135件中 61 - 70件表示
  • アブアブ赤札堂

    アブアブ赤札堂から見たマルエツマルエツ

    ※白河ジョイシー店、田原町店、菊川店(現マルエツ菊川店)(東京都)及び川崎店・秦野店(後にイトーヨーカドー秦野店、2017年3月閉店)(神奈川県)は閉店。アブアブ赤札堂 フレッシュアイペディアより)

  • 神大寺

    神大寺から見たマルエツマルエツ

    地区内の商業施設は、「ユーコープ 神大寺店」「クリエイトSD 横浜神大寺店」「Big-A 横浜南神大寺団地店」「SHOP99 六角橋店」などがあるが、近隣には「六角橋商店街」、片倉町駅近傍の「ユーコープ 片倉店」、岸根公園駅近傍の「トップ フレッシュマーケット岸根店」、東神奈川駅西口の「イオン 東神奈川店」「マルエツ 東神奈川店」などがある。なお、「横浜松坂屋ストア(旧イリクストア) 片倉町店」は2011年8月21日をもって閉店した。神大寺 フレッシュアイペディアより)

  • 中白根

    中白根から見たマルエツマルエツ

    TESCO白根旭台店(テスコジャパン、旧東急ストア 白根店-2009年1月閉店)、そうてつローゼン 白根店のほか、上白根にある大型ショッピングモール「横浜四季の森フォレオ」内にはマルエツなどの商業施設が多数ある。また、約200~500mほど離れた保土ヶ谷区新井町には、千丸台団地商店街があり各種店舗が建ち並ぶ。コンビニも町外合わせ周辺にあり、その他文教堂、上白根病院などの施設も付近を通る中原街道や白根通り沿いに集まる。地内の旭台バス停周辺には数種類の店舗がある。中白根 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフグルメカード

    ジェフグルメカードから見たマルエツマルエツ

    マルエツ(全国約70店舗)ジェフグルメカード フレッシュアイペディアより)

  • 新宿イーストサイドスクエア

    新宿イーストサイドスクエアから見たマルエツマルエツ

    コンフォリア新宿イーストサイドタワーは、新宿イーストサイド敷地南部に位置するタワー型高級賃貸マンションである。当初は、三菱地所が展開する「パークハビオ」シリーズとして建設され、パークハビオ新宿イーストサイドタワーと称された。メインタワーは地上32階建て、高さ111mであり、アネックス棟(2〜4階)、ゲート棟と合わせて計761戸の賃貸マンションとして運営されている。メインタワーの1階にはスーパーマーケットのマルエツ(新宿六丁目店)が入居するほか、アネックス棟1階、ゲート棟1階はテナントスペースとして開放されている。新宿イーストサイドスクエア フレッシュアイペディアより)

  • 新城 (川崎市)

    新城 (川崎市)から見たマルエツマルエツ

    駅周辺には、あいモール・サンモール・マイロードなど商店街が広がっており、大規模な店舗としてはスーパーマーケットのマルエツがある。新城 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 与野フードセンター

    与野フードセンターから見たマルエツマルエツ

    マルエツ(さいたま市浦和区北浦和が発祥。与野フードの出店地域に多数出店している。)与野フードセンター フレッシュアイペディアより)

  • 水道 (文京区)

    水道 (文京区)から見たマルエツマルエツ

    マルエツプチ水道小桜店 旧ポロロッカ食品館水道小桜店が改装オープン。水道 (文京区) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代の日本

    1980年代の日本から見たマルエツマルエツ

    ダイエー・マルエツ・イトーヨーカ堂などの大手のスーパーマーケットやショッピングセンターの普及と土地価額の急上昇がきっかけで、全国各地の商店街にシャッター通りが存在するようになる。1980年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ローソンストア100

    ローソンストア100から見たマルエツマルエツ

    しかし、安価な商品を販売し首都圏への出店を加速するイオンの「まいばすけっと」やマルエツの「マルエツプチ」、ユニーの「Miniピアゴ」などと比して価格が割高なことから苦戦しており、集客力にも限界があることから2015年1月には同年度中に全店舗(1月時点で39店舗を展開していた)を閉店し、通常のコンビニ(ローソンストア100・ローソン・またはローソンプラス)や医薬品を強化したドラッグストア型店舗へ業態転換することが発表されている。全店舗の業態転換が同年10月時点で既に完了しており、これにより同業態からは1年余りで完全撤退することとなった。ローソンストア100 フレッシュアイペディアより)

135件中 61 - 70件表示