135件中 41 - 50件表示
  • Dマート

    Dマートから見たマルエツマルエツ

    幸手市内にマルエツが主体となって開発した「エムズタウン幸手」が2005年12月8日にオープンしている。Dマート フレッシュアイペディアより)

  • 天沙羽恵美

    天沙羽恵美から見たマルエツマルエツ

    マルエツ(キャンペーンCMナレーション)天沙羽恵美 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原成吾

    桑原成吾から見たマルエツマルエツ

    マルエツ 好きな食べ物篇(2003年)桑原成吾 フレッシュアイペディアより)

  • キュポ・ラ

    キュポ・ラから見たマルエツマルエツ

    東日本旅客鉄道(JR東日本)京浜東北線川口駅東口前に立地し、内部には、川口駅前行政センター(4階)、川口市立中央図書館(5階と6階)、メディアセブン(7階)など公共施設のほかに、マルエツ(1階)、無印良品(2階)、文教堂書店(3階)など民間の商業施設がある。なお、川口駅東口にある川口駅東口公共広場は通称「キュポ・ラ広場」といわれている。隣接地にはオーベルタワー川口コラージュが建つ。キュポ・ラ フレッシュアイペディアより)

  • プラウドタワー武蔵浦和ガーデン

    プラウドタワー武蔵浦和ガーデンから見たマルエツマルエツ

    武蔵浦和駅第4街区第一種市街地再開発事業BブロックのB棟として建設された。Bブロックは商業施設(マルエツ)や駐車場棟も含む。A棟のプラウドタワー武蔵浦和テラスは同時期竣工のツインタワーである。両タワー(4街区)の愛称はナリアとなっているため、ナリアガーデンとも呼称される。サウスピア北側にプラウドタワー武蔵浦和マークスがあるが、これは別の再開発事業で竣工時期も違う。武蔵浦和駅からペデストリアンデッキで直通徒歩5分の場所にあり、2LDKから4LDKの間取りが用意され、4000万円台?9000万円程度の価格で分譲された。4街区は武蔵浦和駅周辺の再開発事業の中では8-1街区のMUSE CITY ザ・ファーストタワーに次いで4番目に完成した。プラウドタワー武蔵浦和ガーデン フレッシュアイペディアより)

  • プラウドタワー武蔵浦和テラス

    プラウドタワー武蔵浦和テラスから見たマルエツマルエツ

    武蔵浦和駅第4街区第一種市街地再開発事業AブロックのA棟として建設された。南側にはBブロックのプラウドタワー武蔵浦和ガーデンと商業施設(マルエツ)や駐車場棟がある。B棟のガーデンは同時期竣工のツインタワーである。両タワー(4街区)の愛称はナリアとなっているため、ナリアテラスとも呼称される。1階から2階は店舗となっている。サウスピア北側にプラウドタワー武蔵浦和マークスがあるが、これは別の再開発事業で竣工時期も違う。武蔵浦和駅からペデストリアンデッキで直通徒歩3分の場所にあり、3LDKから4LDKの間取りが用意され、4400万円?1億80万円程度の価格で分譲された。4街区は武蔵浦和駅周辺の再開発事業の中では8-1街区のMUSE CITY ザ・ファーストタワーに次いで4番目に完成した。プラウドタワー武蔵浦和テラス フレッシュアイペディアより)

  • エムズタウン幸手

    エムズタウン幸手から見たマルエツマルエツ

    マルエツ開発が運営しているショッピングセンター。敷地面積は38,244平方メートル。マルエツを核に16の店舗が東西2ブロックに分かれて構成されている。エムズタウン幸手 フレッシュアイペディアより)

  • グルメシティ

    グルメシティから見たマルエツマルエツ

    食品(酒を含む)と日用品に特化した形態ではあるが、衣料品や薬も取り扱っている店舗もある。主にダイエーが設置し、1990年代以降にダイエー店舗から転換された店舗がこれに該当する。なお、食品・日用品特化店は、マルエツが閉鎖した店舗をダイエー又は各グルメシティ地域法人に売却する形で開店したグルメシティ店舗も存在する。また、食品(酒を含む)と日用品に特化した小規模店舗であることを生かして、24時間営業を行っている店舗もある。グルメシティ フレッシュアイペディアより)

  • 潮見

    潮見から見たマルエツマルエツ

    マルエツ潮見店(2002年開店)潮見 フレッシュアイペディアより)

  • 秀和

    秀和から見たマルエツマルエツ

    しかしながら翌1990年(平成2年)4月になると不動産融資の総量規制と公定歩合の引き下げが実施されたことで不動産バブルが急激に崩壊、当時の借入額が1兆円超であった秀和の資金繰りも急速に悪化した。同年12月に公表された秀和が5%以上の株式を保持する企業群は流通業を中心に、忠実屋(発行済株式の33.9%を保持)、伊勢丹(同25.3%)、いなげや(同25.2%)、マルエツ(同24.9%)、長崎屋(17.6%)、松坂屋(15.7%)、イズミヤ(6.6%)、東京スタイル(11.0%)などに及んでおり、秀和はこのうち忠実屋株を担保として差し出すことでダイエーから700億円の融資を得て倒産を免れた。秀和 フレッシュアイペディアより)

135件中 41 - 50件表示