110件中 51 - 60件表示
  • 千葉ニュータウン

    千葉ニュータウンから見たマルエツマルエツ

    1979年に街開きが行われ、同時に駅が開業。計画面積199ha、計画戸数6,250戸、計画人口、19,000人。3つの住区で構成されている。千葉ニュータウンで最初に開発され、最も街として成熟されており、街開き当初より日本中央競馬会競馬学校が隣接する場所に立地する。駅前にはマルエツ西白井店がある。千葉ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • マイバッグ運動

    マイバッグ運動から見たマルエツマルエツ

    しかし、その一方で、商品が精算済みかそうでないかの区別が付きづらいため、万引きの温床になりやすい、備え付けの買い物かごが持ち去られるなどのデメリットが明らかとなってきた。店によってはレジ袋の無料提供を復活させ、マイバッグの持込を禁じるところや、精算済みかごと未精算かごを色分けし、未精算の状態では店外に出られないよう目を光らせる社(マルエツ)も現れている。なお、レジ袋有料化を行った店舗においてはレジかご持ち去りの影響もあってか商品を納品する際の段ボール箱を代わりに利用する場合もある。マイバッグ運動 フレッシュアイペディアより)

  • クスリのカツマタ

    クスリのカツマタから見たマルエツマルエツ

    ライフ店 - 元住吉ブレーメン通りのマルエツ前にあった店舗だが、東口店の開店に伴い、閉店となった。クスリのカツマタ フレッシュアイペディアより)

  • 与野フードセンター

    与野フードセンターから見たマルエツマルエツ

    マルエツ(さいたま市浦和区北浦和が発祥。与野フードの出店地域に多数出店している。)与野フードセンター フレッシュアイペディアより)

  • ユニディ

    ユニディから見たマルエツマルエツ

    ※ なお、同社のスーパーマーケット(SM)部門は2001年にマルエツ(ダイエー系(当時)、現丸紅系)へ事業譲渡され、現在はすでに撤退している。ユニディ フレッシュアイペディアより)

  • 西大宮バイパス

    西大宮バイパスから見たマルエツマルエツ

    マルエツ(西大宮駅前店)西大宮バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 坂東市

    坂東市から見たマルエツマルエツ

    グリーンショッピングセンター(マルエツ岩井店) - 辺田1517坂東市 フレッシュアイペディアより)

  • ボックスヒル

    ボックスヒルから見たマルエツマルエツ

    かつては西口に西友取手店(1986年(昭和61年)8月閉店)・取手とうきゅう、東口にカタクラショッピングプラザ(イトーヨーカドー→マルエツ、2007年(平成19年)4月26日閉店)があったが、取手とうきゅうが2010年(平成22年)8月31日に閉店したために、一時期取手駅前では唯一のショッピングビルとなっていた。2012年12月6日に取手とうきゅう跡地が「リボンとりで」(取手駅前には再出店となる、西友取手駅前店がキーテナント)としてリニューアルオープンしたことにより解消された。ボックスヒル フレッシュアイペディアより)

  • 鵜の木

    鵜の木から見たマルエツマルエツ

    最寄駅となる東急多摩川線鵜の木駅の周囲には鵜の木商店街があり、特にマルエツ付近は時間帯によっては買い物客で道路が非常に混雑する。下丸子にオリンピックがオープンして以降は、そちらへの買い物客の分散も見られる。鵜の木 フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾中等部

    慶應義塾中等部から見たマルエツマルエツ

    藤井次郎 (元マルエツ社長、元ダイエー顧問、元器械体操部主将(オリンピック候補選手))慶應義塾中等部 フレッシュアイペディアより)

110件中 51 - 60件表示