HOPビル

    HOPビルから見たマルエツマルエツ

    地下には約20年間に及びマルエツがテナントして入っていたが、その後は書店・レンタルビデオ店と文具店が入っていた。HOPビル フレッシュアイペディアより)

  • 鵜の木

    鵜の木から見たマルエツマルエツ

    最寄駅となる東急多摩川線鵜の木駅の周囲には鵜の木商店街があり、特にマルエツ付近は時間帯によっては買い物客で道路が非常に混雑する。下丸子にオリンピックがオープンして以降は、そちらへの買い物客の分散も見られる。鵜の木 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜四季の森フォレオ

    横浜四季の森フォレオから見たマルエツマルエツ

    主要テナントは ロイヤルホームセンター、 マルエツ、ノジマ、 ハックドラッグ、 チヨダ、 メガネスーパーなど横浜四季の森フォレオ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋八太郎

    高橋八太郎から見たマルエツマルエツ

    高橋 八太郎(たかはし はったろう、1926年-2011年)は日本の実業家。元マルエツ会長兼社長。高橋八太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲田

    蒲田から見たマルエツマルエツ

    駅前はモヤイ像、上昇気流等が置かれたロータリーになっており、補助36号線が通っている。京浜急行バスが発着する。20世紀初頭には松竹蒲田撮影所があった。現在はグランデュオ、マルエツ等の商業施設、大田区役所、区民ホール(アプリコ)、警察署、税務署、郵便局、年金事務所、労働基準監督署、図書館等の行政関連施設が集積している。また、アロマスクエアを始めとするビジネス街も形成されている。蒲田 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原えり

    菅原えりから見たマルエツマルエツ

    マルエツテレビ朝日「わくわくキャンペーン」2015年度 テレビCM菅原えり フレッシュアイペディアより)

  • ボックスヒル

    ボックスヒルから見たマルエツマルエツ

    かつては西口に西友取手店(1986年(昭和61年)8月閉店)、取手とうきゅう、東口にカタクラショッピングプラザ(イトーヨーカドー→マルエツ、2007年(平成19年)4月26日閉店)があったが、取手とうきゅうが2010年(平成22年)8月31日に閉店したために、一時期取手駅前では唯一のショッピングビルとなっていた。2012年12月6日に取手とうきゅう跡地が「リボンとりで」(取手駅前には再出店となる、西友取手駅前店がキーテナント)としてリニューアルオープンしたことにより解消された。ボックスヒル フレッシュアイペディアより)

135件中 31 - 40件表示